« May 2004 | Main | July 2004 »

宝塚記念

実力伯仲で悩みますね
天皇賞・春で凡走した馬の逆襲があるのか、それとも老獪・タップダンスシチーがまんまと3角抜け出しで逃げ切るのか

◎リンカーン
○タップダンスシチー
▲シルクフェイマス
△ゼンノロブロイ
△ザッツザプレンティ
△ローエングリン
夢スティルインラブ

◎○▲夢の3連複BOX、◎から馬連流し
但し、◎○は直前に入れ替わる可能性あり(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩隈11連勝

ブルーウェーブ戦に先発したバファローズの岩隈投手、指先のケガで6回降板したものの、見事に開幕11連勝を飾りました。これは村田兆治さん(元ロッテ)にならぶ、パリーグ2位タイ記録です。

パリーグ記録は81年の間柴さん(ファイターズ)の15。間柴さんは、この年15勝0敗で、ファイターズの19年ぶりの優勝に貢献しました。一度、KOされたゲームがあったのですが、岡持選手のサヨナラヒットで敗戦が付かずに記録がつながったのを覚えています。

【開幕から】という枠をはずした連勝記録、バファローズとしては、過去10が最高。鈴木啓示さん、佐々木宏一郎さん、小野和義の3人が記録していました。

日本記録は57年に西鉄ライオンズの稲尾さんが記録した20が最高です。


バファローズ7ー2ブルーウェーブ
勝:岩隈 11勝0敗0S
負:歌藤 2勝2敗0S
本塁打 大西5号 オーティズ16号

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ノーヒットでサヨナラ勝利

その、球団合併で揺れるバファローズ
若い選手が頑張ってサヨナラ勝利しました
で、その内容が【それやねん、大切なのは】というものでした

7ー7で迎えた9回
打席には欠場の中村に代わって4番に入った北川
ファイターズのリリーフエース・横山からストレートの四球を選んで出塁
ここが勝負と、ベンチは代走に森谷選手を起用します
次打者・バーンズ選手の2球目、森谷選手は果敢に2盗を決めます
バーンズ選手は7球目をセンターへ飛球を打ち上げ、森谷選手はタッチアップで3塁へ進塁
続く打者は2年目の大西選手
初回に2ランホームラン、逆転された直後の7回には勝ち越しツーベース
しかし、8回に追い付かれてしまい、ヒーローになり損なっています
『もう一度ヒーローをたぐり寄せて!』と思ったかどうかは?ですが、3球目を叩くと、打球はライトへの犠牲フライ

もう最終回、追い付かれる心配も無い
胸を張ってお立ち台に上がりました

PL学園時代は甲子園で松坂(現・ライオンズ)を苦しめた打者
近畿大学で腕を磨いて2年目の選手です
ルーキーイヤーは上で1試合の出場にとどまり、悔しい思いをしたかと思います
昨年までのバファローズだったら、外野手は礒部・大村・ローズでビッシリと固められており、出場機会はほとんど皆無だったと思います
が、今年はローズ選手が移籍、吉岡選手もケガで長期離脱

チャンスです!

【ノーヒットで得点】は、全盛期の勇者・ブレーブスのお家芸
福本が歩き、大熊(または蓑田)が粘る間に盗塁
大熊(または蓑田)がキッチリ送って加藤が犠飛で返す

大西選手、森谷選手、今日の集中力を1年間忘れなければ、必ず明日は開けます
頑張って!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

合併…

バファローズとブルーウェーブが合併するとか
球団から正式発表があったので、もうどうする事も出来ないかもしれない
応援してきたチームが無くなってしまう
仕事帰りに気軽に行けたナイターが来シーズンからは激減してしまうかもしれない

選手達は何を支えに残されたシーズンを戦っていったらよいのだろうか
両チームの選手達、どうかキレないで最後まで全力で戦って欲しい(願)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安田記念

あんまり相性のいいレースではありません…
意味不明のカク外が突っ込んできたりで

9 テレグノシス◎
5 ウインラディウス○
7 ローエングリン▲
2 マイソールサウンド△
17 マイネルモルゲン△
10 メイショウボーラー×
15 ダンツジャッジ×

ファインモーションは切ろうかどうか思案中です
カク外はどちらかと言われたらアイランドファッションの方かな
◎と○から印を打った馬に馬連で流します

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年の初観戦

大阪ドームへ行ってきました
今日は、先日亡くなられた鈴木貴久さんの追悼試合でした
試合前、黙祷を行いました
スクリーンには、在りし日の鈴木さんの映像が流れ…
Takahisa0406011

試合は、鈴木選手引退後の背番号2を引き継いだ的山捕手の犠牲フライで先制
礒部選手の2ランで突き放しバーンズ選手のセンター前安打で、的山捕手が好判断で本塁突入
センターの新庄選手から、ダイレクトでホームへ返球されましたが、的山捕手は高橋捕手のタッチの上を飛び越えるようにホームイン

バーン投手も、ヒットは打たれるものの要所を締め、吉田投手から福盛投手へとリレーして、見事なシャットアウト勝利

ヒーローインタビューで的山は『ボクは鈴木さんの背番号を頂いたので、今日は絶対に勝ちたかった』と

試合後は、バファローズ応援団によるセレモニーが行なわれました
ライトスタンド前に鈴木コーチの遺影を飾り、献花が行われました
Takahisa0406012
Takahisa0406013
もちろん、鈴木コールも

静かな表情の中に『絶対に俺は最後まで諦めない』という闘志を漲らせていた鈴木選手
その意志、いつまでも引き継いでもらいたいものです

安らかにお休み下さい
合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »