« 東京新聞杯(G3) | Main | 根岸ステークス(G3) »

京都牝馬ステークス(G3)

10年間で一番人気馬の連対率は20%なれど、掲示板外へ消えたのは2度(1ケタ着順)だけ
馬連3ケタ配当も10年間出ておらず、2ケタ人気が突っこんできたのも1度だけ
1ケタ人気の中で30倍程度の配当を狙うべきか

◎ディアデラノビア
○マイネサマンサ
▲アズマサンダース
△チアフルスマイル
△レクレドール
△オースミハルカ

実力はオースミハルカなんだろうけど、59キロは厳しい(確か、牝馬が59キロ背負って勝ったというのは30年以上途絶えているそうです)。レクレドールはこのレース4-1-1-0のペリエの腕を信じます。

結果:ユタカ…(-_-メ

|

« 東京新聞杯(G3) | Main | 根岸ステークス(G3) »

ギャンブル」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/8392682

Listed below are links to weblogs that reference 京都牝馬ステークス(G3):

« 東京新聞杯(G3) | Main | 根岸ステークス(G3) »