« おつかれさまでした 松永幹夫騎手 | Main | 地元バトン »

タイガース背番号物語【22】

塚本博睦⇒森下博⇒長原孝治⇒後藤次男⇒田宮謙治郎⇒古川啓三⇒室山皓之助⇒谷本稔⇒西村公一⇒田淵幸一木戸克彦⇒関川浩一⇒中谷仁⇒喜田剛⇒キンケード⇒藤川球児

私らが子供の頃、タイガースを代表するスター選手って言うたら田淵さんと江夏さんのバッテリー
その、田淵さんが付けていた背番号が22です
田淵さんがライオンズに移籍した後、『それ相応の選手が出るまで使わない』とされていましたが、85年V捕手の木戸さんがつけることになりました。現在は球児の背番号です。

田宮さんの入団当時は投手。あと一人でパーフェクトというゲームもあったりで、50試合に登板して12勝を挙げています。肩を壊して打者に転向、藤村さんの後の4番打者を務めました。打率3割の常連で、58年には長嶋さんを降して首位打者のタイトルを獲得しています。59年に10年選手の権利を行使してオリオンズへ移籍。引退後はOB会会長も務められました。

谷本さんはタイガースでの現役は3年間でしたが、コーチや球団職員として引退後も活躍されました。オリオンズ時代の日本シリーズにおけるスクイズ失敗が西本さんのクビを飛ばした事件は有名です。

そして田淵さん。法政大学で放った22ホーマーは長嶋さんの8本を大きく上回る東京六大学新記録(高橋由伸に破られるまで長い間新記録でした)。天性のホームランアーチスト、高く舞い上がり、美しい放物線を描くホームラン。しかし、なかなかホームラン王になれなかった…王さんがいた。75年、ついに王さんを抜いてタイトル獲得。78年オフにトレードでライオンズへ移籍し、新生ライオンズの主軸打者として活躍。
70年のカープ戦で外木場さんの投球が頭部を直撃、死線をさまようという事件は、耳あて付ヘルメットを義務付けるきっかけになりました。これが、プロ野球の出来事で覚えている一番古いものだと思います。

木戸さんはPL学園・法大と優勝を経験して入団してきたエリート捕手。しかし、当初2年はプロのカベにぶち当たりもがきましたが、優勝の年から正捕手に定着。知人にファンがおりまして、引退試合にも行きました。長くコーチを務めましたが、昨年末に退団して現在は評論家。しかし、必ず指導者としてタイガースへ戻ってくる人材です。

球児、今年も頼んだよ!

☆田宮謙治郎:1488試合/4807打数1427安打/284二塁打/55三塁打(歴代24位)/106本塁打/597打点/190盗塁/416四球/104死球(歴代10位)/467三振/打率.297/首位打者(1958セ.320)/ベストナイン(1956セ外/1957セ外/1958セ外/1960パ外/1961パ外)
☆谷本稔:1099試合/2759打数708安打/46本塁打/360打点/145四球/236三振/打率.257
☆田淵幸一:1739試合/5881打数/1532安打/167二塁打/12三塁打/474本塁打(歴代10位)/1135打点(歴代19位)/18盗塁/0犠打/43犠飛/176併殺打/823四球(歴代28位)/128死球(歴代5位)/972三振/打率.260/本塁打王(1975セ43),新人王(1969セ),ベストナイン(1972セ捕/1973セ捕/1974セ捕/1975セ捕/1976セ捕)/ゴールデングラブ(1973セ捕/1974セ捕)
☆木戸克彦:965試合/2192打数505安打/89二塁打/5三塁打/51本塁打/226打点/8盗塁/95犠打/12犠飛/228四球/393三振/打率.230/ゴールデングラブ(1985セ捕)

|

« おつかれさまでした 松永幹夫騎手 | Main | 地元バトン »

タイガース背番号物語」カテゴリの記事

Comments

亀レス大歓迎ですので(^_^)

22と28と31は本塁打王と奪三振王が背負った華のある背番号
それだけファンの印象度も高いんですよね
他には6・7・19・25なども、背番号で選手の顔とプレーが浮かんでくる番号です
これらの番号は永久欠番にしろとは言わないけど(背番号がなくなってまうので^_^;)、大切にして欲しいですな
10年レギュラー出来る実力を証明しない限りつけさせないくらいに

【29=トラブルメーカー】てーのはあまりイメージとして定着して欲しくないけど(^_^;;;

Posted by: シルク | March 21, 2006 at 08:38 PM

<<「いや、木戸や」という輩がいてますが(^_^;)
<<個人的な思いいれはこの際おいときまして(^_^)

確かに、私でも22といえば田淵というのは
同感ですが・・・やっぱり22ときたら木戸!!といいたいところですが、存在感ありますし
私も小さいころに田淵さんの背中見て
育ってますんでねえ・・・。

だけど、やっぱり木戸も22番が似合ってました。
関川に譲ったときには腰抜かしました。
でも、あっというまに22番関川はいなくなったけど・・・。

今は、確かに22番の重みが薄れてる。
なんだかもったいない気分ですね。

Posted by: リンダ@いまさらのレスを・・・ | March 21, 2006 at 12:13 AM

ヒデさん、おはようさんです

<<「いや、木戸や」という輩がいてますが(^_^;)
個人的な思いいれはこの際おいときまして(^_^)

やはり、【22】言うたら田淵さんの背番号であります
木戸さん引退後はしばらく欠番でもよかったんやないかなーと思うのですがね
このあたりが、背番号を軽く扱うタイガースの残念な部分であります

Posted by: シルク | March 04, 2006 at 12:53 PM

 私のような他球団ファンにしても、タイガースで22といえば田淵ですわ。我が家には「いや、木戸や」という輩がいてますが(^_^;)。
 藤川球児くん、去年生で見ましたが、ほんまに素晴らしい投手です。ストレートの伸びはピカイチです。でも、その背番号には違和感を否めません(^_^;)。特に、去年の交流戦で復刻ユニの22番を見たときは「あれ、田淵が投げてるで」と異口同音で何人も口にしてました。
 我がヤ軍で言えば、古田引退後、五十嵐が27番を付けるようなもんですわ(^_^;)。

Posted by: ヒデ | March 02, 2006 at 12:16 PM

久しぶりに昼間に事務所にいます

<<人間、過ぎたるはエエ思い出だけが残るんですかね?(^^
猪股には【突然乱調】の思い出しかおまへん(^_^;;;

近年は弾丸ライナーでスタンドへズトンというホームランが増えましたよね
いてまえ打線全盛期のノリ・ローズ・吉岡などは、外野スタンドで観戦していても一瞬で打球が飛んでくるような感じでした

内野スタンドで観戦していて、『入れ、入れ』と観客が総立ちでボールを押すような格好をする光景も減りました
去年の交流戦、今岡の満塁ホームランの時、久しぶりに押す格好をしました

Posted by: シルク@昼休み | March 01, 2006 at 01:10 PM

【タイガース】【22】と言われたら、田淵はん以外に何を語ろうか、と言う位田淵はんですな(^^;

綺麗なホームランてありますよね。
私の好きなホームランは、近年では八木裕のホームラン。現役では桧山のホームラン。どちらも綺麗なホームランですわ。

でも、田淵はんのホームランくらい綺麗な、というか美しいホームランてなかったですな。バットを軽く振ったら、ボールが高々と上がって飛んでゆく。ホンマに軽々とバット振ってましたもんね。そない思うたら、中村ノリはなんであそこまでフルスイングするんやと(^^;

しかし、人間ておかしいもんで。
江夏や田淵や言われたら、誰しもが【あー懐かしや懐かしや。あの頃はよかった】的な会話になるんですが、実際タイガースでの晩年の江夏も田淵もボロカスに言われてたんですけどね。それこそ放出やむなしで。田淵なんか【漫画のモデル】にまでされて(^^;

人間、過ぎたるはエエ思い出だけが残るんですかね?(^^

Posted by: スチャラカ課長 | February 28, 2006 at 03:41 PM

こんばんは。

田淵さんと球児について熱く書かれているところにお邪魔します。

私のトコロヘ「地元バトン」というのが廻りまして…お次はシルクさんにやって頂こうと思い、お願いにあがりました。

お暇な時で構いませんので、私からのバトンを受け取って頂けませんでしょうか?

それでは、また。

Posted by: 惰性自身 | February 27, 2006 at 10:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/8853923

Listed below are links to weblogs that reference タイガース背番号物語【22】:

« おつかれさまでした 松永幹夫騎手 | Main | 地元バトン »