« 私鉄沿線【阪神尼崎】 | Main | 中京記念(G3) »

タイガース背番号物語【23】

原一朗⇒富松信彦⇒渡辺誠太郎⇒呉昌征⇒中田金一⇒丸岡武⇒吉田義男

タイガースの永久欠番は3つ
そのうちの一つがこの【23】です

呉選手は台湾の嘉義農林学校代表として甲子園に出場し、卒業後ジャイアンツに入団。42・43と2年連続首位打者に輝いています。なお、42年の打率.286は首位打者の打率としては史上最低記録です(戦時中でボールの品質が粗悪だったため)。44年、一度ジャイアンツを退団してからタイガースへ入団。選手不足の時代ゆえ、投手としても登板(強肩でバックホームが正確なのだから投手もいけるやろという理由だったとか)し、2完封を含む15勝。46年にはノーヒットノーランも記録しています。50年、セ・パに分裂した際に毎日オリオンズへ移籍し、57年まで現役。95年に野球殿堂入りされています。

吉田義男さんの現役は最後の方しか記憶にありません。藤田平さんにショートのポジションを譲り、セカンドを守っておられました。現役時代のタイガースは打力に乏しく、投手が踏ん張ることが生命線。その投手を支えたのが三宅-吉田-鎌田の鉄壁の内野守備。全盛期にナマで見たかったですね。出場試合数・通算安打数ともに藤田平さんに次ぐタイガース歴代2位です。
引退後はチームから離れていましたが、85年に監督として復帰すると、真弓・バース・掛布・岡田の30発カルテットを軸とした強力打線を擁して優勝。日本シリーズでもライオンズを降して悲願の日本一に。
現在もABCの解説者として活躍されています。

☆呉昌征:1700試合/4867打数1326安打/159二塁打/81三塁打(歴代6位タイ)/21本塁打/389打点/381盗塁(歴代9位)/818四球(歴代29位)/24死球/465三振/打率.272/首位打者(1942:.286/1943:.300)/盗塁王(1944:19)/MVP(1943)/ノーヒットノーラン(1946. 6.16)
☆吉田義男:2007試合/1864安打(歴代42位)/273二塁打/70三塁打(歴代10位)/66本塁打/434打点/350盗塁(歴代14位)/264犠打/20犠飛/498四球/71死球/325三振/打率.267/盗塁王(1954:51/1956:50),ベストナイン(1955:遊/1956:遊/1957:遊/1958:遊/1959:遊/1960:遊/1962:遊/1964:遊/1965:遊)

|

« 私鉄沿線【阪神尼崎】 | Main | 中京記念(G3) »

タイガース背番号物語」カテゴリの記事

Comments

背番号に関しましては、毎度同じ事の繰り返しですが、永久欠番にせーとは言わないまでも【10年間レギュラー張れる選手でなければ与えない】てな具合にせなあきまへんな

6・7・22・28・31あたりが該当する背番号
今後次第では16・29・39・53あたりも

Posted by: シルク@仕事中 | March 15, 2006 08:35 PM

おおっ、ヒデ兄さん(^^
なるほど、やはり居てはるもんですなあ。

>>中日ドラゴンズ・天知俊一さん
>>第2次:1954年

今でこそトラキチの、愛知県にお住まいのマ●ちゃんが【中日ファン】になったきっかけとされる、1954年の優勝ですな(((((((^^;イクツヤネン

ほほう、この1年だけ采配を揮って、西鉄を破って日本一になって監督の座を去ったわけですか。なんとも不思議な話ですなあ。

Posted by: スチャラカ課長 | March 14, 2006 04:34 PM

課長毎度です。

>>【同一チームの監督の座に、一度ならず二度までも】返り咲いた人

♪ヒマジン All the people …(ジョン・レノン)
てなわけで調べてみました(^_^;)。

中日ドラゴンズ・天知俊一さん
第1次:1949年~1951年
第2次:1954年
第3次:1957年~1958年

日本ハムファイターズ 大沢親分
第1次:1976年-1983年
第2次:1984年
(植村監督の途中退団に伴い臨時就任)
第3次:1993年-1994年

番外編で仰木彬さん(近鉄1回、オリックス1回、合併球団1回)っちゅうのもありますが、これは不可抗力ですな。

Posted by: ヒデ | March 13, 2006 05:11 PM

しかしなんですな、【23】と言われたら、ヨッさんの前にヨッさん無く、ヨッさんの後にヨッさん無しですな。

阪神球団もS44年の引退後、S62年に正式に永久欠番とするまでの18年間【23】を空席にしていた、という事からも、その功績は内外ともに認められるものであるかと。

今の阪神球団は、背番号への拘りが薄いような気がします。和田豊の引退後、外国人のホワイトに6番を付けさせたり。どうかと思いますなあ(--;

ところで、プロ野球の歴史の中で【同一チームの監督の座に、一度ならず二度までも】返り咲いた人て、どれくらいいてはるんでしょうね?(^^;

Posted by: スチャラカ課長 | March 13, 2006 03:59 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイガース背番号物語【23】:

« 私鉄沿線【阪神尼崎】 | Main | 中京記念(G3) »