« 一皮剥けた江草 | Main | いや、ボク、力ないですから(^^ゞ »

タイガース背番号物語【30】

石本秀一⇒松木謙治郎⇒若林忠志⇒松木謙治郎⇒岸一朗⇒田中義雄⇒金田正泰⇒西村繁一⇒福浦健次⇒山下皓⇒奥田敏輝⇒後藤和昭⇒平山英雄⇒辻佳紀⇒続木敏之⇒平田勝男⇒太田貴⇒パウエル⇒藤川球児⇒横田久則⇒久保田智之

この背番号って、監督の背番号だったようですね
61年の金田さんまで、藤村さん以外の歴代監督は皆30番を付けておられます
61年途中に就任した藤本定義さんからは異なる背番号をつけるようになったようです

ヘッドコーチの平田さんは長崎海星高校で怪物・サッシー(酒井圭一、後にスワローズ)の1学年下で甲子園出場してベスト4まで進出。翌年も連続出場。明治大学を経てタイガース入り。入団3年目から4年連続でゴールデングラブを受賞した好守の遊撃手でした。派手な横っ飛びとかの印象はありませんが、打球が転がったところに平田さんがいた…という印象でした。通算安打633は、『え、そんなに少ない?』と首を傾げてしまうほど、存在感ありましたね。

♪かっ飛ばーせー 平田♪のテーマソングも好きでした

平田勝男:979試合/2450打数633安打/23本塁打/220打点/19盗塁/138犠打/133四球/229三振 打率.258/ゴールデングラブ(1984:セ遊/1985:セ遊/1986:セ遊/1987:セ遊)

久保田、全盛期の佐々木のように、【コールされたら相手は戦意喪失する】ような大リリーフエース目指して頑張ってくれ!

|

« 一皮剥けた江草 | Main | いや、ボク、力ないですから(^^ゞ »

タイガース背番号物語」カテゴリの記事

Comments

難しい問題ですね

捕手などは、今年の炭谷のパターンで【多少の出血は覚悟で10年間チームを任せられる選手を育成する】というケースがありますよね
近年では城島・谷繁・中村武志・伊東などが当てはまると思いますが

鳥ちゃんなどもそれに当てはまるかな?

結果的に和田はタイガース史上有数の好打者に成長したわけですから、判断は間違っていなかったかと思います
85年Vのレギュラーが次から次へと消えていって、攻撃面でのテコ入れが必要でもありましたしね

Posted by: シルク | May 06, 2006 08:52 PM

レギュラーとは自力で取るものですが。
その意味、平田はんは気の毒でしたな。

村山さんが【少年隊】てな事言い出さなかったら。
そしたら後5年はレギュラーでやれたのに。
あの時和田と平田を比較して【和田の方が上回る】要因はなかったと思うんですがね。
もっとも、将来3割を打てるのは和田のほう、という伸びシロを買ったのかもしれませんが。

Posted by: スチャラカ次長 | May 06, 2006 08:57 AM

定番というか、決まりだったんじゃないですかねえ。
今でも、草野球の大会規定では30=監督で主将は10番と決められてますから。

Posted by: ヒデ | May 03, 2006 09:02 AM

ぼぶさん
御社の30番、真っ先に思い浮かぶのは江川さんです
『昔は監督の定番』と言われて、『そういえば上田監督も30やったなー』と思い出しました

で、調べてみるとぼぶさんの言われるとおりで
1960年台あたりまでは監督の背番号として定番だったようです
鶴岡親分(=南海ホークス)も30でした

崩れ始めたのは、杉下(=茂、ドラゴンズ)さんや川上(=哲治、ジャイアンツ)さんが現役時代の背番号のまま監督就任されたあたりからだそうです

Posted by: シルク | May 01, 2006 01:28 AM

東京6大学も監督は30番ですね。確か弊社の水原茂氏も30番だったんじゃなかったかな。昔は監督の定番の背番号だったのかも知れませんね。

Posted by: ぼぶ@豊橋 | April 30, 2006 11:45 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイガース背番号物語【30】:

« 一皮剥けた江草 | Main | いや、ボク、力ないですから(^^ゞ »