« 指定バトン~北海道日本ハムファイターズ | Main | オールスターですっ! »

タイガース背番号物語【48】【49】

【48】
岡田功⇒松岡一雄⇒滝英男⇒三原一夫⇒前岡謹也⇒久代義明⇒椎木孝彰⇒原秀樹⇒奥田敏輝⇒岩佐基治⇒中原勇⇒青木重市⇒佐藤文男⇒仲田幸司⇒中谷忠己⇒久保康生⇒片瀬清利⇒橋上秀樹⇒成本年秀⇒石毛博史⇒相木崇
【49】
小川仁久⇒小山正明⇒東郷幸⇒山田譲治⇒河内孝志⇒本田広司⇒嵯峨山幹雄⇒大原和男⇒表浩太郎⇒土谷賢一⇒豊原経久⇒赤松一朗⇒服部裕昭⇒酒井光次郎⇒リベラ⇒ハンセル⇒伊達昌司⇒新井智⇒若竹竜士

48はマイクが入団時につけていた背番号で、出世番号かと思いきや、最近は移籍してきた投手の固定番号となっているようですね。
中谷外野手と久保さん(現・投手コーチ)とのトレードは88年開幕後。このあたりからタイガースの安直トレード策に拍車がかかってきます。タイガースではほとんど出番無くノーヒットだった中谷ですが、移籍したバファローズに溶け込めたのと仰木監督に打力を評価されて出番が増え、左の代打の切り札兼外野手4~6番手(新井さんと鈴木貴久は固定、右投手なら中谷、左投手なら中根か村上)という所まで行きました。ただ、守備力で中根に及ばなかったのと、ケガがあったりでブルーウェーブへ移籍するも1年で自由契約になりタイガースへテストで再入団しましたが、バファローズ時代の輝きは戻りませんでした。ミナミの外れで居酒屋を経営されていまして、何度かお店にも行きました。1年ほどご無沙汰なので、そろそろ行ってみようかな。
交換相手となった久保さんもタイガースで主に中継ぎとして活躍されましたが…防御率はもう一つです。今だったら絶対に一軍には残れません。

相木、ルーキーで連続完封した時のキレはもう戻らんのか?

リベラは98年のストッパーとして27セーブ(当時のタイガース最多…今もタイ記録?)を上げます。が、とんでもない欠点がありました。走者がいると威力半減(-_-メ ドラゴンズには完全に弄ばれていたような記憶があります。重い球を生かせなかったのは残念です。

☆中谷忠己:236試合/345打数97安打.281/5本塁打/50打点
☆久保康生:550試合登板/35完投/5完封勝利/71勝62敗/30セーブ/68セーブポイント/勝率.534/投球回数1422/847奪三振/防御率4.32
☆ベン・リベラ:73試合登板/3勝4敗/39セーブ/42セーブポイント/勝率.429/投球回数78.1/奪三振74/防御率1.84

|

« 指定バトン~北海道日本ハムファイターズ | Main | オールスターですっ! »

タイガース背番号物語」カテゴリの記事

Comments

kaneさん、お越し下さりありがとうございます
私のほうが少し上のようですね(同級生は牛島・香川・仁村弟)(^_^;

『野球だったら何でも好きです』という仲間がたくさんいますので、お立ち寄り下さいm(_ _)m

Posted by: シルク | July 23, 2006 07:55 PM

こんばんは、kaneです。
コメントありがとうございました。
渋い、テーマに感服。個人的にこーゆーの大好きです。
確かに残されたコメント通り、同じような年齢かも
しれませんねぇ、ネタを見る限り。(笑)
ちなみにボクは東京オリンピックが開催された年の生まれです。
タイガースが優勝した年でもありますが。
ボクもちょくちょく顔出します。
シルクさんも、ぜひまた遊びに来てください。
お待ちしてます。

Posted by: kane | July 23, 2006 07:04 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイガース背番号物語【48】【49】:

« 指定バトン~北海道日本ハムファイターズ | Main | オールスターですっ! »