« メンテナンスのためお休みします | Main | 謙虚に、食らいついていく気持ちで! »

【指定バトン】広島東洋カープ

平日の昼間にこんなことやっててエエんやろか?(^^ゞ

1)最近思う「広島東洋カープ」

タイガースにとって、ジャイアンツと並んで苦手だったカープ。
大野・川口・北別府のローテが予想された日にゃ、やる前から半分負けたような気分だった(-_-;;;
何をどう間違ってこんなに凋落してしまったのか?

最後に優勝した年って、秋山がバク宙した時でしたっけ?
なんか、随分昔だよなー

前田・野村以降、芯のある選手が出てこないですね
昔はウルさそうな選手がゴロゴロおったのに
それも、無名の選手が練習練習また練習で這い上がってきて

2)この「広島東洋カープ」には感動!!!

2つありまして、一つは75年オールスターゲームでの山本浩二・衣笠アベックアーチ連発
これは次長のブログでコメントしたので、もう一つの方を

1992.9.13 東京ドーム
カープ
(遊)野村
(二)山田
(中)前田
(三)江藤
走 河田
右 音
(左)ブラウン
(一)小早川
(右)山崎隆
打 西田
三 高
(捕)達川
(投)北別府
投 石貫
投 佐々岡
投 大野

ジャイアンツ
(二)篠塚
打 大野雄
(遊)川相
走 上田
(中)モスビー
(一)原辰
(右)駒田
(左)吉村
走左 四条
捕 藤田
(三)岡崎
(捕)大久保
捕 吉原
打左 西岡
(投)宮本
打 緒方
投 石毛
打 佐藤洋

カープ 000 010 020|3
ジャイアンツ000 010 000|1

1点リードの5回2死無走者。川相選手の打球はセンター前へ。ダイレクトで捕ろうと思いっきり突っ込んだ前田のグラブに打球は収まらず、外野を転々
好走塁の川相は一気にホームまで生還し、同点に追いつきます。
同点で迎えた8回、1死1塁で打席に入る前田の目には涙。『北別府さんの勝利を消してしまった、申し訳ない』 そんな思いをバットに乗せて石毛の5球目を叩くと、打球はライト上段へ特大の一発。最後は佐々岡-大野とつないで逃げ切ったカープの勝利。

試合後、お立ち台が用意され、ヒーローの前田が上がるはず…
が、前田は現れない
お立ち台拒否
『すいません、何もありません』涙で出ない声を振り絞って、前田は小走りにバスへ

8回の打席に入る前田の悔し涙を見た時、『絶対にこの子は10年レギュラーやれる』って思いました
ケガに苦しみながらも、今期も健在の前田

カープの若い選手たち、『悔しいっ!』って気持ちを持とう
そして、それを力に変えよう

3)直感的「広島東洋カープ」

ライトル-デュプリー-山本浩二の外野トリオ
アレは鉄壁だったなー

4)好きな「広島東洋カープ」

79年のオールスターゲーム第3戦で山本浩二さんがサヨナラホームランを打って勝つのですが、出迎える古葉監督(コーチとして出場)が嬉しそうだったなー。試合中は厳しい表情の多い古葉さんでしたが、嬉しそうな時はホンマに嬉しそうな顔をされますね。

5)こんな「広島東洋カープ」は嫌だ!!!

色々な方がおっしゃられていますが、昨年の後半、土曜日か日曜日のデーゲーム
カープが内野手のエラー連発でタイガースに負けたゲーム
水沼-大下&三村-山本浩二⇒達川-高橋慶&山崎隆-山本浩二
ビシッと芯の通っていたセンターラインは何処へ消えたのか

6)この世に「広島東洋カープ」がなかったら
【猛練習で這い上がって】という言葉はとっくの昔に消えているかもしれない


7)補足

古葉さんは現役時代の晩年にトレードでホークスへ移籍します(69年オフ)
同じ頃、カープを自由契約になった寺岡さんもホークスへ
ここで巡り会ったのが野村さん&ブレイザー
古葉さん・寺岡さんに佐野さんもカープへ

速球・強肩・俊足は野村さんが『プロに入ってからでは絶対に伸ばせない部分』といつも言っておられるセリフ
カープの黄金時代に多少なりともホークススピリッツは影響があったのではないかと推測します

8)次に回す選りすぐりのエンターテイナー

これはしんどかった
お時間がありましたら、お持ち帰りください

|

« メンテナンスのためお休みします | Main | 謙虚に、食らいついていく気持ちで! »

スポーツ」カテゴリの記事

セリーグ」カテゴリの記事

プレイバック」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

Comments

やはり、黒田が相手では簡単に勝てませんね
タイガースもオックスを出すという事は半分諦めていたのかもしれませんが(^_^;;;

本文に追記しようかと思いついたら0223さんのコメントが出ていました
ホンマ、故障が多いですよね
それと、故障でなくても入団時の輝きがスグに失せてしまう選手
山内に澤崎に小林幹…
永川も仲間入りかなー…と思いましたが、こちらは復活したようで
タイガースは荒れ球投手が苦手なので、困った問題です
野手では東出が去年あたり、『このまま並みの選手になって終わってまうんかなー』という雰囲気でしたが、見事に戻ってきました

で、ナンボ練習しても故障しないというのは、本人の持って生まれた基礎的な部分もありますが、先輩を見て盗むor先輩がコレと思った後輩に伝授するというのもあると思います
主力選手の放出が相次いで、その伝達が上手くいかなくなったことも、故障者続出の一因なのではないかと考えます

もっとも、カネやんや米田さんクラスになると別格ですが

Posted by: シルク@仕事中 | July 14, 2006 at 12:53 PM

> 【猛練習で這い上がって】という言葉はとっくの昔に消えているかもしれない

右欄で紹介されている「スカウト」の中でも木庭さんが「(チームに残した遺産と言う意味では)高橋慶彦こそカープの最大の功労者かも」と語っていますからね。

ただ故障者続出のここ10年を見てると、「猛練習でも潰れなかった」体力を持っていた事こそが、慶彦の最大の才能だったのかな…とも思います。

Posted by: 0223. | July 13, 2006 at 11:04 PM

>>最後に優勝した年って、秋山がバク宙した時でしたっけ?

秋山、あちこちでバク宙してまっさかいね(^^;
91年のリーグ優勝はよう覚えてるんですが、日本シリーズの記憶が薄い。
調べてみたら、コレ↓
http://bis.npb.or.jp/scores/nipponseries/linescore1991.html
王手かけながら、最後連敗したんですな(泣)
第7戦で秋山がダメ押しHR打ってますな。
川端から(ナツカシー)
きっとバク宙したんでしょうな(^^;

西武と言えば、86年のシリーズは3連勝のあと4連敗でしたか。
第1戦、山本浩二が東尾のスライダーをライトに叩き込んだ一発は芸術的でしたな。

Posted by: スチャラカ次長 | July 13, 2006 at 05:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/10915000

Listed below are links to weblogs that reference 【指定バトン】広島東洋カープ:

» 指定バトン〜広島東洋カープ編〜 [たわごと いろいろ ♪]
球団指定バトンも 阪神→巨人→中日と続いて4本目。 今回も頑張ってやってみよう♪ [Read More]

Tracked on July 14, 2006 at 08:12 AM

« メンテナンスのためお休みします | Main | 謙虚に、食らいついていく気持ちで! »