« 函館2歳ステークス(G3) | Main | 『どうにかしろ』と監督に言われて »

タイガース背番号物語【52】【53】【54】

【52】
池田芳巳→河原主尚→和田功→三宅博→松尾勝彦→池田純一→三宅培司(秀史・伸和)→中村利一→才田修→松永美隆→新井良夫→大串尚弘→沢幡誠士→嶋尾康史→石井宏→古里泰隆→遠山昭治→柴田佳主也→竹下慎太郎→赤松真人
【53】
石川要→柏木裕→藤本克巳→板垣一彦→滝川博己→杉本郁久雄→谷本稔→奥田修→勝亦治→江島聖一→中谷賢平→吉竹春樹→斉藤直哉→近田豊年→中川申也→清水義之→畑山俊二→上田好剛→ミラー→赤星憲広
【54】
鴨田肇→伊藤光四朗→大黒正一→宇都宗夫→溝口憲夫→山田伝→畑口健二→小川清一→松下立美→松下竜三→前田耕司→多岐篤司→平塚克洋→山岡洋之→ウイリアムス

やっと赤星までたどり着きました

大きな背番号を背負うというのは、さほど期待されていないという事が多いのですが、池田さん、吉竹さん、そして赤星。この背番号からレギュラーに成長した選手もいます。
かと思えば、両手投げの近田…結局出番は無かったなー

平塚さんはブルーウェーブからの移籍。暗黒時代に主軸を打つこともありました。タイガースが苦しかった事の表れでしょう。

赤星、暑い夏は大変だろうけど、君無しでVは考えられん。頼むぞ!

☆平塚克洋:588試合/1675打数 440安打/76二塁打/43本塁打/201打点/2盗塁/11犠飛/打率.263

|

« 函館2歳ステークス(G3) | Main | 『どうにかしろ』と監督に言われて »

タイガース背番号物語」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイガース背番号物語【52】【53】【54】:

« 函館2歳ステークス(G3) | Main | 『どうにかしろ』と監督に言われて »