« 宝塚記念(G1) | Main | 函館スプリントステークス(G3) »

訃報・河西俊雄さん死去

ホークス・タイガースの内野手として活躍し、現役引退後はタイガース・バファローズのスカウトとして数多くの選手を発掘し、関西野球界の発展に貢献された河西俊雄さんが亡くなられました

河西さんは明石中学から明治大学を経て、戦後プロ野球再開の46年にグレートリング(現在のホークス)入団。俊足の二塁手として、ルーキーのの年から3年連続盗塁王など活躍されました。通算771試合で打率・258、11本塁打、183打点、233盗塁の成績を残されました。

現役引退後はタイガースのコーチからスカウトへ転向。
タイガースでは藤田平さん、江夏さん(2年連続グランドスラムですね)、掛布さん、近鉄バファローズでは吉井、高村、野茂、中村紀などを担当。ホークス・タイガース・バファローズの在阪3球団で球界発展に貢献されました。
藤田平さんは高校生時代体が細かったそうですが、母親を見て『大丈夫、プロでやれる体になる』と獲得を決断されたそうです(新聞に藤田平さんのコメントが出ていました)。
『銅は金にはならん、金の素材を見つけたらすぐ行け!』がスカウト時代のモットーだったとか。
そう、速い脚・速い球・強い肩は持って生まれた資質、プロでは伸ばせないものなのですよ。担当した選手を見ていると、プロでスグに頭角を現す高校生を見る眼は確かだったことがわかりますね。

天国でのんびりと野球を楽しんでください。
ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 宝塚記念(G1) | Main | 函館スプリントステークス(G3) »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

Comments

おはようございます
別の場所で同じようなコメントをしていますが…

バファローズも他のパリーグ球団と同様に財政難でした
よって、砂漠の中でダイヤの原石を探すようなスカウト活動をしなければチームは強くなれません
そんな中、84年は佐々木修・吉田剛・山崎慎太郎・山下和彦・鈴木貴久
前年の83年は小野和義・吉井理人・村上隆行・光山英和・安達俊也
といった、素晴らしい成果を挙げています
2年間でローテ投手4名(うち3名が高卒)にレギュラー捕手2名と5番打者1名獲得など、そう簡単に出来ることではありません

ナニ考えてスカウトやってんねん、タイガース?って気持ちがムチャ強かったのが、この選手たちが一線に出てきた頃(=暗黒時代の入口)でした

Posted by: シルク | June 28, 2007 at 08:03 AM

また球界にとっては貴重な方が…。球界の発展、改革のために、これからこそ、河西さんのような方にいろんな意見をしていただきたかったのに…。ご冥福をお祈りします。

Posted by: 妃垣俊吾 | June 28, 2007 at 02:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/15572344

Listed below are links to weblogs that reference 訃報・河西俊雄さん死去:

« 宝塚記念(G1) | Main | 函館スプリントステークス(G3) »