« July 2007 | Main | September 2007 »

豚キムチ丼

今日の大阪は午前中に雨が降ったせいか、昨日までと比べるとしのぎやすい気候です。このまま秋になってくれたらエエのですが、世の中そないに甘くないでしょうね、きっと(^_^;;;

残暑厳しく食欲の無い日にご飯をワシワシ食べるには丼ですわ

Buta_kimuchi

作り方
1.材料(豚バラ肉・白菜キムチ・シイタケ・ピーマン)は、すべて1センチ幅位に切っておきます。豚肉には小麦粉をまぶしておきます。
2.中華鍋に強火でサラダ油を熱し、にんにくスライスを入れて香りをつける
3.豚肉を炒め、ピンク色になったら残りの材料も投入して手早く炒める
4.アツアツご飯にのせて出来上がり

スキル一切不要、コツは手早く一気に炒めるだけです
キムチが残ってしまったら、酸っぱくなる前に豚キムチ\(^_^)/
ビールをグビグビ飲んで、ご飯をワシワシ食べて、夏バテを防止しましょう

| | Comments (2) | TrackBack (1)

訃報・渡辺秀武さん死去

ジャイアンツの投手としてV9時代のローテーションを支え、その後はフライヤーズ⇒ファイターズ、ホエールズ、オリオンズ、カープと合計5球団で投げ続けた渡辺秀武さんがお亡くなりになられました。

渡辺さんは静岡県の富士高から本州製紙、日本軽金属を経て巨人入り。横手投げのシュート投手という印象が強いです。66年に初めて2ケタ勝利を挙げると、68年を除き72年まで2ケタ勝利を続け、堀内さんや高橋一三さんらとともにジャイアンツのローテーションを支えました。
73年にフライヤーズに移籍、その後はホエールズ・オリオンズ・カープと球団を移り、82年を最後に現役引退。
引退後はカープのスカウトとして選手発掘にあたっておられました。

70年にはカープ戦でノーヒットノーランを記録。この年は23勝8敗の好成績を残しました(ホエールズの平松さんが25勝していたので最多勝のタイトル獲得はならず…)
また、シュート投手の勲章というか宿命というか、ぶつけた死球144は東尾さん(ライオンズ)の165個に次いで歴代2位です。ただし、的中率となると東尾さんは4,086イニングで165個ですから、1試合換算で0.36。渡辺さんは2,083+2/3イニングで144個なので、1試合換算では0.62個。渡辺さんの方がかなり的中率が高かったようですね(ちなみにタイガース⇒オリオンズの深沢さんは1試合換算0.87個ぶつけています)。
確か引退登板がタイガース戦で、その時点で米田哲也さん、坂井勝二さんとタイ記録だったのを新記録とするため、『ゴメン、記録作らせてm(_ _)m』と、タイガースの打者(吉竹さん?)のお尻にわざとぶつけて新記録にした記憶があります。どなたか覚えていませんか?

通算成績は、606試合登板(歴代28位)、118勝 100敗8セーブ、投球回数2083.2・404与四球・144与死球(歴代2位)・1041奪三振・防御率3.35

天国でのんびりと野球を楽しんでください
ご冥福をお祈り申し上げます


| | Comments (6) | TrackBack (1)

新潟記念(G3)

ホンマに重賞?ってメンバーですな
軽ーい気持ちでいってみましょ

◎10ダイイチアトム/松岡
○12トップガンジョー/後藤
▲9ヤマニンアラバスタ/田中勝
△8ニシノナースコール/北村宏
△16ユメノシルシ/吉田豊

結果:軸失踪(-_-メ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

キーンランドカップ(G3)

ホンマに17頭(すでに1頭回避)全部走るんかね?

◎14クーヴェルチュール/横山典
○7ワイルドシャウト/岩田
▲10サープラスシンガー/木幡
△11アグネスラズベリ/角田
△1レヴリ/松田

秋の大きいところで一発大仕事をやってくれそうな馬が潜んでいる予感がします

結果:3連複的中\(^_^)/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プレイバック~1977.8.20 30年前のゲーム・セリーグ編

続いてセリーグ編

読売ジャイアンツ5-0阪神タイガース(後楽園)50,000人

タイガース
(遊)  藤田
(二)  中村
(三)  掛布
(右)  ラインバック
(一)  ブリーデン
(左)  佐野
 投   益山
打中  桑野
(中)  池辺
 投   谷村
(捕)  片岡
(投)  江本
 左   切通

ジャイアンツ

(中)  柴田
(三)  高田
(一)  王
(左)  張本
走左  二宮
(右)  淡口
(二)  土井
(遊)  河埜
(捕)  吉田
(投)  小林

タイガース:江本●9勝10敗-益山-谷村
ジャイアンツ:小林○13勝5敗
本塁打:G吉田5号

夏場にパタッと打てなくなるのは今に始まったことでないようですね(-_-メ 後にチームメイトとなる小林繁さんに打線は沈黙。江本さんが早々とKOされてしまい、ジャイアンツに完封負けです。

広島東洋カープ16-9大洋ホエールズ(川崎)8,000人

カープ
(右)  ライトル
(三)  衣笠
(一)  水谷
 遊   中尾
(中)  山本浩
(遊)  三村
走遊
一二  木下
(左)  ギャレット
 左   深沢
(二)  大下
 投   土居
(捕)  水沼
 打   内田順
 捕   道原
(投)  高橋里
 打一 高月

ホエールズ
(遊)  山下
(中)  長崎
(右)  高木
(二)  シピン
(一)  松原
(三)  田代
(左)  中塚
(捕)  辻
打捕  伊藤
(投)  斉藤明
 投   杉山
 投   田村
 打   清水
 投   渡辺
 打   若林

カープ:高橋里○12勝9敗-土居
ホエールズ:斉藤明●5勝6敗-杉山-田村-渡辺
本塁打:Cライトル16号 水谷11号 ギャレット24号 高月1号 H長崎12号13号

セリーグで唯一、チーム名が今とまったく違うのがホエールズ、今のベイスターズです。このときはまだ本拠地が川崎球場でした。斉藤明さん以下投手陣がメッタ打ちされて惨敗です。
カープは達川さんとヨシヒコさんが揃えばV2メンバーですね。ライトル&ギャレットは2人揃って活躍した外国人選手として今も忘れられません。ライトルの強肩は脅威やったなー
ホエールズが川崎を本拠地とするのはこの年が最後、翌年からは横浜スタジアムが本拠地となり、川崎はオリオンズの本拠地となります。

☆高橋里志さんと斉藤昭雄さんの勝敗が逆になっていました。ご指摘ありがとうございます>0223さん

中日ドラゴンズ4-3ヤクルトスワローズ(神宮)15,000人

ドラゴンズ
(二)  高木
(捕)  木俣
(左)  井上
 左   藤波
(右)  マーチン
 右   谷木
(三)  大島
(一)  谷沢
(中)  田尾
(遊)  三好
(投)  星野
 投   鈴木孝

スワローズ
(左)  ロジャー
(二)  永尾
(中)  若松
(右)  マニエル
(一)  大杉
(三)  船田
(遊)  渡辺進
 打   山下
 遊   水谷
(捕)  八重樫
(投)  安田
 打   伊勢
 投   井原
 打   杉浦
 投   佐藤
 打   福富
 投   梶間
 投   会田
 打   角

ドラゴンズ:星野○10勝10敗-鈴木孝S6
スワローズ:安田●13勝11敗-井原-佐藤-梶間-会田

『エエ選手が何人もいてるけど、おそらくチームに戻ってくることはないやろなー』という印象のあるドラゴンズメンバー… スワローズは翌年の初Vへ向けて陣容が整った印象です。【安田】【梶魔梶間】と、名前を聞くのもイヤな投手が二人も投げていますね。最後に投げた会田投手はジャイアンツの会田投手のお父さんです。

参考文献:朝日新聞縮刷版

| | Comments (11) | TrackBack (0)

プレイバック~1977.8.20 30年前のゲーム・パリーグ編

バンビ坂本の記事を書いた際にコピーした新聞に出ている30年前のゲーム
タイガースがダメ虎だった事以外は、自分にとって野球を見ることが一番楽しかった時期かもしれません
30年前、1977年8月20日のゲームはこんなのでした

阪急ブレーブス3-4日本ハムファイターズ(西宮)7,000人

ファイターズ
(三) 富田
(中) 島田
(右) ウイリアムス
(指) 永淵
(捕) 加藤
(左) ミッチェル
 左  服部
(一) 渋谷
 一  小田
(二) 中原全
 打  岡持
 二  山下
(遊) 行沢
 打  千藤
 遊  菅野

ブレーブス
(中) 福本
(左) 大熊
(一) 加藤秀
 遊  渡辺勉
(指) 高井
走指 蓑田
(三) 島谷
(二) マルカーノ
(右) 大橋
 右  ウイリアムス
(捕) 河村
 捕  宇野
 打  大島
 捕  中沢
(遊) 吉沢
打一 藤井
 打  井上
 走  笹本

ファイターズ:三浦○1勝-村上-宮本幸-江田-高橋一S3
ブレーブス:山田●13勝6敗
本塁打:Bウイリアムス12号 加藤秀15号

【日本のベストチーム10傑】に間違いなく入るであろう黄金時代の勇者・ブレーブスですが、山田さんが中盤に捕まってしまいました

ロッテオリオンズ7-3南海ホークス(仙台)18,000人

ホークス
(三) 藤原
(遊) 河埜
(右) 門田
(指) ホプキンス
(捕) 野村
 捕  松本
(一) 柏原
(左) 外山
打左 望月
(二) 桜井
(右) 新井
 打  定岡

オリオンズ
(二)  山崎裕
 遊   千田
(右)  得津
 右   井上
(三)  有藤
(左)  リー
(指)  白
(一)  高橋博
 一   新井
(中)  弘田
 中  岩崎
(捕)  村上
(遊)二 飯塚 

ホークス:藤田●12勝11敗-佐々木
オリオンズ:村田○13勝10敗-安木S2
本塁打:H柏原13号 門田18号

ホークスは若きエース藤田が初回に5点取られてKO。門田・柏原のホームランで追い上げるも遅し。ホークスは野村さん(イーグルス監督)がプレイングマネージャーでしたが、この時点で後期最下位
仙台というのはフルキャスト宮城スタジアムではありません、県営宮城球場です(同じですが)

クラウンライターライオンズ4-6近鉄バファローズ(日生)10,000人

クラウン
(右)  真弓
(二)遊 基
(一)  ハンセン
 走   川村
(左)  土井
(捕)  若菜
(遊)  広瀬
 打   大田
 二   坪井
(指)  竹之内
(三)  山村兄
(中)  ロザリオ

バファローズ
(遊)  石渡
(指)  石山
打指  小川
打指  寺田
(右)  橘
 右   栗橋
 右   佐々木
(三)  羽田
(一)  ジョーンズ
 一   陽田
(二)  阪本
 二   西村
(中)  平野
(左)  島本
(捕)  梨田

ライオンズ:石井●5勝9敗-永射
バファローズ:太田幸○6勝11敗-鈴木-柳田S1
本塁打:B羽田18号・19号 小川2号

バファローズがホームラン2本で石井をKO
西本監督にとって、相手の先発投手はかつてブレーブス時代のローテ投手、自軍のスタメンセカンドは『もう一歩が足らなかったから山田が王にサヨナラホームランを打たれた』と放出した阪本。長くやっていれば色々なしがらみがありますね。
仙台のリーはこの時ロング敗戦処理で投げていた永射投手が【顔も見たくない】投手だと気付いていたのでしょうか?
まだ駆け出しの真弓さん、本職は内野ですが、この日は外野を守っていますね。
また、最近は滅多に見られないアテ馬(偵察メンバー)を、バファローズは二人も使っています。

参考文献:朝日新聞縮刷版

| | Comments (13) | TrackBack (0)

プレイバック~1977.8.20 15歳エース、決勝のマウンドへ

今年の選抜に【希望枠】で初出場し、一気に決勝まで勝ち進んだ大垣日大。
惜しくも準優勝に終わりましたが、勝ち上がった自信は大きく、選手権も岐阜県予選を勝ち進み、甲子園に駒を進めてきました。
大垣日大の監督は阪口慶三さん。東邦高校で監督として24度甲子園に出場し、優勝1回・準優勝2回の記録を残した名監督です。
教え子は、ジャイアンツの正捕手だった山倉さん、ドラゴンズで中堅投手として活躍した山田喜久夫、一昨日タイガースが煮え湯を飲まされたドラゴンズの朝倉
バッテリーの育成に長けているという印象があります

その阪口監督が初めて進出した甲子園の決勝戦がこのゲームです

1977年8月20日 甲子園球場

劇的幕切れ【優勝アーチ】

東邦    010 000 000 0 |1
東洋大姫路 000 100 000 3 |4

東邦      東洋大姫路
(左)浅井    (二)田村
(遊)佐藤    (中)松田
(捕)大矢    (投)松本
(三)森田    (捕)安井 
(右)立松    (三)春名
(一)井上    (左)平石
(中)古川    (遊)金沢
(二)木戸    (一)山本
(投)坂本    (右)菰方

すばらしい決勝戦だった。東邦・坂本、東洋大姫路・松本と柔と剛の対決で、試合は1-1のまま延長へ。十回、東邦が二死一塁の好機を逃した後、東洋大姫路は一死後田村が1-1からの高めのカーブを左前へ巧打。松田がバントで送り松本に期待をつないだ。しかし、東邦ベンチは松本を敬遠して安井に勝負を挑んだ。
いくらか疲れの見え始めた坂本は、きわどいコースを攻めるのだが決まらず、カウントは1-3。続く5球目、外角高めに直球を配すと、安井は待ち構えたような打法で強振。白球は右翼ラッキーゾーンへ飛び込んだ。劇的なサヨナラ3点本塁打である。豪快な一撃は、坂本の158球目の投球をたたいたものだった。
決勝戦の雰囲気は、お互いに重苦しいものである。準決勝まで無失策を誇った東邦が1回、田村の遊ゴロを佐藤が一塁へ悪送球したり、制球のよい坂本が松田、松本に連続四球を与え、いきなり無死満塁のピンチを招いたのもそれである。東洋大姫路にしてみれば願ってもない好機が早く来たのに、打とう打とうとの意識が強く、硬さもあって強攻策が失敗。
こうしたピンチを脱出した東邦は2回、立松が遊撃強襲安打して二盗、井上のバントで三塁へ進み、古川が一塁手の左を破って先制点を奪った。
一方の東洋大姫路は、一見平凡な坂本の投球に、いつでも打てるという意識過剰からか、高めのボールに手を出したり、大振りが目立った。だが4回、平石が左中間三塁打し、金沢四球の一死一・三塁で打者山本の四球目に三塁走者の離塁が大きいのを見た捕手からの送球を三塁手が後ろへそらす間に、平石が還り同点、試合は白熱してきた。
松本の投球にも力強さが加わり、坂本もようやく自己のペースを掴んで譲らない。東邦に惜しかったのは6回。森田が中前安打、立松が三遊間を破り、井上が四球を選んで無死満塁。しかし、四連投にもめげず松本の左腕はピンチになると燃える。古川を三ゴロ、木戸の1-3からのスクイズを投飛にうちとり、併殺に退けた。並みの投手ではない。しかも、内角ギリギリに食い込む速球は威力がある。東邦にとって惜しまれるのはこのスクイズ。カウント2-3になってからでも遅くなかったと思う。
東洋大姫路がこの大ピンチを脱してからは一進一退のこう着状態。結局、安井の一発が勝負を分けたわけだが、古豪東邦は東海の雄だけに、よく鍛えられていた。
そのユニフォームは純白ですがすがしく、プレーもきびきびしていて、いかにも高校生らしかった。

☆朝日新聞縮刷版より抜粋しました☆

東邦の投手・坂本とは、バンビ坂本です。この記事内には【バンビ】という言葉は見当たらないところを見ると、大会後についた名称なのでしょうか?
坂本佳一・15歳
学制改革後、決勝のマウンドに登ったエースとしては、この時点では最年少だそうです
サヨナラホームランを打たれた後も涙は無く、白い歯がこぼれていました
甲子園のマウンドはこの年だけとなってしまいましたが、30年経った今も【バンビ坂本】の名前は、多くの高校野球ファンの脳裏に残っています

また、安井選手のサヨナラホームラン、決勝戦では初めてのサヨナラホームランでした

東洋大姫路の松本投手は阪急ブレーブスに入団しますが、思ったほどの活躍は出来ませんでした。
他には、星陵・小松投手、智弁学園・山口投手などがプロへ進みます。小松さんは星野さんの後のドラゴンズのエースとして【20】を背負いましたね
プロには進まなかったけど、今治西の三谷投手は早稲田でエースとして活躍しました(うろ覚え)

もう30年前ですねー(遠い目)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

引分け再試合

佐賀北-宇治山田商業、延長15回引き分けの再試合が、今朝の第一試合でした
営業車のラジオのスイッチを入れた時には、大勢が決まった後
しかし、両チームとも懸命に攻め、守り、大差のついた試合とは思えない好ゲームでした

去り行く宇治山田商業は1・2年生主体のチーム
終盤になって途中出場した選手には予選で打席にすら立ったことの無い選手もいました

『この1打席のために今まで何度バットを振ったか、何時間練習したか』
ABCの岩本アナのコメントを聞いて、不覚にもジーンとなってしまいました

佐賀北の大串君のコメント
『負けて帰ったら【いい試合をやっただけ】で終わってしまうので、勝ちたかった』
エエやないですか
営業マン向けの性格ですわ(^_^)v

猛暑の大阪ですが、クマゼミが少なくなってヒグラシが鳴き始めました
でも、まだまだ夏は終わらない
みんな、頑張って!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナマ観戦です

タイガースの先発はジャン、ドラゴンズは朝倉です
スタメンセカンドは藤本

ジャン、頼んだよ!
Img043

試合開始前、帰省の帰路に大阪へ寄られたおりがみ姐さんとご対面いたしました
おみやげ、ありがとうございますm(__)m

これがスタメン
Sutamen

昨日が若い子の活躍でスカッと勝ったので、今日も!と期待するのですが…
ボール先行でさほど調子がいいとも思えない朝倉を捉えきれず…

4回、ノリのツーベースと森野のタイムリーで先制を許す
ノリ、移籍後初めて見たけど、後姿が引き締まってるなー
相当自分を苛めたな
頑張れよ(当然ですがタイガース戦以外で)

まあ、ここまではしゃーないとして
続く中村公の打球を藤本がダイビングキャッチ
ファースト際どいタイミングで投げたが悪送球
藤本、ファーストはシーツやないねん、そこを考えろや
バックアップも遅れて森野が一気にホームへ

林と桜井が守るということは、【タイガースは打ち勝つチームなのだ】という事強く感じながら選手はプレーし、私らも見守らなければならんと感じました

ジャンはこのイニング以外は辛抱しながら投げました
プッツンもせなんだし
今後に期待できると思います

最終回、ドラゴンズは岩瀬登場
粘着力に欠けるタイガースは代打・濱中が初球を打ち上げて凡退
シーツが四球を選ぶもアニキがゲッツーでゲームセット
Game_set

見せ場のほとんど無い、淡白なゲームでしたわ
夕べ、監督から『今夜は好きにせー』と号令でも出たんかいな(^_^;;;

初めてナマで見たけど、荒木はエエ選手やなー
球際に強いわ
守備見るためにゼニ出せる選手やな

さ、明日明日っ!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

クイーンステークス(G3)

秋のG1目指してここから始動する馬も多い牝馬限定G3
さあ、今年はどうなる?

◎11ディアチャンス/横山典
○10デアリングハート/藤田
▲6アドマイヤキッス/川田
△12ロフティーエイム/柴山
△1アサヒライジング/柴田善

連敗続きなので、ここらで勝ちたいですな

結果:ワイド2点的中\(^_^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北九州記念(G3)

ローカルのハンデ重賞
これと言った馬も少なく、荒れる要素タップリ

◎7アストンマーチャン/岩田
○3アルーリングボイス/鮫島
▲10カノヤザクラ/上村
△1メイショウトッパー/和田
△2ゴールデンキャスト/小牧
△4モンローブロンド/佐藤哲

この買い目では【タクで雄琴】は難しいか…

結果:軸失踪(-_-メ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GS神戸(追記しました)

大阪から電車を乗り継いで1時間少々
【神戸のチベット】と呼ばれる丘陵地帯にある、関西で一番美しいこの球場へ来ることはもうないかなー…と思っていたのですが…

Gs3 Gs1

パソ通時代からのお友達・ぴろちゃんのお誘いで、思いがけず5年ぶり(位だと思います)に訪れることになりました。

Gs00 Gs01

神戸市営地下鉄(この駅は地上駅ですが)の総合運動公園駅を降りて、球場へ歩きます。空が広くて気持ちがいいですね。甲子園や京セラドームとは違ったワクワク感があります。

『夜風が気持ちいいよー』と、前日に原住民の方からメールを頂いたのですが、『ウソやろ?』としか思えなかった灼熱の大阪
が、さすがは神戸のチベット、ホンマに夜風が気持ちよかったです

Gs2

統合された近鉄バファローズ・阪急ブレーブス&オリックスブルーウェーブに在籍した経験のある、名球界入り選手の活躍をたたえるコーナーです
この小さな写真でも、梶本さん以外はすぐに誰かわかります
それだけ、球史に残る、個性ある偉大な選手が多かった証でしょう

説明するまでもないかとは思いますが参考までに
前列=福本“世界の盗塁王”豊さん
中列=左から、山田“ナンバーワン・サブマリン”久志さん、米田“ガソリンタンク”哲也さん、梶本“9連続奪三振”隆夫さん、鈴木“草魂”啓示さん、世界の安打製造機・イチロー
後列=加藤“犠飛製造機”秀司さん
です

Start

さあ、試合開始。
TSUYOSHI(西岡)がケガで欠場のマリーンズ、なんと2番が里崎。『イメージちゃうやろ?』と言うと、『バントも上手いし、今日のスタメンの中では一番適役かも』とぴろちゃんの解説。
バファローズでは大引を見たかったのですが、この日は出番なしで残念…

Yoshihiko_2
バファローズの先発投手・岸田を見つめる一塁ベースコーチ。
『背中が慶彦さんですよねー』とぴろちゃんに言われるまで気づかなかったけど、高橋慶彦さん。写真で見るとホンマに【背中がヨシヒコ】です。走るマリーンズの育ての親は何を考えているのか?

Yamamura
5回が終わって試合が成立。3塁塁審の山村審判の1,000試合出場記録も成立しました。山村審判は大阪の泉州高校(現在は飛翔館(ひしょうかん)高校)から79年のドラフト3位でバファローズに入団しました。同い年であり、大阪南部のPL学園以外の高校からプロへ行く選手は少ないので注目していたのですが、1軍では6勝8敗の成績を残すにとどまりました。その後、審判員に転向し、この日が節目の1,000試合となりました。

球界に残る数少ない同学年、まだまだ頑張って!

Hanabi1 Hanabi2

また、この日は【花火ナイト】で、花火見物も出来ました

試合はバファローズ・岸田とマリーンズ・渡辺俊介の先発。どちらも打たれそうで打てないというか、ピンチになると調子の悪い選手に打順が来て救われたのか、2-2の接戦で最終回へ。9回裏、この日ホームランを打っている後藤は三振しましたが、続く木元がツーベースで出塁。続くは途中から9番の打順に入っていた下山。
この下山と大西、『決めるで!』というオーラが出ている、好きな選手です。『エエとこへ回ってきたがな』と口に出そうとしたら、レフトへ飛ぶライナー。
見事、バファローズのサヨナラ勝利でした。
Shimoyama  Shimoyama2

試合終了後は三宮で軽く一杯
会話に夢中になりすぎて、あやうく最終に乗りそこなうところでした。
マリーンズの選手について色々と解説してくれてありがとうございましたm(__)m>ぴろちゃん
とても楽しかったです
また、ご一緒して下さい

| | Comments (5) | TrackBack (1)

関屋記念(G3)

◎12インセンティブガイ/松岡
○9ニシノナースコール/吉田豊
▲1ゴールドアグリ/坂井英
△6カンパニー/福永
△16カンファーベスト/安藤光
△5ヤマニンアラバスタ/小林淳

マイルに強そうな馬が少ないですね
荒れそう…

結果:軸失踪(-_-メ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

函館2歳ステークス(G3)

いよいよ2歳重賞ですな
しかし、このレースを勝って出世した馬は…

アグネスワールドとダイナアクトレス位か?

◎1ナムラブレイブ/小林徹
○2イイデケンシン/横山典
▲3ホウザン/池添
△7アポロフェニックス/勝浦

結果:軸失踪(-_-メ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蒸し鶏の八丁味噌ソース

先日の【願掛け冷麺】の具だけやないんか?と言われると返事に困るのですが(^^ゞ
蒸し鶏はゴマ味噌や酢醤油で頂くのが一般的ですが、コレも美味しいですよ
名古屋の味噌文化にバンザイ\(^_^)/
材料費は安く、ビールがすすみます
食欲の落ちる夏にぜひどうぞ

Musidori

1.鶏肉は ア)火が通り過ぎないように気をつけてゆでる イ)一度鍋から取り出す ウ)ゆで汁を冷まし、その中に漬けておく(出来たら半日)と、エエ味がつきます
2.タレは、毎度おなじみの【イチビキの献立いろいろみそ】を酢で伸ばし、ごま油と豆板醤(省略可)を入れてよく混ぜる。
3.皿に付け合せ(キュウリの千切りを敷きましたが、トマトなどを添えてもよいでしょう)と千切りにした蒸し鶏を盛り付け、2のタレをかけて出来上がり

美味しいビールを飲んで下さい!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

訃報・阿久悠さん死去

作詞家の阿久悠さんがお亡くなりになられました

勝手にしやがれ・UFO・津軽海峡冬景色・みずいろの手紙・また逢う日まで・居酒屋・林檎殺人事件・北の宿から・わたしの青い鳥・青春時代…40代・50代のオッサン・オバハンでしたら、30年経った今でも『カラオケ歌え!』と言われたら10曲は歌えるでしょう
70年代を代表する作詞家でした
歌謡曲の作詞家と言えば、誰でも最初に名前が浮かぶ方なのではないでしょうか?

また、もうすぐ選手権が始まりますが、ABCの放送で流れる【君よ八月に熱くなれ】も、手がけられた曲です

歌を聞くとその時代のことを連鎖反応で思い出すという方は多いと思います
そんな数々の名曲を世に送り出された阿久悠さん、たくさんの思い出をありがとうございました

ご冥福をお祈り申し上げます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »