« やっと彼岸花 | Main | おつかれさま、佐々岡真司投手 »

おつかれさま、関川浩一外野手

イーグルスの関川外野手が今シーズン限りでの引退を発表しました

関川選手は暗黒時代にどっぷり浸かり始めた90年ドラフト2位で捕手としてタイガースに入団。毎年2割代後半~3割の打率を残す確実性の高い打撃でチームの中心選手となりました。
しかし、捕手としては山田捕手(現イーグルスコーチ)らとの併用が続き、打撃を生かすために時には外野を守ったり中途半端な部分が多いタイガース時代だったと思います。

97年オフに関川・久慈⇔大豊・矢野のトレードでドラゴンズに移籍。
ドラゴンズ移籍後は外野手一本で活躍し、99年には.330の打率を残しベストナインにも選ばれました(この時は『大失敗トレードや(-_-メ』と思いました…)。その後も中心選手として活躍しますが、後年は腰のケガや若手の台頭で出場機会が減り、04年に12試合出場・ノーヒットに終わると、05年には新球団・イーグルスへ移籍。
全盛期の力は無いものの、シュアな打撃は健在で、3割近い打率を残してきました。

引退後の進路については、『まだシーズンも残っている。個人のことよりチームを優先してずっとやってきた。終わってからゆっくり考えたい』とのことです。

ドラゴンズとの交換相手が、同じように捕手として中途半端な状況だった矢野(当時は中村武が正捕手)。その矢野はタイガースで捕手として開花し、タイガース歴代5指に入る捕手に成長。移籍後パッと開花したかに思えた関川はチームを転々。トレードって、行った先の状況、どんな指導者と巡り合えるかetcで選手の運命って変わるなーと感じるトレードでした。

今後も何らかの形で野球に携わってもらいたいです。
おつかれさまでした。

引退試合のスピーチ(関川外野手・吉田投手)
引退記者会見(関川外野手・吉田投手)

|

« やっと彼岸花 | Main | おつかれさま、佐々岡真司投手 »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

阪神タイガース」カテゴリの記事

Comments

突然涼しくなりましたね

川崎まりんずさん
タイガースファンは1週間ほど前に燃え尽きました(-_-メ
テレビもラジオも拒否する辛い日々が続きました
昨日勝ったことを知りませんでした(^^ゞ

きぃちゃん
当時の矢野は中村がいて出番は限られ、打力を生かすために外野手としても多々出場していた中途半端な状態
同じような状況だった関川はドラゴンズで外野手一本に切り替えてレギュラーに
一方の矢野は捕手として成功
不思議な人生の双曲線です

タイガースへやってきてさらにステップアップして一流になった選手としては真弓さんと双璧やないかな、矢野は

Posted by: シルク@仕事せな | September 29, 2007 at 10:04 AM

関川くん引退なんや・・・

なんかこのトレードって複雑で・・・

この4人、みんな好きだったからなぁ~

今でゎ矢野様らびゅですし(はぁと

星野さんゎ、このまま矢野様ゎドラにおいてても勿体なぃから

トレードで出したって言ってはったゎ。

関川くん、お疲れ様でした。

Posted by: きぃ | September 28, 2007 at 11:54 PM

「闘志あふれるファイター」ですか。当時も見たかったですね。
なんせ、この10年はパしか見てないし(爆)

ふふふ、働く母はこんな時間までパソコン抱えて遊んでます。
この一週間、優勝争いに巻き込まれてすっかりテンションが上がって、睡眠時間が・・毎日4時間。
ま、好きなことやってるので苦ではないんですけど、シーズン終わってから反動が来そうです・・

Posted by: 川崎まりんず | September 28, 2007 at 10:25 PM

川崎まりんずさん


セリーグ時代の関川は【闘志あふれるファイター】という雰囲気を出していましたが、イーグルスに移って変わりましたね

顔も穏やかになったような気がします
引退のコメントの中にある『個人のことよりチームを優先してずっとやってきた』という部分に、移籍してからの心境が現れている気がします
それによって、自分も変えていったのかと

しかし、フルタイム働くお母さんとは思えない書き込み時間ですね(^_^;;;

Posted by: シルク | September 27, 2007 at 09:01 PM

関川も私と同年代・・・もはや貴重な同年代がまた一人引退と聞くと寂しさひとしおです。
正直、あんまり印象に残る選手という訳じゃありませんでしたが、思いのほか外野が上手かったので、個人的には出てくると何となくチェックでした。

Posted by: 川崎まりんず | September 27, 2007 at 01:51 AM

>『そこまですると、タイガースがタイガースでなくなる』
>と言うたそうで(^^;
久万オーナー、なかなかエエ事言いますな
矢野のことを考えたら、正しい判断だったでしょう
まさかここまで化けるとは

でも、前年ノーヒットで新球団へ移籍した時、『行っただけで終わるんやないかいな?』と思いましたが、さすがは関川
規定打席は遠かったけど、しっかりと2割台後半の数字でまとめてきましたね

Posted by: シルク | September 26, 2007 at 09:31 PM

関川・久慈⇔大豊・矢野のトレードですが。
当時、タイガース側が『矢野やなしに中村くれ』と申し入れた所、
ドラゴンズ側が『ほな桧山も付けてくれ』と言うたらしいですな。

関川・久慈・桧山⇔大豊・中村ですわ。

時の監督のヨッさん、大乗り気やったそうですが、
久万オーナーの一声でポシャッたらしいですな。
『そこまですると、タイガースがタイガースでなくなる』と言うたそうで(^^;

今となっては正しい判断だったんでしょうかねえ。

Posted by: スチャラカ次長 | September 26, 2007 at 03:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/16566525

Listed below are links to weblogs that reference おつかれさま、関川浩一外野手:

« やっと彼岸花 | Main | おつかれさま、佐々岡真司投手 »