« おつかれさま、石井貴投手 | Main | スプリンターズステークス(G1) »

おつかれさま、水口栄二選手

バファローズの水口内野手が会見を開き、今シーズン限りでの引退を発表しました

水口選手は松山商業から早稲田大学を経て91年ドラフト2位で入団。堅実な内野守備と高校時代から折り紙付の素晴らしいバットコントロールで内野のレギュラーとして活躍しました。
大阪ドームへ観戦に行くと、よく打ってくれたのが水口と的山。小柄で非力に見えますが、どうしてどうして勝負強い打者です。

水口で忘れられないのは松山商業時代。
86年の選手権は水口の松山商業と、中村・山下・北浦らの好打者を擁する天理の激突。
いつもエエとこまでいきながら優勝できない天理を応援していました。
が、天理のエース(本橋投手?)は故障で満足な投球の出来ない状態。2年生の投手と交代で投げながらようやくたどりついた決勝戦という感じでした。
【堅い守りの野球】というイメージの松山商業、この年は水口を中心に打撃好調。
『初優勝は・・・』と思いました

決勝は営業車のラジオで聞きました
死闘を制して天理の初優勝
しんどい試合でした
水口は、最高最大の敵でしたわ

通算成績は1560試合出場・1213安打、打率.269・53本塁打・417打点
引退後はコーチに就任することが内定しているようです

高校生からプロまで、20年以上素晴らしいプレーを見せてくれて、ありがとう!水口!

|

« おつかれさま、石井貴投手 | Main | スプリンターズステークス(G1) »

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

>軻遇突智さん

はじめまして
コメントありがとうございます

本橋投手については、潰したのかどうかというと?な部分もあるかと思います
選手の故障度合などからドクターストップのようなものを取り入れたのは沖縄水産の大野倫投手の後からだったと記憶してます
本橋投手が『投げる』と言ってもストップをかけなかったのですから、潰したと言えば潰した事になるのかもしれませんが

でも、本橋投手が『コレで終わってもいい』と思ってマウンドに上がったのであれば、それはそれで満足しているのではないかと思います

【エース級を複数揃えて勝ち抜く】という図式が一般化するのは、この翌年からですね
(野村・橋本・岩崎のPL学園が優勝)

ブログ拝見させて頂きました
写真がキレイですね
デジカメですか?
リバーサルフィルムからダイレクトプリントしたかのような発色で、目を見張りました

Posted by: シルク | July 07, 2009 12:04 AM

本橋さんは、甲子園での無理をおした力投のため、野球生命が断たれ、草野球すらできない状態だそうです。早稲田では一試合だけ出たそうですが、ほとんど投げれなかったのではないか、と思います。ただ、それで、ドロップアウトすることなく、卒業され、就職されたことが救いです。当時の橋本監督は同級生の父親ということで本橋さんの話は聞いたことありますが、彼が見た中では随一だ、といってましたね。でも、勝つためとはいえ、指導者としては、本橋さんをつぶしたことは、落第ですね。

Posted by: 軻遇突智 | July 06, 2009 01:23 PM

川崎まりんずさん

マリーンズは垣内や井上も戦力外だそうですね
今日、出ていた選手でも加藤と迎は【残留最終試験】みたいなイメージがありますし

優勝争い・日本一争いの裏で【もう一つの正念場】です
が、伊藤敦みたいにトライアウトから這い上がってくる選手もいます

みんな、頑張って!

Posted by: シルク | October 03, 2007 10:40 AM

そういう訳で、今日は大阪ドームだったのですね。
この時期、寂しいニュースが続きますね・・・

Posted by: 川崎まりんず | October 02, 2007 11:44 PM

ぼぶさん
忘れちゃいけない、今年も【乱戦の方程式・TKOKYK】として健在の小宮山を
来年はどうするんでしょうね、小宮山

水口は30歳を過ぎてから勝負強さが出てきました
近鉄バファローズは【いてまえ】の打撃偏重チームですが、水口や新井さんのような、長いのは打てなくても確実に次につなげる打者もいてました

コーチとしても頑張ってもらいたいです

Posted by: シルク@仕事せな… | October 01, 2007 05:11 PM

>>天理のエース(本橋投手?)

その本橋も早稲田大学にスポーツ推薦で入学しました。ケガが癒えなかったのか登板する機会はなかったと思います。

ぼくが在学している頃とかそれから何年かは、甲子園で活躍した選手は入学するものの、物にならない選手が多くてねぇ(例:取手二・石田、仙台育英・大越etc.)(-_-;) 今は野球部の環境も変わったようですけど。

あの年代の早稲田出身で長くプロで活躍できた選手も少なくて、水口選手たいしたもんだと思います。またいい選手を育てて下さい。

Posted by: ぼぶ@豊橋 | September 30, 2007 10:26 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おつかれさま、水口栄二選手:

« おつかれさま、石井貴投手 | Main | スプリンターズステークス(G1) »