« 阪神カップ(G2) | Main | 情けないコメント »

訃報・島野育夫さん死去

南海ホークスの外野手として最後の優勝に貢献し、現役引退後は星野一家の参謀として活躍した、島野育夫・前タイガースコーチが亡くなられました

以前から『もしかして…』という記事が幾度となく出ていたので、『やはり…』というのが訃報を聞いた際の印象でした

島野さんは栃木県の作新学院で甲子園に出場(1学年下がオリオンズの主力投手だった八木沢さんの学年で、春夏連覇を記録しています)
ノンプロ経由でドラゴンズ入団。68年シーズン中にトレードでに南海ホークスに移籍。73年、南海ホークス最後の優勝時には打率.252ながら61盗塁を記録してパリーグ盗塁数2位を記録(何でこれだけ走って2位か?…【世界の福本豊】が【95】も走っていたのですな)。南海ホークス最後の優勝(プレイングマネージャーだったのが野村さんです)に貢献しました。

75年オフに江夏さんと江本さんを軸としたトレードでタイガースに移籍して80年まで現役。引退後はタイガース・ドラゴンズでコーチを務めておられました。

ここから追記です

島野さんの現役時代の記録は
1466試合/3029打数733安打/24本塁打/211打点/251盗塁(歴代37位)/打率.242
ゴールデングラブ:73・74・75年(パリーグ・外野手)

また、73年の61盗塁はシーズン記録としては22位タイですが、クイックモーションが開発されけん制の精度が向上した【福本豊以後】の選手としては
松本匡史 (ジャイアンツ) 76 (1983年)
高橋慶彦 (カープ) 73 (1985年)
高橋慶彦 (カープ) 70 (1983年)
赤星憲広 (タイガース) 64 (2004年)
松井稼頭央 (ライオンズ) 62 (1997年)
に次ぐ立派な記録であります。73年というのは、前年に福本さんがシーズン盗塁世界記録を樹立し、野村さんが『こらアカンで』とクイックモーションを開発し始めた頃(つまり、他チームはまだまだクイックに取り組んでいなかったと想像される)なので、正確には【福本豊以後】とは言えないかもしれませんが。

『鬼軍曹』といわれ、現場に睨みをきかせるのが仕事と自ら言っておられたようですが、にらむだけでなく時には手も出るようで。82年には横浜球場のホエールズ戦で藤田平さんの打球の落球を巡って審判に暴行を働き、無期限出場停止となった事もありました。
また、暗黒時代に一瞬だけ夢を見た92年、ラッキーゾーン撤去・大石コーチが投手陣を整備・亀山のヘッドスライディングと新庄&久慈の守備的貢献などがキーワードとして挙げられますが、この年に島野さんはタイガースのコーチとして復帰されているのですね。成長途上の若い野手をしごいたのは島野さんだったかもしれません。

関係者コメント

岡田監督
中村コーチ
金本
ジャイアンツ・大西スカウト&イーグルス・関川コーチ
安藤
藤本
桜井
杉山・渡辺・庄田
赤星

アカン、涙がとまらん…仕事中にこんなことするんやなかった

牧野さん(川上さん)・ブレイザー(野村さん)・関口さん(西本さん)・島野さん(星野さん)…何故か参謀が先に逝ってしまうのは、それだけ厳しい仕事だからなのでしょうか?
タイガースに厳しさを植えつけ、選手をやさしく見守ってくれた鬼軍曹、天国でのんびりと野球を楽しんで下さい
ご冥福をお祈り申し上げます

|

« 阪神カップ(G2) | Main | 情けないコメント »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

阪神タイガース」カテゴリの記事

Comments

妃垣俊吾さん
ホンマに、色々な選手・OBのコメントを読むたびに、精神面での大黒柱だったのではと感じます
【参謀】というと、作戦・戦術面と思いがちですが、こういう参謀もアリなんやなーと感じました

Posted by: シルク@仕事せな… | December 19, 2007 at 07:33 PM

本当に若すぎますね。北京五輪でも星野監督の参謀としてベンチに入ってほしかったです。島野さんのおかげで大きくなった選手は数え切れないほど、いることでしょう。本当にお疲れさまでした。ご冥福をお祈りしたいと思います。

Posted by: 妃垣俊吾 | December 19, 2007 at 03:51 AM

姐さん
そうですね、それほど甘い世界ではないですが、プラスアルファの何かが選手たちの中に根付いてくれたらと思わずにはいられません

Posted by: シルク | December 19, 2007 at 12:10 AM

ユニホーム姿の選手が棺を担いだのね。
こんな悲しいユニホーム見たくないよぉ・・。でも、野球をやってた人を見送るに相応しい服装なのかな。

人の死をバネにして勝てるほど勝負の世界は甘くはないでしょうが、それでも思ってしまう。
日本一になってよ、タイガース・・って。

Posted by: おりがみ | December 19, 2007 at 12:03 AM

と言いながらコメントを書いていてよいものか?

中村豊のコメントを見ていたら涙が止まらんようになってきましてね

中村には悪いけど、正直な話下柳のオマケみたいな形でタイガースへやってきて
2年目は3試合しか出番がなく、ノーヒットやったんですな
レギュラーで出られる道は0.000000…1%、今年ダメなら間違いなくクビ
重圧に押しつぶされてもおかしくない状況の3年目の中村が、島野さんの言葉で救われて、それが感動の9.07につながったとしたら(帰りの車でラジオを聴いていましたが、どのあたりを走っている時に窓から腕を突き出してガッツポーズをしたか、今でもハッキリ覚えています)

居場所を見つけた中村はコーチの道が開けるのですから、島野さんの一言は大きかったと思います

中村は【「(今季で自身は現役を引退したが)控え選手にありがたい存在だった。『お前らがいるから、レギュラーは思い切ってやれる』と言われました。最高のコーチ像だと思います」】とコメントしているのですが…

島野さん…あなたがいたから星野さんや岡田さんは思い切ってやれたんですよ

中村、遺志を受け継いで、タイガースに欠かせない、タイガース以外のチームからも声のかかる立派なコーチになれよ
それが、生前の恩に報いることになるんやで

Posted by: シルク@爆発寸前 | December 18, 2007 at 06:18 PM

誠に残念でなりません。

島野氏がコーチ(二軍監督)を務められたのは、
第1期 昭和55年~59年
第2期 平成4年~6年
第3期 平成14年~15年
第4期 平成17年~19年
ですが、この間タイガースの最下位はありません。

文字通り、タイガースにはなくてはならない方だったのであります。

Posted by: スチャラカ次長 | December 18, 2007 at 12:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/17379683

Listed below are links to weblogs that reference 訃報・島野育夫さん死去:

» 訃報、相次ぐ。 [マルの素]
島野さん、ありがとう。 [Read More]

Tracked on December 16, 2007 at 11:28 PM

» 名参謀の死〜球界訃報情報07−33 [虎哲徒然日記]
島野 育夫さん(しまの・いくお=元プロ野球選手、コーチ)が15日、胃がんで死去、63歳。栃木・作新学院高、社会人の明電舎を経て63年に中日入団。68年途中から南海、76年には阪神に移籍し、俊足強肩の外野手として18年間で計1466試合に出場した。  引退後...... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 09:23 PM

« 阪神カップ(G2) | Main | 情けないコメント »