« 行きたかった… | Main | 京都牝馬ステークス(G3) »

プレイバック~1978.03.30 偏差値70のクール投球

やった! 小さな大投手・松本 半世紀を飾る夢の大記録
第50回センバツ高校野球 4日目

比叡山 000 000 000|0
前 橋 000 100 00X|1

前橋・松本投手が素晴らしい記録を樹立した。比叡山は最終打者に代打を送ったが、投ゴロに打ち取られて完全試合。一球々々慎重に投げる松本は、スローカーブを実にうまく使った。内外角への直球も低めによく決まり、比叡山打線は狙い球を絞れなかった。
試合は前橋が4回、相沢の中前打、松本の四球で無死1・2塁とし、佐久間が3塁強襲安打してあげた1点で決まった。前橋は1・6回に得点圏へ走者を送ったが、比叡山の攻守に阻まれ、松本の投球がすべてのゲームだった。比叡山は松本に常にストライクを先行されるピッチングだったから、もっと積極的なバッティングがほしかった。
比叡山の吉本もよく投げた。ピンチにも少しも動じない態度は立派で、前橋打者もしばし意表をつかれた。思い球質の速球をビシビシ投げる内容は松本と対照的で、大記録が生まれるのにふさわしい見ごたえのある投手戦であった。

比叡山
(8)中林
(9)根上
(6)蔦
(3)松川
(9)萩
(5)堀
(7)山本直
(2)大坪
(1)吉本
H 時田

前橋
(5)川北
(6)堺
(9)相沢
(1)松本
(3)佐久間
(2)高野
(7)石井
(8)茂木
(4)田口

打者27 投球数78 三振5 外野飛球3 内野飛球2 内野ゴロ17

毎日新聞縮刷版より抜粋

ヒデさんのブログでセンバツの話題になり、【春の好投手と言えば?】と、思いついたのがこのゲーム
松本投手は身長168センチ・体重63キロ、参加校の投手の中でもっとも小さい投手でしたが、テンポよく投げて、あっと言う間に春夏通じて初の完全試合を達成してしまいました。
卒業後は筑波大学に進学し、現在は母校の体育教師をされています。監督としても前橋中央高校・前橋高校と2つの高校で甲子園出場を果たしています。
時々、中継の解説者として見かけますね。

|

« 行きたかった… | Main | 京都牝馬ステークス(G3) »

プレイバック」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

Comments

This is really attention-grabbing, You're an overly skilled blogger. I've joined your rss feed and sit up for in search of extra of your great post. Also, I've shared your web site in my social networks

Posted by: Racing Rivals Hack | December 06, 2014 at 02:33 PM

大阪は雪が舞っていて寒いです
そちらはいかがですか?

この試合はテレビで見ていました
高校1年生が終わった春休みでした
公立高校というのは大記録の相手方になることがよくあるのですが(名電の工藤にノーヒットノーランを食らった長崎西高校も県下有数の県立進学校です)、内野ゴロの山を築いて作った大記録という表現に、守備が冷静だったことが表れていますね

松本さんは、今は指導者としてかつやくされていて、高校野球の中継の解説者として時々おみかけしますね

Posted by: シルク@仕事中 | February 03, 2008 at 10:26 AM

偉大な記録ですよね。守備の方々だって、最後の方は緊迫していたことでしょう。松本さんの心理状態とか、想像すればするほど、すごいなぁって思います。懐かしい記録、ありがとうございました。

Posted by: 妃垣俊吾 | February 03, 2008 at 03:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/17911081

Listed below are links to weblogs that reference プレイバック~1978.03.30 偏差値70のクール投球:

» センバツ出場校決定 [ヒデのHナBLOG]
春の季語、センバツの出場校が決定しました。 出場校はこちらを。 イヤ間違えた(^ [Read More]

Tracked on February 01, 2008 at 09:46 AM

« 行きたかった… | Main | 京都牝馬ステークス(G3) »