« January 2008 | Main | March 2008 »

訃報・江藤慎一さん死去

プロ野球史上唯一の両リーグ首位打者に輝き、ドラゴンズ・オリオンズなどで活躍した江藤慎一さんが亡くなられました

江藤さんは熊本商業(ライオンズ黄金時代の切り込み隊長=トップバッター・高倉照幸さんが3学年上です)からノンプロ・日鉄二瀬(カープ黄金時代の監督・古葉竹識さん・東映フライヤーズ初優勝時に3割を打って貢献した吉田勝豊さん・『円城寺 あれがボールか 秋の空』の導火線となる落球をしたホークスの寺田陽介さんなどが所属していました…個性あるチームやなー)を経て1959年にドラゴンズに入団。
初年度、130試合に出場して.281(ベストテン6位)の成績でレギュラーを獲得。64・65年には2年連続で首位打者を獲得(降した相手はどちらも全盛期の王さん)するなど、ドラゴンズの中心選手として活躍しました。

70年、ノンプロ時代からの恩師・濃人渉監督のオリオンズへ移籍。この年は72試合の出場にとどまったものの、オリオンズは10年ぶりに優勝(私が記憶している最古のパリーグ優勝チームです。江藤さんの他に、野手ではアルトマン・ロペス・有藤さん・山崎さん・池辺さんの20発5名を揃えた強力打線、投手は成田さん・木樽さん・小山さん・八木沢さんがおられました)。翌71年には.337で3度目の首位打者獲得。両リーグで首位打者を獲得したのは江藤さんただ1人です。

しかし、濃人監督が放棄試合をきっかけに大沢監督と交代したのをきっかけに翌72年はホエールズへ移籍。75年には太平洋クラブライオンズへ選手兼任監督(稲尾さんの後任)として移籍しました。チームは前期後期通算で3位となり、太平洋クラブ初のAクラス入りを果たしました。代走・守備固め中心ながら78試合に出場してプロでやっていくキッカケを掴んだ真弓さんは、江藤さんが引き上げた選手でした。
翌76年、オリオンズを最後に現役を引退。

通算成績
2084試合(歴代27位)/7156打数(歴代28位)2057安打(歴代28位)/ 274二塁打/15三塁打/367本塁打(歴代19位)/1189打点(歴代18位) /67犠飛(歴代16位タイ)/ 761四球(歴代38位タイ) /58死球/752三振/186併殺打(歴代22位)/ 打率.287
首位打者3回・ベストナイン6回

近年は長い入院生活が続き、野球関係者の見舞いも断っていたそうです。
お酒の好きだった江藤さん、天国で一杯やりながら、のんびりと野球を楽しんで下さい。
ご冥福をお祈りします。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

頑張れ、藪

藪、どうしているんだろうか?と、ずっと思っていたのですが、こんなニュースを見ました

メジャー復帰に「王手」…空白の2年間は「充実」

去年はどこのチームにも所属せずにアメリカでトレーニングしていたんですね
メジャー復帰までもう少しのところまできているようです
元気そうで、安心しました

暗黒時代のローテ投手はマイク・湯舟・中込・葛西といったメンバーですが、規定イニング到達7度はトップです(マイク=5回・湯舟=6回)
文字通り、暗黒時代を支えたエースでしょう
2003年、8勝を挙げて18年ぶりのVに貢献、2004年シーズン終了後にメジャー行きを宣言
タイガースでの成績は
268試合登板/84勝 106敗/13完封勝利/勝率.442/投球回数1644.2/1029奪三振/防御率3.57

シーズンが始まったら、エエ知らせ聞かせてや
待ってるで!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

白星発進~でも喜んでたらアカン

いよいよオープン戦が始まりましたね
週ベの選手名鑑に続いて、いつもの年と同じようにニッカンのポケットサイズの選手名鑑も購入して、いつでもシーズン開幕ウェルカム状態です

タイガースはオープン戦の緒戦を見事に白星で飾りました
が、手放しでは喜べない

スコアはこちら

2番手の高木を攻めて5点取ったのは、貧打に泣くチームとしては嬉しい
が、この日投げたバファローズの投手の中では一番下のレベルの投手(とはいえ、ローテに入っていた時期もあり、太陽や岩田よりは上です)
昨年、岸田とともにブレイクのキッカケを掴んで、『オープン戦次第ではもしかしたらデイビー・川越を蹴落として開幕投手かも?』という金子には2安打4三振(開幕候補・平野を忘れていました(^^ゞ スマン、平野m(__)m)
リリーフエースの加藤、勝ちゲームの中継ぎ投手を予想される本柳・菊地原の3人から1安打3三振
タイガースのスタメン選手のうち4人(赤星・鳥谷・今岡・新井)はケガさえなければ全試合スタメンで出る選手、他の5人も、何試合かはスタメンで出る可能性のある選手。これに対して、バファローズで出場した全ての野手の中で99%開幕ベンチから漏れる可能性のない選手は大引だけ。半数以上は開幕ベンチにいないでしょう。この時期にこのクラスに打たれる投手はまず開幕ベンチには残れません。もう一度オープン戦でチャンスをもらえるかどうかも???
坂・大城・庄田・浅井・桜井といった若手はバファローズの1軍クラスに手も足も出ずノーヒット

誰か一人くらい、若い野手が出てきてもらわな困るねんけど…

| | Comments (3) | TrackBack (0)

フェブラリーステークス(G1)

今年最初の中央G1はダートのフェブラリーステークス
最初の頃は【チョイ荒れ】が多かったのですが、最近は本命サイドで決まることが多いですね
昨年こそ、1番人気の1番人気のシーキングザダイヤが掲示板外へぶっ飛びましたが、それまで5年連続連対でした。その昨年も2・3番人気のワンツーでしたので、あまり極端な穴狙いには向かないでしょう。
番組改定などでダートレースが充実してきて、最初からダート路線でG1を目指す馬が増えてきているのでしょうかね。

◎16ワイルドワンダー/岩田
○4フィールドルージュ/横山典
▲8ロングプライド/ペリエ
△15ヴァーミリアン/武豊
△10ブルーコンコルド/幸
×9メイショウトウコン/武幸

皐月賞馬ヴィクトリーが参戦してきました。過去に【ダート経験ゼロ】で連対した馬はゼロ、馬券対象になったのもトゥザヴィクトリーのみです。ただ、ヴィクトリーの父はブライアンズタイム。タイムパラドックス・トウホウエンペラー・フリオーソと、ダートG1ホースを3頭送り出しているので、取捨選択に悩みます。

ヴァーミリアンが抜けた1番人気なのですが、前走取消し(飛節炎)の影響はどうなのでしょうかね?

結果:ワイド1点的中で元返し(^^ゞ

| | Comments (6) | TrackBack (2)

牛肉のオイスターソース炒め

中華料理の定番メニューですが、意外と簡単に作れます
冷蔵庫にパプリカが少し残っていたので投入しました
色取りが良くなって食欲をアップさせますね

Gyuniku_oisuta

1.スライスした牛肉を1センチ程度の幅に切り、全体に小麦粉をまぶしておく(これ、重要)
2.野菜も牛肉と同じく1センチ程度の幅に切りそろえる。シメジはサッとボイルしておく。
3.中華鍋にサラダ油を熱し、まず牛肉を投入して炒める
4.7割方火が通ったら野菜を入れて炒める
5.オイスターソースを全体に絡めるように炒めて出来上がり

牛肉に小麦粉をまぶすことで肉の旨味を閉じ込めると同時にオイスターソースの味がしっかりと付きます。ほんの1工程で味が全然違いますので、試してみてください。
野菜は他にセロリ、グリーンアスパラガスなども合います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイヤモンドステークス(G3)

ステイヤーズステークスの次に長いマラソン重賞
過去10年で馬連万馬券4発、1番人気で連対したのはわずか1頭、トップハンデは2度連対しただけで、5頭が掲示板外へ

今年も荒れそうですね
府中で2つ以上勝った経験のある馬は惨敗続きのチェストウイングのみ
現在1番人気のアドマイヤモナークは府中0003で左回りも1014と不安要素タップリ

◎10ブラックアルタイル/吉田隼
○9エイシンダードマン/松岡
▲8アドマイヤモナーク/安藤勝
△12エフティカロス/蛯名
△5チェストウイング/田中博

結果:軸失踪(-_-メ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

きさらぎ賞(G3)

予定通りサダムイダテンは馬群に沈んだ共同通信杯
そろそろ主役が見えてこないと困るのですが(見えてこないと馬券は面白くなりますが(^_^;;;)

ブラックシェルが圧倒的な人気ですが、どうでしょうかね?

◎11レッツゴーキリシマ/幸
○13アルカンザン/池添
▲2ブラックシェル/武豊
△14ダイシンプラン/岩田
△10ヤマニンキングリー/藤田

結果:ダート馬で走るな、ペリエ(-_-メ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

成瀬はMAX136

2/15のデイリーの裏1面、江夏さんと成瀬の対談が出ていました
平均すると、ストレートで135~6キロ程度なんですね
『今年は常時140キロ出したい』と

136キロだったら、暗黒時代のタイガースの投手でも出せてたやん…などと、低次元な発想が(-_-メ

やはり、横浜高校でピッチングのコツは掴んだようですね
それを、プロに入ってから進化させたと

で、デイリーの表1面は何かと言うと…
【矢野が正座説教! 筒井に喝!!】
変な意味で目立ってしまいましたからね>筒井(ファイターズの中田に特大の一発喰らう)
ナンボ140キロ出てもアカンもんはアカンのか(-_-;

もう少し景気のエエ記事になってーな>タイガースの若手選手

今年は成瀬の予告先発を狙って見にいかなアカンなー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プレイバック~1973.8.10 打倒・怪物江川(1)

江川卓 1955年5月25日生 
この投手を中心にこの年の高校野球界は動いていたと言って過言でなかったでしょう
全国の指導者が【打倒・江川】を目標に掲げ、策を練っていたと想像できます

センバツは準決勝で広島商業の伝統の前に2-1で敗れた作新学院
江川さんは予選栃木県大会において、5試合44回を投げ被安打2…、奪三振75という記録を引っさげて甲子園へやってきました

初戦の相手は福岡県代表の柳川商業(現・柳川)
真弓さんに若菜さん、久保コーチ、林の母校としてタイガースファンにはおなじみの伝統校ですが、この時は10年ぶり2度目の出場でした。若菜さんはライオンズ(この年から【太平洋クラブライオンズ】)の2年目、高卒時にプロに指名されなかった真弓さんは電電九州を経由しての入団でルーキーでした。

日本中が、『江川、何個三振取るやろか?』だけを楽しみに観戦していた事でしょう
が、柳川商業は作新・江川にしぶとく食い下がります

激闘15回 作新サヨナラ 捕手落球、決勝点拾う

柳川商業 000 001 000 000 000  |1
作新学院 000 000 100 000 001X |2 (延長15回)

柳川商業
(遊)吉田
(左)古賀
(中)松藤
(一)徳永
(右)坂口
 右 菊次
(捕)三宅
(二)東
(三)遠竹
(投)松尾

作新学院
(右)和田
(二)菊池
(投)江川
(捕)小倉
(左)橋本
(一)鈴木秀
(中)野中
(遊)鈴木和
(三)荒田

本大会屈指の好投手江川の右腕が注目された。柳川商は1番の吉田が初球からバントの構え、そしてヒッティングに出て右翼へいい当たりを放った。ミートの正確さを考えたもので、中心打者を除いたほとんどがこの打法で江川に食い下がった。この狙いは4回、吉田と古賀の連安打で功を奏し、6回に先取点となって実った。2死後、古賀が三塁強襲安打に出ると松藤が2-3からの真ん中直球を右中間に3塁打した。
江川はよく三振を取っていたけれども、バックスイングにためがなく、上体のキレがにぶかった。このため球筋が高く、春ほど速球にノビがなかった。そのうえ『打てるものなら打ってみろ』といわんばかりに速球で勝負する単調なピッチングだった。もしも後半に見せたように、カーブを交えた慎重なピッチングをしていたらピンチは防げたかもしれない。
走者を出しながら中途半端な攻めで点の取れなかった作新学院は7回、野中安打、1死後荒田のバントを一塁に悪送球した捕手の失策から内野ゴロで同点に追いついた。力投する柳川商の松尾には気の毒な失点だった。
同点になってから試合内容は作新学院の押し気味に変わった。好打していた柳川商の打者がミート主体から大振りになったことと、『これではいかん』とばかり、江川がカーブを使って慎重な投球を見せたからだ。作新は9回・12回とも1死満塁。14回は江川の3塁打でサヨナラ勝ちの場面をつかんだが、柳川商の中堅手が投手と3塁手の間に位置する【変則シフト】に惑わされ好機を潰した。
こうした接戦も15回、あっけない幕切れとなった。作新は死球とバント野選がからんだ2死1・2塁に和田が中前安打、この返球を捕手がはじいた。もし完全に捕球していたら、作新の決勝点はなかったかもしれない。それにしても、松尾の力投を基盤に作新と堂々とわたりあった柳川商の健闘は見事だった。

毎日新聞縮小版より抜粋しました

私が小学校6年生の時でした。この試合はなぜかよく覚えていた…つもりだったのです。ピンチになったら塁を詰めてしのいでいた事を。でも、センターが投手と三塁手の間まで出てきたことや、バントの構えからミートしてきたことなんて、全然記憶にありませんでした。人間の記憶なんてエエ加減なものですね。

試合開始14時5分、柳川商業のトップバッターがいきなりバントの構え。そして試合終了17時15分。善戦実らず敗れた柳川商業への賞賛の拍手は作新学院へのそれよりも数倍大きくこだましたと書かれています。

| | Comments (1265) | TrackBack (1)

共同通信杯(G3)

1年で3度も降雪中止なんて、近年ありましたっけ?
猛暑の後に秋をすっ飛ばして真冬がやってくると言われてましたが、その通りですね

【続行競馬】の京都は投票やり直し、【代替競馬】の府中は投票やり直しせず
混乱しますね

◎16ホッカイカンティ/石橋脩
○13ノットアローン/上村
▲10サダムイダテン/安藤勝
△6ショウナンアクロス/吉田豊
△15サブジェクト/ペリエ

『もう共同通信杯なのにクラシック候補が見えない』というコメントが多々見られます。が、99年の皐月賞馬・テイエムオペラオーの初勝利は2月1週、97年ダービー2着&有馬記念馬のシルクジャスティスにいたっては3月3週に7戦目でようやく未勝利脱出。
まだまだ隠れた実力馬はいるでしょう。
過去10年は比較的平穏に収まることが多く、2ケタ人気で馬券対象になったのは3頭だけ(99年は2頭突っ込んできて大荒れ)。また、1~3番人気が全滅したのは99年のみ。1番人気は5-2-0-3と、信頼できそうです。

結果:話にならん(-_-メ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

根岸ステークス(G3)

雪のため開催中止となった日曜日の府中開催、投票やり直しをせずにそのまま実施されます

◎4ワイルドワンダー/岩田
○14アドマイヤスバル/村田
▲15メイショウバトラー/武豊
△6トーセンブライト/柴田善
△2エイシンロンバード/横山典
×7マイネルスケルツィ/松岡

データ、実力と勢い、すべてにおいてワイルドワンダーだと思うのですが、『勝負は次』と言うトラックマンが多いのが気がかりです
前走、初ダートで勝ったマイネルスケルツィですが、一気に相手の強くなるここではどうでしょう?
ここで勝ち負け出来るようなら先々が楽しみです
印の回らなかった馬にも怖い馬多数
混戦ですね

結果:(予定外の馬のおかげで)枠連的中(^^ゞ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

京都牝馬ステークス(G3)

寒いですね
大阪もうっすらと雪が積もっています
府中は開催中止だそうで

このレースもどうなるやら…

◎3アドマイヤキッス/安藤勝
○5ザレマ/和田
▲14ブルーメンブラッド/ルメール
△10ランペイア
△13コスモマーベラス/四位

サンデーサイレンス産駒が強く、過去10年で6勝9連対
ただ、1番人気が苦戦しておりまして2-0-2-6

『掲示板には載るが…』という状況の続くアドマイヤキッスですが、軸にします

結果:枠連的中\(^_^)/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »