« 桜花賞(G1) | Main | 35年前のプロ野球~セリーグ<一部追記> »

35年前のプロ野球~パリーグ

江川さんの記事を書く際に一緒にコピーをとっておいた資料からの引用です
なんだか、ずいぶん昔ですよね
すでに鬼籍入りされている方も何人かおられますし、チーム名も『は?』というチームがあったり

まずはパリーグ、優勝チームに敬意を表してホークスから
記事は朝日新聞縮刷版1973.8月からの引用です

☆南海、新美たたき3連勝・大杉の通算250号実らず☆
(大阪)観衆7,100
日拓 000 010 040|5
南海 000 501 10X|7
勝:村上1勝1敗/敗:新美6勝7敗/本塁打:大杉19号

日拓ホームフライヤーズ
(二)  大下
(三)  阪本
 打   三沢
(左)  張本
(一)  大杉
(右)  鴨川
打右  高橋博
(捕)  加藤
(中)  白
(遊)  レドモン
(投)  新美
 投   山崎
 打   作道
 投   藤原
 投   中原勇
 打   中原全
 投   森中
 打   岡村
 走   大室

南海ホークス
(中)  島野
(二)  桜井
 走二 柏原
(右)  門田博
(捕)  野村
 走左 堀井
 打   林
 走左 阪田
(一)  ジョーンズ
(左)  片平
 打   相羽
 捕   梅村
 打   スミス
 捕   柴田
(三)  藤原
(遊)  小池
(投)  村上雅
 投   佐藤  

互いに塁上をにぎわしても、なかなか得点に結びつけられなかった。が、やっと4回、南海は4度目の好機をものにすることが出来た。
1死後、片平が四球、藤原が安打し、小池も四球で続いた。1死満塁、村上雅は1球目ストライクを取られたが、2球目の外角球をたくみに左前に安打し、2点。さらに島野も安打して小池を迎え、2死後、代わった山崎にも門田博、野村が安打を連ね計5点とした。
日拓・新美はかなりの球速があったが、ピッチングがまともすぎて南海につけこまれた。
日拓は8回、大杉の3ラン(通算250号、プロ10人目)などで反撃をしたが、村上雅をいま一歩で攻略できず、9回の途中で佐藤にスイッチされ逃げ込まれた。南海は3連勝で日拓は4連敗。

☆先日亡くなられたタイガース・島野コーチが現役時代でもっとも輝いていた時期です。この日は5打数3安打2打点1盗塁の大活躍。野村さんはかなり力が落ちてきた頃ですが、それでも4番に座って2安打2打点。レフトのスタメン・片平さんは清原がライオンズに入団した時のファーストのレギュラー。リリーフエースの佐藤さんは落合ドラゴンズの二軍監督をされていましたが、今はどうしているのでしょうか?

日拓ホームフライヤーズはこの年1年こっきりで、翌年からは日本ハムファイターズに。まだ【東映時代】のメンバーが多数おりますが、翌年のオフに主力一掃トレードを敢行します。81年Vまで残っていたのは千藤さんに岡持さん位でしょうか?張本さんはジャイアンツへ移籍して長嶋さん引退後の打線を王さんと支えます。大杉さんはスワローズに移籍して初優勝に貢献。両リーグで1,000本安打を打ったのは大杉さんだけです。大下さんはカープへ移り、三村さんとともに内野を固めて初優勝に貢献。新美さんも後年カープに移り、中継ぎ投手として活躍しました。

☆ロッテ首位に躍り出る アルトマン逆転3ラン☆
(仙台)観衆27,000
阪 急 000 010 000|1
ロッテ 000 000 03X|3
勝:近藤4勝3敗/敗:山田7勝8敗/本塁打:アルトマン19号

阪急ブレーブス
(中)   福本
(二)   住友
(一)   加藤
(右)   長池
 右    大熊
(三)   森本
(左)   小松
 打左右 当銀
(捕)   岡田
 打    正垣
(遊)   大橋
 打    ソーレル
(投)   山田
 打    高井

ロッテオリオンズ
(中)  弘田
(一)  ラフィーバー
(三)  有藤
(左)  アルトマン
 投   成田
(右)  池辺
(二)  山崎
(捕)  榊
(遊)  飯塚
(投)  八木沢
 投   鬼頭
 投   近藤
 打   長谷川
 左   江島  

ロッテの“ラッキー・エイト”は生きていた。7回まで山田の外角速球とカーブに0を重ねていたロッテ。逆に5回2死から八木沢と救援の鬼頭が阪急の住友と加藤に連続長打を浴びて1点を失い、敗色濃厚だった。
だがロッテは8回、1年ぶりの完封を目前にした山田から代打の長谷川が左へ安打した。弘田の投前バントで二封。ラフィーバーは二飛に倒れる。ハプニングが起こったのはその後だ。有藤が頭に死球で1・2塁。続くアルトマンは2-0から低目の球を右翼席へ文句なしの逆転本塁打を放った。有藤への死球で山田は動揺したのか。それにしてもロッテの粘りは見事、後期で初の首位に躍り出た。

☆ブレーブスは前年の優勝チームなのですが、このあたりが新旧交代機。まだ蓑田さんもマルカーノも島谷さんもいません。山田さんの投球内容に【シンカー】という言葉が出てこないのですが、この頃はまだ投げていなかったのでしょうか?
オリオンズ、いいメンバーですね。それもそのはず、この翌年に優勝します。ホームランを打ったアルトマン、外野の池辺さんと弘田さんは後年タイガースでも活躍します。

☆鈴木完投勝ち☆
(小倉)観衆20,000
近  鉄 040 013 000|8
太平洋 010 100 011|4
勝:鈴木10勝10敗/敗:東尾8勝6敗/本塁打:菊川2号・小川11号・ビュフォード14号・片岡1号

近鉄バファローズ
(中)   小川
(遊)三  関根
(右)   永淵
 一    佐々木恭
(左)   土井
(一)   伊勢
 右    服部
(二)   クオルス
(三)   羽田
 遊    西村
(投)   鈴木
(捕)   梨田
 打    北川
 捕    辻

太平洋クラブライオンズ
(三)左  ビュフォード
(中)   田中
 打    梅田
 三    伊原
(左)右  東田
(右)中  レポーズ
 打    大田
 中    福富
(一)   竹之内
(遊)三遊菊川
(二)   米山
(捕)   宮寺
 捕    片岡
(投)   東尾
 打    藤井
 投    芝池
 投    柳田
 打    日野

近鉄は鈴木の打力でやっと勝った。2回羽田の右犠飛で先取点を取ったあと、1死1・3塁で東尾から右前に適時打した。そして6回は1死満塁で代わったばかりの柳田から右中間を深々と破る3塁打して計4打点。肝心の投げる方はピリッとしない。2回菊川に左翼本塁打され、4回はバックネットに直接当てる暴投、8・9回にも本塁打されるなど危なかったが、大量点を背に何とか完投した。
太平洋の先発・東尾は球を揃えすぎた。当たっていない金鉄とはいえ2回鈴木に2-0から勝負を急ぎすぎ、2死後迎えた小川には1塁が空いているのにまともに好球を投げた。

☆ライオンズは【西鉄】から【太平洋クラブ】へ経営が移った初年度。この日出場している選手の多くは後に他チームへ移籍し、【西武ライオンズ】で優勝の美酒にありつけたのは東尾さんと大田さんだけでしょうか。ビュフォードといえばカネやんロッテとの遺恨試合。九州で当時の野球を見ていた方に聞きますと、カネやんと平和台のスタンドの観衆が怒鳴りあいをしていることもあったとか。

バファローズのメンバーに梨田さんと羽田さんの名前が見えます。そして翌年、ブレーブスの西本監督がやってきて、チームは初優勝へ向けて動き始めます。
この時点で優勝未経験チームはカープ・スワローズ・バファローズの3チーム。

パリーグ年度成績     

|

« 桜花賞(G1) | Main | 35年前のプロ野球~セリーグ<一部追記> »

パリーグ」カテゴリの記事

プレイバック」カテゴリの記事

Comments

森中さん、亡くなられたんですか?
私も、TVKの解説時代しか存じませんが
2年半ほど横浜市民やっていましたので、エラクお世話になりました

しかし、フライヤーズは見事ですな
この日のスタメン(ライトはアテ馬なので実質高橋博士さん)全員がトレード経験者ですね

Posted by: シルク@仕事中 | April 15, 2008 at 10:34 AM

>>日拓ホームフライヤーズ
>>投   森中

恐ろしい偶然。
亡くなられた森中千香良さんのお名前が。

現役時代は記憶にないのですが、
専らTVKの解説で拝見しておりました。
ご冥福をお祈りいたします。

Posted by: スチャラカ部長 | April 15, 2008 at 08:06 AM

なるほどねー
その話は初めて聞きました
山田さんと言えばシンカーというイメージがあるので

90年代は【優勝したかったらシンカーを操れるサイドハンドのリリーフ投手が不可欠】のような時代でしたが、世に知らしめた山田さんの功績は大です

Posted by: シルク | April 15, 2008 at 12:53 AM

>>山田さんの投球内容に【シンカー】という言葉が出てこないのですが、この頃はまだ投げていなかったのでしょうか?
本格的に投げ始めたのは26勝した76年から…と読んだ記憶があります。
この73年頃からシンカーを投げる事は頭にあって、先輩の足立投手に教えを請うたら「スピードが落ちるからまだ投げるな」と。
じゃぁ盗んでやれと思い投球を見ようとすると、自分が来たら投げるのを止めてしまう。
仕方ないので独学で研究すること数年、76年のキャンプでようやく足立投手からもアドバイスをもらい、遂に脅威のシンカーが完成した…そんなストーリィだったかと。
何事も1から10まで教えてもらっているようでは身に付かん、と言うことなんでしょうね。

Posted by: 0223. | April 15, 2008 at 12:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/40848044

Listed below are links to weblogs that reference 35年前のプロ野球~パリーグ:

« 桜花賞(G1) | Main | 35年前のプロ野球~セリーグ<一部追記> »