« 夏バテ一掃!豚バラ肉とゴーヤのオイスターソース炒め | Main | おつかれさま、野茂英雄投手 »

4番打者走る ヒーロー叫ぶ(7/13、VSカープ@甲子園)

同点で迎えた8回裏1死ランナーなし
4番打者・金本が四球を選んで出塁
次打者関本はバントの構え

ここで金本、まさかの2塁盗塁が成功
サインか?『行けたら行ってもいいぞ』か?
ここで代打・桧山登場
しかし桧山はサードゴロで金本動けず2アウト
鳥谷は敬遠で打順は久保田
が、まだ残っていた 
代打波状攻撃第3弾・葛城育郎
2球目の内角球を引き込むようにたたくと、打球は1塁線を破ってラインに沿うようにポールめがけて一直線
アレックスが処理をもたつく間に2走者が生還して葛城も3塁へ
バルディリスもセンター前へ弾き返して、このイニング3点目

最後は球児がピシャリ

お立ち台は葛城
まずは雄たけび
集中力を高めるコツは『よく寝ること』だそうです

今日は高橋光・桧山と倒れたが、最後に残っていた葛城のでっかい仕事
小学校の校歌が♪葛城山の 峰遠く~ という歌いだしなので、葛城という名前には何故か親近感があります

試合後の監督のインタビュー
『あれはサインです』と、淡々と答える岡田監督

先発・金村は逆転してもらった直後に追いつかれたものの、6回2点とまずまず
移籍後初白星も遠くないか
ほとんど打席に立たないパリーグで10年以上在籍したのですが、バントもキッチリ決めたのは、勝利への執念か
野手もろくにバント出来なかった暗黒時代とはエライ差です

5回裏、赤星のタイムリーで追いついた後、平野もヒットで続いて1死1・3塁
新井の右中間に落ちるかと思われた打球を赤松がダイレクトキャッチ
平野は落ちると決め打ちしていたのか戻れずゲッツーでチェンジ
赤星が先にタッチアップから生還していたのでなんとか同点
流れが止まってしまってイヤなムードを、8回に一気に払拭しました

ロードに出るまでに50くらい貯金…出来んか
でも、一つでも多く勝っておきましょう
久々のテレビ観戦、エエ試合でした

|

« 夏バテ一掃!豚バラ肉とゴーヤのオイスターソース炒め | Main | おつかれさま、野茂英雄投手 »

Comments

シルクさん、聖子ちゃん話、長くなりそうなので(笑)ヤフーのほうにメールいたしました。ご笑納下さい。

Posted by: メル | July 17, 2008 09:14 AM

メルさん
ようこそお越しくださいました
今後ともご贔屓に

いやー、行きたかったなー
表参道駅

昔、紀ノ国屋(スーパーです)でバイトしていたことがあって、表参道は何度も乗降した駅です

松田聖子のコンサートですが
1曲目とラストって何を歌っているんですか?

Posted by: シルク | July 16, 2008 09:51 PM

こちらでは、はじめまして。
ご挨拶遅れましたが、松田聖子の武道館コンサートで忙しくしておりました。野球の話についていけない・・・。えっと、13日まででしたが、表参道駅がこんなことになってました。
http://www.shinoyamakishin.jp/top/2008/07/fujifilm.html#more

篠山紀信さん、7/6の大阪城コンサートに来られてました。

Posted by: メル | July 16, 2008 09:29 AM

ああ、そういえば今治西がありましたね
しかも、単に出てくるだけでなく勝てる学校ですからね
愛媛県は松山商業に宇和島東と公立が強いですよね

ポリが静岡というのは覚えていましたが、石井浩郎は頭になかったなー

Posted by: シルク@遅い昼休み | July 14, 2008 01:24 PM

>>静岡と秋田くらいでしょうかね

赤堀と石井浩郎を思い浮かべたでしょ?

甲子園常連高の今治西高は進学校っすよ。
http://imabarinishi-h.esnet.ed.jp/zen/frame.htm

オッサンファイヴの中の出身校の中でも屈指の進学校で甲子園出場経験もあるZ高にぜひがんばってもらいましょう

Posted by: ぼぶ@豊橋 | July 14, 2008 12:09 PM

0223さん
しかし何ですね、北野に湘南に小倉に県立芦屋に県立岐阜…
今となってはよほどのことがない限り甲子園には出て来れない超進学校がズラッと並んでいますね
戦後4年、まだ誰でも野球が出来る時代ではなかったという事でしょうか

旧帝大進学と夏の甲子園を両方クリア出来そうな【文武両道の公立高校】って、今となっては静岡と秋田くらいでしょうかね
個人競技ならともかく、野球のような団体競技はベンチ入り選手全員が文武両道でなければならないので、選手権を予選から勝ち上がるのは並大抵ではありませんからね

Posted by: シルク@仕事せな | July 14, 2008 11:01 AM

あぁ、その回なんとなく覚えてますわ>あぶさん

で、元投稿の内容も気になったので検索しまくって(^^;)、関連記事を見つけました。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=5&board=1834693&tid=a2a3bbm9qa4n9b9bbln5ea5ua5a1a5sa4n3a7a45a4sa1a2a4ia4a6a4bea2a3&sid=1834693&mid=3401
時代は昭和24年(1959)ですから、1つ前の記事の坂東さんの時代ですな。

Posted by: 0223. | July 14, 2008 01:23 AM

昔のあぶさん(野村ホークス時代)に、守備に就いた景浦の頭上を打球が越えていった時
『バックホームは間に合わない、バッターランナーをホームインより先にセカンドで刺せば失点を防げる』と、懸命に返球して失点を防いだ場面があったように記憶しています

一歩間違ったら、『赤松一人にやられた』みたいな試合になるところでした

内野守備が引き締まりましたね
2~3年前がウソみたいです
小窪が定着出来るかどうか、楽しみですね

Posted by: シルク | July 13, 2008 11:25 PM

どうも横山がセミリタイア状態みたいで、それがこの3連戦大きく響きました。

試合の事はそれくらいにして(^^;)、5回裏のあの類似ケースで、飛び出したランナーの方が先にアウトになって得点も認められず(しかもサヨナラの好機で)って事が、甲子園大会であったらしいんですよね。そんな記事を読んだ記憶があるんですが、油断大敵というか、走塁も難しいですな。

Posted by: 0223. | July 13, 2008 10:38 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 4番打者走る ヒーロー叫ぶ(7/13、VSカープ@甲子園):

« 夏バテ一掃!豚バラ肉とゴーヤのオイスターソース炒め | Main | おつかれさま、野茂英雄投手 »