« 無事です | Main | スプリンターズステークス(G1) »

おつかれさま、バファローズ・清原和博内野手

PL学園時代は元ジャイアンツの桑田と並んで【KKコンビ】として活躍し、優勝2回・準優勝2回・ベスト41回の大活躍。プロ入り後はライオンズの主軸打者として7度の優勝(うち、日本一6回)に貢献した。その後、ジャイアンツ・バファローズで活躍した清原和博内野手が、10月1日のホークス戦を最後に現役を引退しました。

引退の挨拶

タイガース21年ぶり優勝の興奮が冷めない85年11月、清原選手は6球団競合の末、涙を拭いてドラフト1位でライオンズに入団。
何で涙か?
相思相愛だと思っていたジャイアンツ、よりによって早大進学を早くから表明していたチームメイトの桑田を指名してしまいます。さんざん同伴で貢いだラウンジの女の子を親に買ってもらったポルシェ乗り回すアホガキに奪われるようなもん…違うかcoldsweats02
とにかく、失意の清原は気持ちを入れ替えてライオンズに入団します。

開幕スタメンは確か片平さん(=晋作、前年103試合出場.306・10本塁打)だったと思います。が、3戦目あたりで7番あたりの打順でスタメン1塁として出場していたような記憶が。
初年度は126試合に出場して、打率.304・31本塁打78打点、新人王のタイトルを手にします。
清原で忘れられないシーンは翌年の日本シリーズ。クロマティーの緩慢送球を突いた辻さんが秋山のセンター前ヒットで1塁から生還した試合。勝利目前で涙が溢れて止まらない清原に、セカンドを守っている辻さんが声をかけているシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。

96年オフにFA宣言
タイガースも清原獲得に参戦します。タイガースも、ヨッさん(吉田義男監督)が『縦縞を横縞に変えてでも…』という名言(迷言?)で口説きますが、清原はジャイアンツへ。
しかし、ジャイアンツ移籍後は思うような成績を残せず、ケガもあって低迷。2005年オフに戦力外通告を受けます。ここで、故・仰木監督の誘いでバファローズに移籍。そして、引退の日を迎えました。

新人王は獲ったものの、打撃3冠のタイトルには無縁でしたが、通算サヨナラ安打数・サヨナラ本塁打数は歴代1位は、清原の勝負強さ・勝利に賭ける執念の真骨頂。

まだまだ書きたいことは山ほどありますが、睡眠時間がなくなりそうなので今夜はここまで(今週は連日仕事で午前様なので)。後日追記します。
おつかれさま、清原!

絶対にぶっ壊せない試合で、重圧はハンパやなかったと思うけど、杉内相手によく頑張った、近藤
来年は頼むぞrock

|

« 無事です | Main | スプリンターズステークス(G1) »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

遠山って、一応スカウトがマークする選手だったんですねsweat01
ライオンズの森山みたいな、超ウルトラ隠し球かと思ってましたcoldsweats01

池田さん(故人・元タイガース)、柏原さん(ホークス・ファイターズ・タイガース)、秋山に遠山、八代は忘れた頃に渋い選手を輩出しますね
(秋山は渋いやなくて華のある選手だな)

Posted by: シルク | October 03, 2008 at 12:41 AM

>音楽と一緒で、『清原が◎○の頃、自分はこんなんだったなー』と思い出せる事が、清原の偉大さなんだと思います

そうです、まさにその通り。
選手の球界での歩みが自分の生きてきた歴史と重なっちゃうんですよね。

ちなみにわたしの下記のコメント
息向き→息抜き ミスタイプです。失礼しました(^^;

あ、高校時代の遠山を見たことがあります。
高校野球の予選で、
「スカウトが遠山を見に来てる!」とスタンドのオジサンたちが騒いでおりましたよ。

Posted by: ごんふく | October 02, 2008 at 11:11 PM

こんばんは

社会人2年目、ちょうど宿泊研修の日にドラフトがありました
休憩時間にラジオをチェックして、清原がライオンズに入団したことを知りました
タイガース、外してんなー
で、誰やってん?
遠山・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?
誰、それ

そんなんだったなー

で、最後に
桑田、ジャイアンツ?????????????

音楽と一緒で、『清原が◎○の頃、自分はこんなんだったなー』と思い出せる事が、清原の偉大さなんだと思います

Posted by: シルク@仕事せな | October 02, 2008 at 09:23 PM

特に清原のファンというわけでもなかったけど、引退となると感慨を覚えます。
23年かぁ~。
彼が新人の頃、平和台球場のすぐそばの会社にわたしは勤めておりまして、
よく野球を見に行ったものです。
仕事がうまくいかず、当時は野球を見ることが唯一の息向きだったような気がします(なんか今も昔も同じような悩みだ(^^;)。
新人の清原の映像を見ると、当時のことがよみがえってきてなんともいえない気持ちですね。
18歳なのにでかい図体を見て「からだが大きいよなあ。こいつ有望な選手になるだろう」と思ったものでしたが。

Posted by: ごんふく | October 02, 2008 at 07:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/42657922

Listed below are links to weblogs that reference おつかれさま、バファローズ・清原和博内野手:

« 無事です | Main | スプリンターズステークス(G1) »