« あけましておめでとうございます | Main | 中山金杯(G3) »

元旦のT-G戦

おせちを食べ終わって新聞に目を通すと、真弓監督のチーム再編構想が出ていました

☆新井は振れる選手なので、5番で持ち味を生かす。3番は鳥谷。
☆JFKは非常にいいシステムだが、シーズンを通してあれをすると先発が弱くなる…中略…継投の失敗で叩かれるかもしれないけれど、それはある程度覚悟しないと、自分の思うチームにならない
☆エースは安藤ではないか、実績的にも年齢的にも一番いい。安定しているのは下柳だが、下柳に頼っているようではいけない
☆巨人戦は他球団とは絶対に違います。他球団には悪いけど。優勝しても巨人に負け越したら喜びも半減する。

などなど

そのジャイアンツはファームの試合数を200試合以上に増やし(社会人や独立リーグとの試合、マリーンズファームとの混成チームによる試合も行う)、若手に1軍の144試合を乗り切る力をつけさせる方針だそうです。08年のジャイアンツは坂本や山口、越智、東野といった、見たこともない選手が立派な1軍戦力となって優勝しました。銭ゲバ混成軍のように見られるジャイアンツですが、私と同学年以下の選手でも岡崎・駒田・槙原・村田真一・川相・斉藤雅・吉村・桑田・元木・鈴木尚・坂本といった選手が、多摩川の砂を舐めながらレギュラーになったワケで。その上、さらにファーム強化を打ち出すのは侮れませんね。
(タイガースで、自分より年下の高卒野手が規定打席をクリアしたのって、もしかしたら亀山と新庄しかいてないかも…)

ジャイアンツのイスンボブさんより挑戦状も届きました
今年は優勝してよ、われらの阪神タイガースrock

|

« あけましておめでとうございます | Main | 中山金杯(G3) »

セリーグ」カテゴリの記事

阪神タイガース」カテゴリの記事

Comments

イスンボブさん、おはようございます

>外国人をのぞくと
その外国人が重要なんです
特に貴社は勝ち頭とリリーフエースが外国人投手ですから
しかし、日本人だけなら12球団トップとは、暗黒時代とはエライ違いですね。やはり、ある程度お金はかけないと勝てませんね。ただ、矢野の後継者はお金でなく育てて欲しいが、どうなるやら。

夕べは22時台に寝て今朝は7時に起きました。部長並みとは言いませんが、規則正しい生活してます。
しかし、スゴイぞダニエル(箱根駅伝)

Posted by: シルク | January 02, 2009 at 09:29 AM

>>銭ゲバ混成軍のように見られるジャイアンツ

どこかの新聞(ネットだったかな?)に出てましたけど、今季の契約更改が終わった時点で全選手の平均年俸トップはジャイアンツなんですが、外国人をのぞくとタイガースが1番だそうです。と言うわけで金満球団の称号はお譲りいたします。

ま、ジャイアンツが上原、二岡らの高額年俸選手を出したのに対して、タイガースは平均年齢が高いせいだと思いますけどね。

真弓監督は昔からジャイアンツファンだったそうで。期待してます。何をって好勝負をですよ(^_^;)

Posted by: イスンボブ@さいたま | January 02, 2009 at 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/43599874

Listed below are links to weblogs that reference 元旦のT-G戦:

« あけましておめでとうございます | Main | 中山金杯(G3) »