« グッズ届く | Main | 街 »

今期初観戦~Bu-Ys 京セラドーム2009.03.07 <大幅追記あり>

オープン戦も常打ち球場で試合が組まれるような時期になってきましたね。今シーズンの初観戦は、京セラドームのバファローズvsスワローズ。
オープン戦を観戦するなんて、何年ぶりでしょうか?チョッと記憶に無いですね。
チケットは仕事関係で頂きました。でなければ、多分行ってないと思います。
スワローズはタイガースの開幕カード、視察(お前が視察して何になるねん?という気もしますがhappy01)も兼ねて行ってきました。

Station
やって来ました京セラドーム。右手は開業間近の阪神なんば線の新駅です。

Seat
今日はオープン戦ということで観客も少ないと踏んだのか、上段は閉鎖。よって、普段の【バファローズシート(1塁側)・ビジターシート(3塁側)】が内野自由席。これはラッキーでした。

Starting_member
スタメンはベストメンバーに近い顔ぶれ。バファローズはカブレラとフェルナンデスがいないだけで、ベストメンバーです。スワローズも青木がいないだけでしょうか?

Kisida
バファローズの先発は岸田。一昨年後半から台頭し、昨年は平野・デイビー・金子らと先発ローテを期待されたのですが、ケガで期待を裏切って4勝どまり。その間に、小松・近藤ら実績の無かった投手が台頭して2ケタ勝利を挙げ、悔しいシーズンだったかと思います。今シーズンは期するものがあるのでは。
ラロッカがサードゴロをお手玉してエラーがつきましたが、初回はアッサリ無失点で切り抜けました。
球速はMAX143程度だったと思いますが、球に勢いがあるのか、ガイエル・宮本・福地と3人がバットをへし折られたのが印象的でした。

Omura
トップバッターはホークスから移籍してきた大村。といっても、大村がプロ野球のスタートを切ったのは近鉄バファローズ。いわば、里帰りのようなものです。昨年急成長でレギュラーを取った坂口がいますが、質の高いトップバッター争いをしてもらいたいですね。

Tateyama
スワローズの先発は12勝を挙げた館山。この日はベルトから下の辺りに内角球を多投していたようで、バファローズの打者が腰を引くシーンが度々ありました。仕上がりも上々で、要注意ですね。

試合が動くのは2回
Kitagawa Gotoh
ツーベースで出た北川を2塁において、昨シーズン急成長(本塁打14発はチーム日本人最多)の後藤が右中間へ先制ツーラン。剥奪された背番号1を取り戻し、今期は更なる飛躍が望まれます。

館山はこのイニングのこの二人だけがエアポケット。4イニングで被安打4・5奪三振、今年も手を焼きそうです。
バファローズの岸田も5イニング被安打2・5奪三振1失点。WBC出場の小松に代わって開幕先発、もしくは2戦目登板は十分に予想されます。

ところが、好投した両先発の後がピリッとしません。まずバファローズの川越は球威不足。6回2死から3長短打を浴びて2失点。長年チームを支えた川越も、今年は厳しいかもしれません。
スワローズは2番手で新外国人投手のパレットが登板。いきなり阿部・坂口・大村を出塁させて満塁。下山は川島の好判断で本塁封殺で切りますが、その後が…非力の見本のような山崎浩の打球は力なくライン上をファーストベースへ転がる。これを取りに行ったはいいが、転倒して悪送球。これで2者生還。徹底したバント攻撃を仕掛けられたら激ヤバでしょうね。
Hamanaka
オープン戦で不振をかこっていた濱中にタイムリーツーベースを打たれ、このイニング3失点。絵に描いたような一人相撲でした。その濱中がツーベースを打った際、レフトからのガイエルのバックホームはダイレクトで捕手へ。本塁を狙った山崎浩は本塁憤死。ガイエルの送球は正確で、ナメてかかると痛い目に遭いそうです。
一方、内野手から転向した飯原は、まだ外野守備に慣れていない様子。エラーはついていませんが、目に見えないエラーで余分なワンベースを与えるケースが多そうです。センタースタメンの上田は昨年度イースタンでベストテン7位、16盗塁の好素材。ただ、ライナー性の打球の追い方は小学生レベル。甲子園や千葉マリンでは怖くて使えないでしょう。

Igarashi
スワローズの6回は五十嵐が登板。
ストレートのMAXは147キロ。バファローズ打者の打球は詰まり気味。このイニングだけ、試合の質が突然上がった気がします。
この後のイニングで登板した丸山は、左腕ということで首脳陣も『何とか1軍で』と期待していると思います。が、高波にヒットを打たれるようでは将来は明るくないですね。

Kanazawa
バファローズの最後はタイガースからファイターズ経由で移籍してきた金澤。1軍に残れても敗戦処理的な使われ方からのスタートになると思いますが、頑張って欲しい。ただ、制球難はあまり改善されていないようです…

試合は6-4でバファローズの勝利
勝つには勝ちましたが、3エラーは考え物です。【水物】と言われる打撃力を中心に戦う意向のようですが、あまり守備がずさんだと、投手もやる気が失せてしまうので。
全力疾走で常に先の塁を狙う姿勢は表れていました。シーズン中もそうあってもらいたいですね。

最後に…
野球って、やはり球場のある程度エエ席で見るべきですね。今日はゲームがよく見えました。

|

« グッズ届く | Main | 街 »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

ぼぶさん
私はコートを着て行ったのですが、好天で球場についた頃には少し汗ばむ位だったので、脱いだのですが…冷たい空気にコートを着るまでにさほど時間はかかりませんでしたdespair

Posted by: シルク | March 08, 2009 at 01:42 AM

今日のナゴヤドームはどちらかと言うと暑かったです、ビール一杯しか飲まなかったけど。置き場の都合でジャケットを脱げなかったんですけど、ちょっと汗ばみました。

東京ドームは夏はけっこう暑いです。ビール販促の関係か?coldsweats01 (阪神ファンには巨人の攻撃の時だけ扇風機を回していると言われますがgawk) 今日のWBCなんかもあんだけ人が入ったら暑かったんじゃないかしら。

Posted by: ぼぶ@豊橋 | March 08, 2009 at 12:13 AM

ごんふくさん
京セラドームも寒かったですよ
ビールも1杯しか飲みませんでした
熱燗があったら、絶対に買ってたけど、売店にもナシ
風が吹かないだけで、気温は低かったです

この球場って、タイガース戦の時は空調をしっかりとさせるのですが(タイガースが支払うのか球場側がタイガースに気ぃ使って提供するのか?ですが)、バファローズ戦の時はかなり抑えてます。夏は蒸し暑いですよ。
交流戦でタイガースと対戦した時にバファローズの選手(コーチだったかな?)が、『エラい気ぃ遣ってまんねんなー』と感じたそうです

ゲーム内容は、光も課題も多いないようでした、両チームともに

詳しくは、また今夜にでも続きを書きます
(まだ事務所なので)

Posted by: シルク@仕事せな | March 07, 2009 at 11:12 PM

おお、そうでした、WBCに気をとられてオープン戦も内地で始まったのを失念しておりました。

ただ、3月の屋根なし球場での観戦は寒くてけっこうきついんですよね。
昔平和台球場で、ダイエー対ヤクルト戦を見たら、とにかく寒くて体が凍えて、試合内容はサッパリ覚えていなかったことがあります。

Posted by: ごんふく | March 07, 2009 at 10:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/44271808

Listed below are links to weblogs that reference 今期初観戦~Bu-Ys 京セラドーム2009.03.07 <大幅追記あり>:

» かぶりつき -追記あり- [Boblog -Life in 東三河]
2週間ほど前にチケットを買ったら3塁側最前列、カメラマン席のすぐ後ろの席になってしまいました。ファイターズは中田翔スタメン7番サード。(色、めっちゃ黒い(^_^;))、ドラゴンズ先発は山本昌です。楽しみな対決ですな。... [Read More]

Tracked on March 08, 2009 at 07:20 AM

« グッズ届く | Main | 街 »