« February 2009 | Main | April 2009 »

十八番閉店…

十八番とは、004
大阪市北区長柄中、駅でいえば阪急千里線・地下鉄堺筋線・地下鉄谷町線の天神橋筋六丁目が最寄り駅です。以前にも、当ブログの名物コーナー【私鉄沿線】で紹介させていただきました

場所はこのあたりです

いわゆる【定食屋】であります。中華料理の。
サラリーマン時代に発見して、かれころれ15年くらいは経ちますか
今も変わらず愛用させて頂いてます。

ここの特長は【安くてボリュームたっぷり】でありまして
中華系定食の平均価格は600円。ご飯は普通に頼んでも茶碗2杯弱でして、『ごはん小で』と頼まれる方もおられます。
003
入り口にメニューが掲示されており、注文は原則として番号で。平日の昼食時は、いつも行列が出来ています。この日は土曜日の13時頃でしたが、店内は満席に近い状態でした。

その【十八番】、残念ながら閉店するようでして…
002
今日(3/29)から、感謝セールだとか。
残念だ…と言いたいところですが、よく見ると4月8日にはリニューアルオープンのようで、一安心。
今の場所より、少し南より。天六の駅から地上に出て、立ち食いそばとロールケーキ専門店の間を北へ入ってすぐ右側のようです(そんなん言われても原住民以外はわからないと思いますがcoldsweats01

ちなみに、昨日(3/28)に頼んだのは【77番】
豚肉と卵の炒め物定食
001
これ、大好物でして、3回に1回は頼んでいるかも。少し重いのですが、その分満腹感は高いです。ご飯をガツガツ食べられるし。

新装開店が楽しみです(パチンコ屋みたいhappy01)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

高松宮記念(G1)

昨日も仕事
今日も午後から仕事
いったいいつになったら休みがくるのか…稼ぎに直結するからエエんですけどね

そんなことはおいときましてhappy01
高松宮記念
スプリンターズステークスではたまにエエ馬券にありつくこともありますが、こっちは近年苦手です
今年も???な予想になってしまいましたcoldsweats01

◎4スリープレスナイト/上村
○15アーバニティー/横山典
▲7アーバンストリート/福永
△1コスモベル/佐藤哲
△10ファイングレイン/幸
△5トウショウカレッジ/内田博

6ハロンパーフェクト連対で連勝街道ばく進中の◎ですが、ケガなどで調整が???のような弱気の厩舎コメント
これをどう取るかですが
ちなみに、1着は人気サイドで決まることが多く、開催が現在の時期になった過去9年間、1~4番人気馬が9-5-6-16です。5番人気以下は0-4-3-118。逃げて勝ったのはショウナンカンプだけ。

この予想通りに馬が走ってくれたら、そこそこエエ馬券にはなるんですが

結果:連下全滅(-_-メ 逃げて勝ったショウナンカンプに乗っていたのは藤田だったんですよね…

| | Comments (32) | TrackBack (0)

プロ野球人事異動(選手編)

もうすぐペナントレースが開幕します
シーズンを前に、昨シーズンオフ以降、いくつかの選手の移籍がありました
その中から、気になる選手をピックアップします

大村 直之(ホークス⇒バファローズ)
【近鉄バファローズ】の最終年度(04年)を最後に、ホークスへFA移籍した大村が、村松とのトレードでバファローズの復帰します。キャリアは十分で、積み重ねた安打数は1,743。但し、大村は高卒2年目には1軍に定着していたので、まだ33歳。2,000本安打は通過点、その気になれば立浪や福本さんのレベルまで行ける資格を持っています。昨年はケガで79試合の出場にとどまりましたが、実力はそんなものではないはず。
昨年急成長でレギュラーを掴んだ坂口との外野コンビ、大いに期待しています。
応援行くからな、頼むぞ!

林 昌範(ジャイアンツ⇒ファイターズ) 
年俸高騰のマイケルと、ケガ・スキャンダルまみれの二岡の交換がメインのようなトレードですが、林と工藤も潜在能力はかなり高い選手のはず。昨年の林は、出番があまりなかったようですが、恵まれた体格の左腕投手で、05年には54試合に登板して2勝18セーブの実績もあります。
首痛で調整が遅れているのは気がかりですが、復帰できれば必ず戦力になると見ています。先発・リリーフどちらも出来そうなのですが、梨田監督はどう使うのか?

石井 琢朗(ベイスターズ⇒カープ)
忘れた頃にドカーンと実行されるベイスターズの大リストラ。昨年は、長年チームを支えてきた石井琢朗と鈴木尚典に戦力外を通告しました。鈴木は引退してファームの育成コーチに就任しましたが、石井は現役の場を求めてカープへ。
セカンド=東出、ショート=梵・小窪、サード=小窪・シーボルが基本で、調子の落ちた選手のカバーという形での起用になるのでしょうか?尾形も復活目指していると思いますし、競争は厳しいと思うのですが、投手を諦めて打者としてスタートし、2,307本の安打を積み上げた気持ちで、もう一度頑張って欲しいですね。

小坂 誠(ジャイアンツ⇒イーグルス)
盗塁王2回、ゴールデングラブ4回受賞の名手が、ジャイアンツからイーグルスへ移籍しました。小坂は宮城県柴田高校出身なのですが、なんとイーグルス初の地元出身選手だそうです。
ジャイアンツでは、初年度こそ92試合に出場して40安打を記録しましたが、翌年以降は出番も激減。カープから移籍してきたキムタクにセカンドのレギュラーを譲る形になってしまいました。
イーグルスではショート=渡辺直人・セカンド=高須との争いになるかと思われます。36歳のベテラン、出場機会も限られてくるとは思いますが、マリーンズ時代からのファンも多い選手。守備を中心に、貢献できる事を期待しています。

中村 紀洋(ドラゴンズ⇒イーグルス)
バファローズからドジャース、そしてドラゴンズと転々としたノリが、FAでイーグルスに移籍します。年俸順位11位以下の選手は無補償という制度が出来たそうで、ノリはこれに該当していたようです。よって、イーグルスは人的補償も金銭補償なく、ノリを手に入れることが出来たようです。
言いたい放題やりたい放題だったバファローズからドラゴンズへ移籍して、穏やかになったような印象はありますが、元に戻ってしまわない事を願いたいです。チームには39歳で2冠王となった山崎がいます。ノリも節制して練習を積んで、少しでも長く頑張ってもらいたいですね。
ノムさんに、冥土の土産(ヲイ)を持たせてあげられたら最高です。

井口 資仁(フィリーズ⇒マリーンズ)
05年にメジャー移籍した井口が、マリーンズへ戻ってきます。
キナ臭い話も聞こえるのですが、ここはおいときまして。
メジャーで活躍した野手が日本に戻ってくるって、初めて…ですよね、多分。メジャーの野球を日本の野球に迎合させて、更なる活躍を期待したいです。

久保 康友(マリーンズ⇒タイガース)
キャンプも終わってオープン戦が本格化し、選手名鑑も発売された3月5日、タイガースとマリーンズの間でトレードが発表されました。マリーンズからは【ソニック】の愛称で親しまれる久保投手、タイガースからは【ハシケン】こと橋本投手。
安藤・下柳・岩田の後の先発投手のメドが立たない状況のタイガース、一人でも計算の出来る投手をという考えから獲得に至ったのだと思います。
久保投手は、05年に10勝を挙げて新人王を獲得。4年間で30勝を記録しています。昨年は先発でなかなか結果が出せず、中継ぎを経験したりもしましたが、『2ケタは狙える』と見込んでいます。10日のファイターズとのオープン戦では、3イニングを2安打無失点で切り抜けています。
開幕投手候補の安藤が安定感を欠き、下柳は未だ登板ゼロ、岩田はWBC出場で、開幕シリーズはどうなのか?…といった不安要素だらけのタイガース、もしかしたら開幕3連戦での出番があるかもしれません。

期待してるぞ、頑張って!

フェルナンデス(イーグルス⇒バファローズ)
イーグルスを自由契約となったフェルナンデス、4チーム目のバファローズへ移籍しました。
6年間で通算打率.293、159発544打点は魅力です。
が、まずポジションはどうするつもりなのか?
本職のサードには、昨年こそケガで棒に振ったものの、07年には27本塁打のラロッカがいます。守備に不安があるので、二人のうちどちらかをDH…と言いたいのですが、DHはチームの精神的支柱のローズ。ローズは『外野を守ってもいい』と言ってますが、41歳になるローズが1年間守備につけるわけがない(守ったとしても不安だらけだし)。
ローズかラロッカに何かがあった際の【保険】と考えているのでしょうか?

ちなみにローズは日本でFA権を獲得しているため、外国人枠は適用されないそうです(ジャイアンツのラミレスも同様)。

オリックスはタイガースを自由契約になったボーグルソンも獲得しました。チーム方針として、【外国人選手は日本での実績第一】なのだそうですが…デイビー・ラロッカ・ローズ・カブレラと成功して、完全に味をしめましたかね?
前身のブレーブスはバルボンにマルカーノにブーマー、近鉄バファローズはデービスにローズ、日本で長く働けそうな無名の外国人選手の発掘に定評があったのですが。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

新装甲子園

Koushien

昨日(3/21)は、エエ天気でしたね
ネット仲間で、センバツを観戦に行きました
Nanba20090321

昨日、【阪神なんば線】が開通しました
南大阪に住む人間としては、『これに乗らんで何に乗るねん?』
ってなもんで、早速試乗も兼ねて利用します
Osaka_nanba

乗ったのは奈良発三宮行きの快速急行
なんば線内は各駅停車、西九条で地上に出ると、尼崎・武庫川と停車して、甲子園着
所要時間は約20分少々
エエ時代になったもんです
難波駅は沿線住民に加えて、【試乗】が目当ての人も多く、ラッシュ時並の混雑
おそらく、難波駅勤務の駅員さんは連休中全員出勤でしょう
見通しの悪い部分では、ドア1つに駅員さん一人が安全確保のため張り付いておられました

この日はセンバツの開会式
一般人が球場内へ入れるのはこの日が初めてでした
部長と合流して食料を調達し、球場へ

Koushien1
甲子園球場のライト側内野席入り口周辺です
キレイになったもんです
甲子園球場やないみたい

赤星ラーメンも健在ですので、ご安心下さい
(バックスクリーン下あたりです)Akahoshi


Koushien2
この日は【開幕式】【新装甲子園初披露】ということに、地元・金光大阪の出場で超満員
先に着いていたぼぶさんがよい席を確保して下さっていたので(ありがとうございました、ぼぶさん)、座って観戦することが出来ました

第一試合は、開会式直後のゲームに浮き足立ったか、両チームで記録に残るエラー4、残らないエラー乱発の大味なゲームだったようです。結果は倉敷工業のサヨナラ勝ち。

Koushien3
第2試合は、高校野球らしいテンポのよい試合。『15秒ルールなんて関係あれへんな』などと、皆で話していました。中京が先制し、神村学園が終盤に追いつきますが、地力に勝る中京はその後2点ずついれて5-1と突き放して、緒戦を突破。
エースの堂林君はエエ体格していますね。ぼぶさんの情報によりますと、打者としての評価も高いようです。きっと、ドラゴンズがツバつけてるんやろなー。

第3試合の5回を終わったところで球場を後にし、宴会へbeer
また、明日から仕事頑張りましょう!
(私は今日もこれから仕事ですが…)

球場の感想
キレイになりましたね
座席って、本当に広くなった?座席下荷物スペースって言うけど、チョッと大きかったら入らん
ファールグランドが少し狭くなりましたよね
銀傘の面積が広くなったので、アルプススタンドが狭くなった気になりますね

等々

| | Comments (4) | TrackBack (1)

【火消し】と【クローザー】は違う?

早いうちから何度もキューバ・韓国と対戦して消耗してしまいそうなWBC

昨日は、第2ラウンド1組1位決定戦で韓国と4度目の対決でした

緊張で浮き足立つ内海(ジャイアンツ)が先制を許すものの、内川(ベイスターズ)のホームランと片岡(ライオンズ)のタイムリーで逆転。内海も立ち直り、小松(バファローズ)が好投をみせて、試合が落ち着きそうになったのですが…
日本は7回表にランナーを出すも、ゲッツーで潰して追加点が取れない。その裏、田中(イーグルス)がソロホームランを打たれ、さらにサードゴロを慣れない3塁守備についている片岡が悪送球して無死1塁というピンチ。

ここで、韓国が代打に左打者を送ると、マウンドには山口(ジャイアンツ)。

タイガースはジャイアンツのドラマチックな大逆転優勝のカモになってしまったのですが、やられた原因の半分くらいは、この山口だと思ってます。シーズン後半、打てない打線がようやくチャンスを掴んだと思ったら、リリーフに出てきた山口に何度チャンスを潰されたことやら。

この日も山口は韓国の打者をゲッツーに切って落とします。交代した涌井(ライオンズ)が次打者を三振に仕留めてピンチ脱出。
その裏8回は青木(スワローズ)のバントヒットで突破口を開き、稲葉(ファイターズ)が続いてチャンスを広げ、小笠原(ジャイアンツ)が勝ち越しタイムリー。

もしも山口がゲッツーを取れず、ピンチを拡大させていたりしたら、『あー、また韓国にやられるのか…』という、マイナス思考が拡大していたと思います。

あそこの場面でピンチの芽を完全に摘み取るのが【火消し】というものやん!

と、思いました。

以前の【リリーフエース】と呼ばれる投手は、終盤のピンチになると登板して、そのまま最後まで投げるというパターンが主流だったと思います。それが、いつの頃からかイニングの頭からしか出てこなくなりましたね。
岡田前監督も球児の起用に関して、『まだ勝負どころの時期ではないから、イニングの途中から投げさせるようなことはしない』というコメントをしていたような気がします。
(実際、9月になると途中からでも出てきました)

今のリリーフエースと呼ばれる投手、救援勝利がほとんどないと思います。
(昨年、球児は8勝していますが67+2/3イニング、クルーンは61イニングで1勝、岩瀬は49イニングで3勝、グラマンは57イニングで3勝、加藤大輔は63イニングで2勝)
たまーに追いつかれてしまった直後のイニングに勝ち越してもらったか、延長戦で特攻登板して勝ち越してもらうか。
以前のリリーフエースと呼ばれる投手には、救援勝利も多かったと思います。終盤、同点や僅差のビハインドで【火消し登板】⇒【直後に味方が逆転】というケースがあったでしょうから。
79年の江夏さん(カープ、【江夏の21球】の年度)は104+2/3イニング投げて9勝していますし、88年の伊東昭光(スワローズ)は122+2/3イニングで18勝17セーブをあげています。
(両投手とも全試合リリーフだったかどうかは不明)

今のリリーフエースと呼ばれる投手は、【一番力のある投手が最後のイニングに出てきて相手の反撃意欲を喪失させる】という起用であって、【ピンチを切り抜ける】という起用ではありませんね。
【火消し】に代わって【クローザー】という言葉が浸透してきたのも、そんな背景もあるのかと思った、昨日の山口でした。

今年も手ぇ焼きますね、山口には

*ファイアーマン賞が無くなったのは、スポンサーの損保ジャパンが撤退したためで、この現象とは関係無いようです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

一応、大阪府です(^_^;;;

明日は朝一で遠方へ行くので、電車
車は市内に置いて、電車で帰りました
最寄駅着は23時頃

ふと、自分の乗った車両を見渡すと…
Hanwasen
乗客は自分だけ …

6両編成束になっても50人は乗っていない(キッパリ)

ま、珍しいことでもないのですが sweat01

関東だったら秦野・上野原・大網・君津・栗橋・深谷あたりまで行かないと、こーいう感じにはならないのでしょうかね?

駅前に商業施設がゼロなのも納得できるthink

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地下鉄沿線~鶴見緑地線【今福鶴見】

Tsurumi3 Ekimei_2 Ekimei_1
鶴見区と城東区を区切るように南北に走る内環状(国道479号線)と鶴見通りが交差する、鶴見3丁目交差点の下にあるのが、今福鶴見駅です。内環状は仕事で走る機会も多いのですが、この駅で降りたのは初めてです(すぐ近くの放出は何度か下車しているんですが…)。
先週の月曜日、駅からほど近くにある銀行へ仕事で行った際に取材?しました。

駅から東へ歩くと、イズミヤ(スーパー)の他にヤマダ(家電量販店)まであるじゃないですか。
Izumiya Yaada

自分の最寄り駅は駅前に商業施設ゼロgawkなので、『エエなー、駅前にこれだけ店があって』って思いましたよ。で、ふと考えたら…『駅から東へ歩けばイオンもあるやん』
Aeon

で、イオンへ向かう途中にはマンダイ(24時まで営業している食料品中心のスーパー、お世話になってます)もあるやん!
Mandai Bikudon
びっくりドンキーも隣にあるし

このあたりは大阪市内としてはさほど地価の高いエリアでもない(=買うも借りるも価格を抑えられる)し、住むのにエエ場所やないのん?
梅田からタク代3,000円台で帰れそうなので、終電もあまりシビアになる必要なさそうだしhappy01
あえて欠点を探すなら、吉野家も松屋も見当たらなかった(マクド・ミスドはありました)事位でしょうか?happy01

転勤とか単身赴任とかで大阪へポッと出てきて、しがらみも何も考えずに住まいを決めるんだったら、ここはおすすめですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ガッツだぜ!

何度も言いますが、ジャイアンツに魂を売ったワケではありませんhappy01

Guts_ogasawara

初めて食べました、クォーターパウンダー
『どれになさいますか?』と壁に貼られた見本のクリアファイルを指されて

『小笠原下さい』と

サッと出てきたけど、お姉さん(多分自分と5つ位しか変わらない)は小笠原を知っていたのか?
それとも、予習したのか?

小笠原は大好きな選手です
出来ることなら、ジャイアンツとドラゴンズは避けて欲しかったが…


忙しい時って、予期せぬ事が多々発生するんですよね、何故か
普段だったら、どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでもいいことも、スケジュールがキツイ時に来られると、ハッキリ言ってしんどい
遅い昼食を済ませて事務所に戻ったら携帯が鳴って

???…マジ?

が、やらなしゃーないんで

合言葉は【ガッツだぜ!】


年度末で大変な方もいると思いますが、身体に気をつけて頑張りましょう

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Kyoto_siden

路面電車の写真がいきなり出てきて、何でカテゴリーが【音楽】なのか?

懐かしい曲のフレーズに路面電車が出てくるからです

♪ 大学通 流れる川 走る路面電車 ~ この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑みあるから♪

You Tubeにありましたので、曲を聴きたい方はどうぞ

高校生の時に、友人のお兄さんにレコードを借りて、この歌を知りました
このお兄さんには、赤い鳥や五つの赤い風船のレコードなども貸して頂き、ずい分影響を受けました
この歌を聴いて、『京都の大学へ行きたいなー』と思いましたが、私のアタマでは無理でしたな
上賀茂の京大ですら、ウチの高校ではまず無理です
クラスでトップでも仏大か龍大の一番下の学部がどうにかなるかならないか

で、この写真は京都市電がいよいよ全廃というのを知って、乗りに行った時のものです
場所もどこだかうろ覚え(多分、智積院=東山七条だと思う)
高校2年生ですな
写真も【ただシャッターを切っただけ】で恥ずかしい

つい先日、おりがみ姐さんのブログの記事の中に、この歌を見つけまして、路面電車の写真を探し出した次第です(ちゃんとアルバムに貼られていました、思いっきり変色していましたが)
ついでに、高校生の時の遠足の写真などもありまして…いやー、若い(^_^;;;

♪ この街が好きさ 君がいるから この街が好きさ 君の微笑みあるから ♪

あなたにとっての【君】は誰ですか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

今期初観戦~Bu-Ys 京セラドーム2009.03.07 <大幅追記あり>

オープン戦も常打ち球場で試合が組まれるような時期になってきましたね。今シーズンの初観戦は、京セラドームのバファローズvsスワローズ。
オープン戦を観戦するなんて、何年ぶりでしょうか?チョッと記憶に無いですね。
チケットは仕事関係で頂きました。でなければ、多分行ってないと思います。
スワローズはタイガースの開幕カード、視察(お前が視察して何になるねん?という気もしますがhappy01)も兼ねて行ってきました。

Station
やって来ました京セラドーム。右手は開業間近の阪神なんば線の新駅です。

Seat
今日はオープン戦ということで観客も少ないと踏んだのか、上段は閉鎖。よって、普段の【バファローズシート(1塁側)・ビジターシート(3塁側)】が内野自由席。これはラッキーでした。

Starting_member
スタメンはベストメンバーに近い顔ぶれ。バファローズはカブレラとフェルナンデスがいないだけで、ベストメンバーです。スワローズも青木がいないだけでしょうか?

Kisida
バファローズの先発は岸田。一昨年後半から台頭し、昨年は平野・デイビー・金子らと先発ローテを期待されたのですが、ケガで期待を裏切って4勝どまり。その間に、小松・近藤ら実績の無かった投手が台頭して2ケタ勝利を挙げ、悔しいシーズンだったかと思います。今シーズンは期するものがあるのでは。
ラロッカがサードゴロをお手玉してエラーがつきましたが、初回はアッサリ無失点で切り抜けました。
球速はMAX143程度だったと思いますが、球に勢いがあるのか、ガイエル・宮本・福地と3人がバットをへし折られたのが印象的でした。

Omura
トップバッターはホークスから移籍してきた大村。といっても、大村がプロ野球のスタートを切ったのは近鉄バファローズ。いわば、里帰りのようなものです。昨年急成長でレギュラーを取った坂口がいますが、質の高いトップバッター争いをしてもらいたいですね。

Tateyama
スワローズの先発は12勝を挙げた館山。この日はベルトから下の辺りに内角球を多投していたようで、バファローズの打者が腰を引くシーンが度々ありました。仕上がりも上々で、要注意ですね。

試合が動くのは2回
Kitagawa Gotoh
ツーベースで出た北川を2塁において、昨シーズン急成長(本塁打14発はチーム日本人最多)の後藤が右中間へ先制ツーラン。剥奪された背番号1を取り戻し、今期は更なる飛躍が望まれます。

館山はこのイニングのこの二人だけがエアポケット。4イニングで被安打4・5奪三振、今年も手を焼きそうです。
バファローズの岸田も5イニング被安打2・5奪三振1失点。WBC出場の小松に代わって開幕先発、もしくは2戦目登板は十分に予想されます。

ところが、好投した両先発の後がピリッとしません。まずバファローズの川越は球威不足。6回2死から3長短打を浴びて2失点。長年チームを支えた川越も、今年は厳しいかもしれません。
スワローズは2番手で新外国人投手のパレットが登板。いきなり阿部・坂口・大村を出塁させて満塁。下山は川島の好判断で本塁封殺で切りますが、その後が…非力の見本のような山崎浩の打球は力なくライン上をファーストベースへ転がる。これを取りに行ったはいいが、転倒して悪送球。これで2者生還。徹底したバント攻撃を仕掛けられたら激ヤバでしょうね。
Hamanaka
オープン戦で不振をかこっていた濱中にタイムリーツーベースを打たれ、このイニング3失点。絵に描いたような一人相撲でした。その濱中がツーベースを打った際、レフトからのガイエルのバックホームはダイレクトで捕手へ。本塁を狙った山崎浩は本塁憤死。ガイエルの送球は正確で、ナメてかかると痛い目に遭いそうです。
一方、内野手から転向した飯原は、まだ外野守備に慣れていない様子。エラーはついていませんが、目に見えないエラーで余分なワンベースを与えるケースが多そうです。センタースタメンの上田は昨年度イースタンでベストテン7位、16盗塁の好素材。ただ、ライナー性の打球の追い方は小学生レベル。甲子園や千葉マリンでは怖くて使えないでしょう。

Igarashi
スワローズの6回は五十嵐が登板。
ストレートのMAXは147キロ。バファローズ打者の打球は詰まり気味。このイニングだけ、試合の質が突然上がった気がします。
この後のイニングで登板した丸山は、左腕ということで首脳陣も『何とか1軍で』と期待していると思います。が、高波にヒットを打たれるようでは将来は明るくないですね。

Kanazawa
バファローズの最後はタイガースからファイターズ経由で移籍してきた金澤。1軍に残れても敗戦処理的な使われ方からのスタートになると思いますが、頑張って欲しい。ただ、制球難はあまり改善されていないようです…

試合は6-4でバファローズの勝利
勝つには勝ちましたが、3エラーは考え物です。【水物】と言われる打撃力を中心に戦う意向のようですが、あまり守備がずさんだと、投手もやる気が失せてしまうので。
全力疾走で常に先の塁を狙う姿勢は表れていました。シーズン中もそうあってもらいたいですね。

最後に…
野球って、やはり球場のある程度エエ席で見るべきですね。今日はゲームがよく見えました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

グッズ届く

いよいよオープン戦も開幕
タイガースはバファローズとのオープン戦で1勝1敗でした
明るい材料は先発ローテ4番目を狙って先発した石川・玉置の好投
もっとも、この時期は打者もフルメンバーでないので、あくまで参考程度といったところでしょうか

バファローズ打線に、ウチから行った【急ブレーキ】がいましたし…weep

バファローズは大村の移籍加入と小瀬の成長で、外野争いが厳しくなっています。昨年ブレイクして142試合に出場し、ゴールデングラブ賞を取った坂口も安穏としてはいられません。外国人四銃士が全員ケガをしなかったらcoldsweats01ローズがレフトを守る…そうなると、実力派大村・急成長小瀬・勝負強い下山・切り込み隊長坂口でポジションを争うことになります。
あ、濱中もおったな…

そのバファローズのファンクラブから、グッズと手帳が送られてきました
Fun_club
いよいよ、球春到来ですね

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »