« April 2009 | Main | June 2009 »

泉州の臭い

嗅覚ネタばっかしですねcoldsweats01
田舎の春~初夏って、そういう時期なのかもhappy01

私の住んでいるところは【泉州】と呼ばれる地域、大阪府の南西部です
堺から和歌山県との県境までの地域、鉄道ですとJR阪和線と南海本線の沿線にあたります

大きな地図で見る

今でこそ、住宅も増えましたが、子供の頃は田んぼと畑ばっかし
よく、『岸和田(=清原和博を生んだ、【だんじり】で有名な町)過ぎたら(=岸和田より南へ行くと)タマネギ臭くてかなわん』などと言うてました

岸和田あたりで幹線道路を走っていてもあまり感じませんが、泉佐野を越えると感じますね

そう、今はタマネギの収穫時期

003  004

あちらこちらで、こんな景色に出くわします
先週の土曜日に妹の家(和歌山県境に近い、かなり田舎)へ行ったのですが、窓を開けるとタマネギタマネギした香りで一杯でした

こちらは【匂い】とは呼べません、【臭い】ですなgawk

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いわゆる【アノ匂い】

よく、【栗の花の匂い】などと言いますが、実際に栗の花を見ることなんてありませんよね
それどころか、栗の実はイガに包まれている事すら知らない子供もいるんじゃないでしょうか?

それどころか、最近は剥き栗を売っているので、栗の実は硬い皮(皮?殻?)に覆われていて、栗ご飯をリクエストすると『皮剥くの大変やねん』言われることも無くなりました

で、【栗の花】はこんなんです
001 002


ウチの辺りは大阪府でもかなり郊外なので、庭や畑の隅っこに栗の木を植えているシーンによく出くわします

大きな地図で見る

匂いも【そのもの】ですなhappy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本ダービー(G1)

『泣きっ面にダル』でしたな、いやいや
防御率1点少々の投手に5点超の投手をぶつけ、初回に2点取られた時点で【ほぼ終わり】ですなrain
しかし、パリーグは強いですね
パリーグとセリーグの違いって、【なーんも考えずに振り回してくるか否か】という印象を持っています
セリーグの投手は、『待つやろ、普通は?』と思いながら、ワケがわからぬままにKOされているんじゃないですかね?

いかん、競馬の記事やhappy01

◎18アンライバルド/岩田
○2アプレザンレーヴ/内田博
▲7ナカヤマフェスタ/蛯名
△11セイウンワンダー/福永
△9ジョーカプチーノ/藤岡康
△16トライアンフマーチ/武幸
×6ケイアイライジン/松岡

さて、皐月賞で惨敗して、一気に忘れられた馬となってしまったロジユニヴァースとリーチザクラウンはどうしましょうか。【コースが合わなかった】【枠順の問題】【所詮あんなもん】【早熟だっただけ】【それまでに戦ってきた相手が低レベルだった】などなど、色々理由がありますが。ちなみに、過去10年間で【前走2ケタ着順】の馬は0-1-0-26です。

結果:ノリ、おめでとう\(^_^)/

しかし…『どうしましょうか?』と思ったら抑える>自分

| | Comments (6) | TrackBack (0)

アニキ追撃・新井【さん】逆転本塁打~ソニック移籍初勝利

久保康友 愛称ソニック 1980.8.6生まれ 関大一⇒松下電器⇒マリーンズ
開幕前、ハシケンとの緊急トレードでタイガースへ移籍
開幕からローテーションに入り、ここまで7試合に登板して0勝2敗
5月に入ってからは3試合に登板して失点は2・0・1と安定しているが、なぜか見殺し続き

そんな久保の先発が予想されるマリーンズ戦を甲子園へ観戦に行きました

甲子園のマリーンズ戦というと、4年前の日本シリーズでボコボコにされた悪夢しか残っていないファンも多いと思います。私もそうですな。

そこで私は考えた
それが、コレhappy01
Rakkasei

マリーンズは、選手の名前をつけた弁当を発売すると、その選手が不振に陥ったりケガをしたりという事が続いていたのを逆手に取り、対戦相手の本拠地の名産物をメインにした弁当をマリンスタジアムで発売している。
ならば、タイガースも同じ手を使わなきゃ

というワケで、日曜日にスーパーで千葉県の特産品・落花生を買ってきましたscissors

さあ、これが吉と出るか凶と出るか…


タイガースの先発は久保、マリーンズは清水直
Start

久保はコントロールが定まらないのか、初回から四死球の走者二人を背負う苦しい立ち上がり
ここは大松を討ち取って、なんとか無失点の滑り出し

タイガースは赤星がお休みで、スタメン1番・センターは平野
その平野がヒットで出塁するも、関本がゲッツーで無得点

先に得点したのはマリーンズ
6回にランナー2人を置いて大松の打球はライト前へゴロのヒット
これを林がファンブルして福浦が生還
さらに、里崎も犠牲フライを打ち上げて1点追加し、この回計2点を先取します

その裏のタイガースは平野から始まる好打順
平野・関本の連続安打に鳥谷が四球を選んで無死満塁
ここで金本はセンターへ犠牲フライを打ち上げて、平野が生還して1点差
次打者はここまで2タコの新井
その新井の打球は右中間前列に飛び込む3ランホームランで逆転します
林が倒れて2死となりますが、『久保を楽にさせたれや』という私の声援が聞こえたか、葛城と狩野が安打を打ってチャンスになり、久保の打順に
桧山?桜井?と思ったら、代打は藤本
藤本は予定通りsweat01フライを打ち上げてチェンジ

久保は6回2失点、勝利投手の権利を持ったままマウンドを降ります
7回は渡辺?アッチソン?と迷いましたが、マウンドに上がったのはアッチソン
ところが、アッチソンはランビンにソロホームランを打たれて点差は1点

8回は今シーズンおなじみのジェフシアター
ヒットの井口と四球の里崎を1・2塁において、2死から代打・堀の一打はライト前へ
井口は本塁へ突入
アカンーーーーーーーーーーーーーーーーーー と思ったら、葛城の返球は井口のスライディングコースへドンピシャリで3アウト
いやいや、これは心臓に悪かった

タイガースは7・8回と得点できず、1点差で9回
しかし、マウンドに上がるのは球児、打順は下位
『顔で抑えられるやろ』とタカをくくっていたら大間違い
確かに、下位の2人はアッサリ凡退させますが、トップに戻って西岡四球⇒福浦ヒット⇒サブロー四球で、あっという間に2死満塁で井口
投球がワンバウンドになるたび、狩野は体ごとぶつかっていって前へ落とそうと必死でした

井口の当たりは結構飛んでヒヤッとしましたが、葛城のグラブに収まってゲームセット

お立ち台は、移籍後初勝利の久保と決勝ホームランの新井
Kubo Arai
初めて甲子園のお立ち台に上がる久保、穏やかにインタビューに答えていました
どんどん活躍して何度もお立ち台に上がって、矢野や金本みたいにスマートに球場を盛り上げる会話を会得してもらいたいですね

新井はまだ本調子でないのか、インタビュー中の笑顔も少なかったですね

ジャイアンツははるか彼方ですが、1つ1つ勝って、少しでも差を詰めましょう

久保、おめでとう!次も頼むでpunch


おりがみ姐さん、エエ試合のチケットありがとうございましたm(_ _)m

| | Comments (12) | TrackBack (3)

帰ってきたエース~平野2シーズンぶり勝利投手

バファローズの平野佳寿投手が24日のジャイアンツ戦に先発、6回を1失点に抑え、2シーズンぶりの勝利投手となりました。

スコアはこちら

平野投手は京都大学産業学部上賀茂校舎京都産業大学から05年ドラフト希望枠で入団。初年度から2年連続規定イニングをクリアする活躍で、ローテーションの中心となりました。
しかし、3年目の昨シーズンは右ひじの手術で登板ゼロ。その間に中途半端な中継ぎ投手だった山本以外はほとんど実績のなかった近藤・金子・小松の4人がが2ケタ勝利を挙げてチームは2位に躍進、平野は忘れられた存在になりかけていたところでした。

今シーズンは1軍で開幕を迎えたものの、初登板は9失点KO。胃酸が食道に逆流して胸焼けを起こす【逆流性食道炎】で2軍落ちして調整し、この日が復活登板でした。

バファローズはローズ・カブレラの打者2枚看板に加え、勝負強い後藤までケガで2軍落ち。自慢の投手陣も、昨年のエース・小松が未だに未勝利の上、開幕当初を引っ張った岸田がファーム調整。5月はすでに負け越しが決まる苦しい戦いです。

が、ドツボから快進撃で這い上がるドラマチックさがバファローズの真骨頂
そのためには、平野の復活は大変嬉しいです
まずは規定イニングクリア、そして2ケタ勝利目指して、頑張れ平野!

この試合、【守備は堅実だが打撃はアテにならない】と思われていた山崎浩が後藤の代役としてセカンドスタメンで出場。先制の走者一掃タイムリーツーベースを打って平野を援護しました。こちらも2度のトレードでカープから移籍した正念場、頑張って1軍に喰らいついてもらいたいです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

これって何の花?

甲子園のマリーンズ戦が4回表中止というのが信じられない晴天
シルク家と甲子園球場とは、直線距離50キロ足らず(多分)なのですが

で、オークスが終わった後にアホ犬を連れて散歩に出かけました
その際に見つけた謎の花

001 002 003

ケータイのカメラなので、画質がもう一つでわかりにくいかもしれませんが
真っ赤な猫じゃらしのような花がたくさん咲いているという感じです

何しろ、花と星の名前って知らなくてcoldsweats01
『さつきとツツジと、背が高いのはどっちだっけ?』というレベルなので

ご存知の方がおられましたら、教えて下さいませ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

オークス(G1)

1週間のご無沙汰です
その間、タイガースはひたすら負け続けました
やっと、連敗がストップしたところです

で、競馬も勝てません
言葉を失うような結果が続いてます

唯一、今年になってから配当が20倍を超える馬券を当てたのが桜花賞
その1着馬・ブエナビスタが出てきます
距離は…大丈夫じゃないですかね?
ただ、他の馬も血統的に2,400あたりが合いそうな馬なのが気がかりです

◎7ブエナビスタ/安藤勝
○15ハシッテホシーノ/松岡
▲13ブロードストリート/藤田
△3レッドデザイア/四位
△8デイアジーナ/内田博
×5ダノンベルベール/後藤
×16ワイルドサファイア/岩田

絞れとらん(^_^;;;

アグネスタキオン産駒がどうも気になります

結果:馬連・ワイド取りましたがトリマイですな(^_^;;;
しかし、ブエナビスタってーのは心臓に悪い馬ですよね
(個人的には3-14の方がよかったんですけどね)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ヴィクトリアマイル(G1)

タイガースは5月に入って1勝2敗という暗黒時代なみのペースをキープangry
バファローズは目下9連敗think
野球がどうでもよくなりつつある今日この頃

では、競馬で勝てているのか?と言われると困るんですけどねcoldsweats01
目下、PAT回収率29%ですなsad
しかし、G1レースは毎週やってきます

前置きが長すぎましたhappy01

◎6ウオッカ/武豊
○13リトルアマポーラ/福永
▲14カワカミプリンセス/横山典
△12ジョリーダンス/四位
×5ザレマ/安藤勝
×17レジネッタ/小牧太

マイル5-2-0-0・府中3-2-1-1のウオッカに逆らう必要は無いでしょう。左記成績も、牝馬相手の成績でなく、牡馬超一流どころと対戦しての成績ですから。
(大スポTMで、無印という方が1名おられますが)
相手は少し悩みます
13と14は同評価ですが、2,000メートルのイメージが強いカワカミプリンセスよりも、クラシックが終わって中距離に参戦する必要がなくなって、得意距離に戻ってきた(と思っている)リトルアマポーラを上にします。
この3頭のどれかがぶっ飛んだら、3連複でもかなり美味しい馬券になりますが…

結果:連下全滅(-_-メ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

重い負け方・軽い勝ち方

また負けましたな、タイガース
5月に入って4勝8敗
暗黒時代並みの勝率です

勝った試合は
5/4(G)5-6:下柳完封でジャイアンツ戦連敗を11でストップ…そんなものは、もうどうでもエエ
3回に2点先制、5回に3点追加、6回にも1点追加
見ていて、『あ、今日はイケるな』というパターン

5/10(YB)12-4:2点先制されるも、3回にベイスターズ野手が勝手にコケてくれて逆転、2・3番手投手も火に油を注いでくれて12-4で圧勝

5/12(C)1-0:下柳と大竹の息詰まる投手戦、9回裏に金本が代わった横山からサヨナラホームラン

5/14(C)7-1:苦手のマエケンから3回までに4点を奪い、2番手投手からも3点取って7-1で快勝

負けた試合は
5/2(G)5-6:2点先制するも、能見が4回につかまって逆転。7回に追いつくも、9回に球児が坂本に決勝ホームランを打たれて1点差敗戦。クリーンアップ13-2・2打点
5/3(G)0-4:ジェンは5回4失点。クリーンアップ12-2
5/7(YS)1-2:久保が7回途中まで2失点好投も、クリーンアップが12タコで好投見殺し
5/8(YB)0-2:安藤2失点完投も見殺し、クリーンアップ9タコ
5/9(YB)0-4:能見踏ん張るも7回に力尽きて3失点、クリーンアップ10-1
5/13(C)1-2:久保、7回途中降板も江草が後続を断ち、勝利投手の権利を残して終盤へ。しかし、ジェフが勝手に乱調して久保の移籍初勝利を帳消し。延長10回、球児が打たれてオシマイ。クリーンアップ12-2・1打点
5/15(YS)1-2:能見、7回2失点12奪三振も、打線3安打1得点と沈黙で見殺し、クリーンアップ11-2・1打点
5/16(YS)1-4:同点の6回に福原がデントナに勝ち越し本塁打を打たれ、さらにランナー1人残して降板。代わった渡辺が宮本に2ランを打たれてジ・エンド。クリーンアップ10-1

8敗の中での3・4・5番打者、クリーンアップトリオの打撃成績は88打数9安打….102
先発投手の責任を7回3失点・5回2失点とすると、5人の投手が【見殺し】に遭っています。もちろん、【何とか5回を投げきったけど、調子が悪くて5失点…野手の方が打って助けてくれました】という事もありますが、クリーンアップの打率.102はナンボなんでもヒドイでっせ。

真弓監督
何でメンチ使うんですか?球団が代理人に弱みでも掴まれてるんですか?
クリーンアップと、それに続く6~8番打者、軒並み弱ってますよね
ジェフにもかつての力は無い
来年以降も使える選手と、今年限りの選手をふるいにかけているんでしょうか?

『先発投手に自覚を持たせる』という目標は、徐々にではありますが実を結びつつあります
続いて、打線の奮起を促さなければなりません
それでもダメなら、【大ナタ】を振る必要があります

まず、5回までに3点取れる野球はどんな野球か?
そこから考えませんか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

十八番新装開店

3月末の記事で取り上げました【十八番】の閉店

新装オープン後、初めて昼食時に天六を通過する機会があったので、食事をしました
001
店の外見はあまり変わらないです

002
定食の値段も変わらず happy01

店内は明るく広くなりました
以前は、店内を歩くのも面倒に思うくらい狭かったけど、新しい店は広々としています
明るくて、女性の方でも入りやすくなっています

引き続き、ひいきにさせて頂きます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金本ーーーーーーーー、おおきにーーーーーーーーー

好投の下柳に報いるサヨナラホームランは、タイガース球団創設以来7,000号のメモリアルアーチでした

下柳vs大竹、息詰まる投手戦にケリをつけたのはアニキ金本の一振り

ネットで結果を見て、ヒーローインタビューを聞くためにワンセグ握って外へ出たっちゅーねんhappy01
(事務所の中では音声も画像も途切れてしまうので)

先発予想が大竹だったので、『また打たれへんのかなー』と思いつつネット観戦していました(試合開始時点で防御率1.13=セリーグ1位)
予想通り、打てませんでしたwobbly
で、9回表にランナーを出すも下柳踏ん張る
9回裏は金本から

ここは絶対に狙ってくる!rock

と思ったらその通りで慌てましたわ

緊迫の投手戦と千両役者のサヨナラホームラン
今日観戦した人は幸せですね
応援、ありがとうございました

| | Comments (5) | TrackBack (11)

見殺し?調整不足? 勝てない実力派投手

昨日(5/9)は、ライオンズの帆足投手が6試合目の登板でようやく白星を手にしました。
昨シーズンは27試合に登板して174+2/3イニングを投げ11勝6敗・防御率2.63の成績を残して優勝にも大きく貢献した投手です。
一方で、バファローズの小松投手は5回を投げて3失点(自責点2)ながら、敗戦投手となりました。滅多打ちの繰り返しだったこれまでの登板を考えれば、どうにかゲームは作れましたが、5試合22イニングに登板して0勝4敗、防御率は11.86.
昨シーズンは15勝3敗・防御率2.51で新人王に輝いた投手とは思えない投球が続いています。

小松以外に、昨シーズン規定投球回数をクリアした投手で、いまだ未勝利なのは
☆パリーグ☆
スウィーニー(ファイターズ):12勝5敗・3.48⇒0勝3敗・8.06
朝井秀樹(イーグルス):9勝11敗・4.38⇒0勝3敗・5.75
☆セリーグ☆
内海哲也(ジャイアンツ):12勝8敗・2.73⇒0勝3敗・5.06
岩田稔(タイガース):10勝10敗・3.28⇒1軍公式戦登板せず

また、パリーグでは【規定イニングクリア・未勝利】の投手は帆足が勝ったことでいなくなりましたが、セリーグではタイガースの久保がおります
久保康友(タイガース):4勝7敗・4.95⇒0勝2敗・4.15

ただ、主力投手の誤算がチーム成績に直結するかというと、必ずしもそうではなく
小松の所属するバファローズは借金3で4位、岩田・久保の所属するタイガースも同じく借金3で4位と、苦戦しています。

しかし、内海がファーム落ちしたジャイアンツは今日も坂本の決勝本塁打でドラゴンズを蹴落として貯金12で逃げ切り態勢。
スウィーニーが勝てないファイターズ、勝てない朝井を中継ぎ降格させたイーグルスは貯金7同士で同率首位。

ジャイアンツは打率・得点・本塁打数がリーグ1位の上、内海が不振に陥ってもチーム防御率はリーグ1位、攻撃力が違いますか。投手も、規定イニングクリアはグライシンガーと東野、内海の3名ですが、豊富な中継ぎ陣が試合をぶっ壊さずにしのいでいます。ちなみにジャイアンツはクローザーのクルーンも戦線離脱していますが、4年目の越智が代役を務めています。
一方、イーグルスは本塁打と得点がリーグ最下位ながら、失点がリーグ最少で防御率がリーグ1位、打率もリーグ2位と、必死で守り勝っている印象があります。ノリが上向いてきたと思ったら、高須と鉄平が故障で2軍落ちしたのが痛手にならなければよいのですが。
ファイターズは防御率3位、本塁打4位でありながら、打率と得点が1位。バランスのよい野球をしているように見えます。

むしろ、いなくなって困るのは主力捕手。
昨年度パリーグ1位&日本一のライオンズは133試合に出場した細川が4月26日を最後に戦線離脱、チームは借金4で5位。セリーグ2位のタイガースは矢野が1度も公式戦に出場できないまま。3位のドラゴンズも、谷繁が4月7日を最後に欠場が続き、4月30日に復帰したものの、いまだにスタメン出場ゼロ。

ローテーション投手が1名程度消えてもどうにかなってしまうのは、昨年2位に躍進したバファローズが証明済みです。
むしろ、もう一つ乗れないチームの浮上のカギは主力捕手の戦線復帰と言えるでしょうか。

矢野、早よ戻ってきてくれーーーーーーーーーーー

| | Comments (2) | TrackBack (1)

NHKマイルカップ(G1)

皐月賞に天皇賞
(-_-メとなるレースが続いております
さて、このレースはどうなるのか?

◎16ブレイクランアウト/武豊
○13レッドスパーダ/横山典
▲4サンカルロ/吉田豊
△7ワンカラット/藤岡佑
×15ティアップゴールド/池添

◎の休み明けは気になりますが、皐月賞も考えて仕上げてきたので状態万全とのコメントを信用します。○と▲は府中で2勝。有力馬の多くは最後の直線で瞬発力勝負に賭けるタイプのようですので、前で勝負する○は【アッサリ】があるかもしれません。タイキシャトル産駒というのも、府中マイルが合いそうなイメージがします。

結果:やってられるかい(-_-メ

4コーナーを回った時点で前の2頭は消えると思ったのですが、後ろが来ませんでしたね
この時点で何となく『あ、アカン』という気になりました
前に出てレコードでは、後ろの馬はお手上げです
藤岡君、おめでとう

| | Comments (2) | TrackBack (0)

急遽観戦~癒し系エースCHIHIRO完投勝利

こどもの日、散らかった事務所を掃除するため、午後から家を出て出勤
シュレってもシュレっても減らない個人情報の山をダルーくシュレッダーしていたらケータイmobilephoneが鳴る

今日は休みですか?
休みですが、事務所片付けてますねん
今から京セラドーム行きますねん、安いチケットあるんですが、どないでっか?

自宅から京セラドームだと1.5時間かかりますがdown、事務所から京セラドームは15分note

実は、この試合を観戦しようと思っていたのですが、かなり混雑していそうなのでパスしたんです
が、内野自由席を購入できるとのことで、急遽観戦決定
今日は金子だったっけ?初めてだな、金子は
などと考えつつ、地下鉄3駅、あっという間にドーム前千代崎

球場の入り口で電話の主の相方と合流して球場内へ

球場へ着いたのは2回表、ホークスの攻撃が終わるところ
初回に大村が出塁して、日高のタイムリーで1点が入ったらしい
今日もローズはスタメンから外れています
で、サードは…山崎浩司?
守備力は買うが、打席に立った瞬間にワンアウト献上するような選手をスタメンで使ってどないすんねん?と、思わず口走ってしまった

3回、金子が田上にホームランを打たれて同点
城所倒れて打順はトップへ
003
名前と打順を言わなくても、多くの方はこの小さな写真だけで、打席に立っているのは誰だかわかりますよね
この選手だけは塁に出したらアカン…ムネリンこと川崎です
このイニングは金子が内野ゴロに打ち取ります

バファローズもホークスの先発・ホールトンを捕まえられません
2・3・4回と3者凡退でエエとこなし

ホークスはこの数年で選手がガラッと変わってしまいました
顔と名前とプレーの一致しない選手の多いこと
年間10試合以上観戦する方でも、戸惑うんじゃないでしょうか?
004
私がわからなかったのはこの選手
4月25日のイーグルス戦でサヨナラヒットを打ってヒーローになったのですが、『長谷川?誰やねん??』ってなもんでcoldsweats01
専修大学を卒業して3年目の外野手、昨年は71試合に出場して.235
このところ、ずっと5番を任されていますが、この日は残念ながら3タコでした

試合が動くのは5回裏
久々のヒットは山崎浩司。小瀬が倒れた後、大村のツーベースでバファローズが1点を入れて勝ち越しに成功します。
続く6回表、ホークスも反撃開始
先頭の城所は倒れますが、川崎はセンター前へ弾き返して1死1塁
続く森本の鋭い当たりは、セカンドベース上を抜いてセンター前へ…と思ったら、飛びついてゴロを止めた後藤が大引にグラブトスして川崎を封殺
これこそプロのプレーscissors
守備が雑だった後藤ですが、一昨年あたりから目を見張るほど守備が上手くなりましたね
背番号剥奪で奮起したかな?

その後も試合はこう着状態のまま最終回
ここで、とんでもない事に気付きます

先発投手が二人ともマウンドにいてるやんsign02
このまま金子が抑えてゲームセットになったら、もしかするとプロの試合では初体験かも

最終回、ホークスはボテボテのゴロを打った川崎が全力疾走して内野安打
さっきの【お返し】をされてしまいました

森本がバントで送って川崎はセカンドへ
打席は1500本安打を目前に足踏みする松中
ショートゴロに倒れますが、川崎はサードへ進塁
打者は4番・小久保
川崎は思いっきりリードを取って金子を揺さぶります
小久保の痛烈な打球が3塁線を襲いますが、山崎浩司がダイビングキャッチしてファーストへ送球
北川がガッチリ掴んでゲームセット

お立ち台は無四球完投の金子と先制ホームインに勝ち越しツーベースの大村
001 002
金子は昨年の開幕投手ですが、10勝したものの9敗してしまい、エースの座は小松に奪われてしまいました。今年は小松が不安定ですが、金子と岸田が頑張っています。この調子で頑張ってもらいたいですね。
大村は村松とのトレードでホークスから出戻り。水が合うのか、開幕から3割をキープして好調です。昨年のレギュラー・坂口の調子が上がらないので、大村がいなかったらエライ事になっているところです。ケガに気をつけて、2,000本まであと221本(5/5現在)目指して頑張ってもらいたいです。

私は頻繁に球場へ通うようになったのが平成になってからなので、すでに【投手分業】は確立されつつありました。結局、ホールトンと金子が完投(しかも無四球!)したのですが、両投手が完投した試合というのは、プロではもしかすると初めてかも(少なくとも記憶にはありません)。両チームの先発が5回までにKOされた試合だったら何度もあると思いますがcoldsweats01

『打席に立たせるだけでワンアウト献上の選手をスタメンに起用してどないすんねん?』などと言ってスマン>決勝ホームイン&ゲームセットファインプレーの山崎浩司
総合力を考えたらレギュラーは難しいかもしれませんが、吹石さん(近鉄バファローズOB)のような選手としてだったら、まだまだ道は広がると思います。
頑張れ!
(カープ時代、尾形がケガで戦列を離れた後、『次は山崎か?松本か?』というトコまで行ったけど、梵や小窪に勝てなかった…のかな、確か)

超ウルトラタイミングよくお誘い頂き、ありがとうございました>ヒデさん&リンダちゃん
楽しかったです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと勝った

ジャイアンツ戦の連敗、【11】でストップ
下柳の粘り強いピッチングで連敗ストップ

お立ち台は誰かな?

下柳が一人で出てきました
チャンスに金本さん=打ってくれると信じていました
ピンチが何度かありましたが=狩野君のリードを信じて投げました

まあ、勝ったら何でもエエ

さ、みなさん飲みましょうbeer
吐くまで飲むぞー(意味不明)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

タイガースで高卒野手が育たないのは何故?

夕べもジャイアンツに負けました
これで足掛け2年で11連敗
68年ぶりの屈辱だそうです

坂本に打たれ、山口に抑えられ…

学習能力ないんけ?(-_-メ

と、ぼやくまえに、何でタイガースは高卒の野手が育たないのだろうか?
これは今に始まった事ではなく、昔から声を大にして言い続けてきた事なのですが…

高卒でレギュラークラス(規定打席を1度でもクリアするか1,000試合に出場する)に成長したタイガース生え抜き(後年移籍も含む)の野手は何人いてるのか?と調べてみると…

( )内は出身校・タイガース在籍期間、数字はタイガース在籍中のもので 試合・打数・安打・本塁打・打点・盗塁・通算打率の順。現役選手の記録は5/3現在

1リーグ時代入団
藤村富美男(呉港・36~58):1558/5648/1694/224/1126/103/.300
藤井勇(鳥取一中・36~42):280/1029/284/4/128/26/.276
門前真佐人(広陵・36~44・49)386/1170/265/14/179/25/.226
山口政信(日新商・36~47):383/1219/289/8/164/91/.237
本堂保次(日新商・37~49):602/2220/600/22/298/78/.270
皆川定之(桐生・37~41):330/1092/215/0/71/32/.197
土井垣武(米子中・40~49):644/2370/676/28/321/51/.285
金田正泰(平安・42~57):1476/5354/1527/55/568/187/.285
安居玉一(東邦商・42~50):631/2147/567/28/240/51/.264

この時代の選手のことは書籍の中だけでしかわからないです

2リーグ分裂~ドラフト以前入団
三宅秀史(南海・53~67):1219/3894/983/100/376/199/.252
横山光次(扇町商・54~64):888/2041/471/37/191/57/.231
藤本勝巳(南部・56~67):1033/2979/756/113/420/22/.254
鎌田実(洲本・57~66・70~72):1132/3363/784/17/205/51/.233
並木輝男(日大三・57~66):1107/3446/882/81/380/101/.256
遠井吾郎(柳井・58~77):1919/5281/1436/137/688/22/.272
池田純一(八代東・65~78):1092/2842/686/80/295/23/.241

捕手で規定打席クリア経験ゼロの山本哲也さんと、立命館大学中退の吉田義男さんを高卒選手してと加えると、62年(2リーグ分裂後初V)のレギュラーは、投手=小山・捕手=山本・ファースト=藤本・セカンド=鎌田・サード=三宅・ショート=吉田・センター=並木…7名が高卒です。もっとも、今ほど大学進学率は高くなかったのですが(昭和30年=25%位、現在=45%位)。
大卒はエース2枚看板の村山さんと外野手の藤井栄治さん、外国人選手のソロムコが外野を守っていました。

ドラフト(66年)後入団
藤田平(市立和歌山商・66~84):2010/7217/2064/207/802/85/.286
掛布雅之(習志野・77~88):1625/5673/1656/349/1019/49/.292
亀山努(鹿屋中央・88~97):377/1100/291/14/72/27/.265
新庄剛志(西日本短大付属・91~00):1054/3841/955/145/518/65/.249

あと1歩までジャイアンツを追い詰めた73年のレギュラーは
投手=江夏・上田 捕手=田淵 ファースト=遠井 セカンド=野田 サード=後藤 ショート=藤田平 レフト=望月 センター=池田 ライト=カークランド
高卒の選手は江夏さん・遠井さん・藤田平さん・池田さんと4人おります

バックスクリーン三連発の年度のタイガースのレギュラーはご存知の通りですが
投手=ゲイル 捕手=木戸 ファースト=バース セカンド=岡田 サード=掛布 ショート=平田 レフト=佐野 センター=北村・吉竹 ライト=真弓
高卒生え抜き選手は掛布さんと、センターを北村さんと分け合っていた吉竹さんだけになってしまいます。規定投球回数をクリアしたのは外国人のゲイルと大卒の池田さん。但し、大卒の木戸さん・岡田さん・平田さん・佐野さんは、大学時代から実力を評価されていた選手で、タイガースが指名しなくてもどこかの球団が指名していたでしょう。真弓さんはご存知の通り、田淵さんらとの大型トレードでライオンズから移籍してこられました。

この後、長い長い暗黒時代に突入します
なまじっか優勝したりしたので、『わざわざ育てなくても、大学社会人の有力選手を上手く集めてきたら勝てるやん?』などと考えたか?…というのは、言いすぎでしょうか?
暗黒時代の最中には、阪神淡路大震災があり、本業(電車)の復旧最優先という出来事もありました

FA制度(93年)後入団
関本賢太郎(天理・97~現役):740/2090/598/39/213/11/.286
濱中治(南部・97~07):624/1846/505/70/269/17/.274

パソ通の時代に、『掛布さん以降、高卒でレギュラーになった野手って亀山と新庄しかいてへんのとちゃうのん?』などと言ってたのですが、その後も2名増えただけとは…
(でも、90年代中盤の近畿地区担当スカウトには特別ボーナス出さなアキマヘンね、今岡も出身は宝塚ですから)

そして、2003年に18年ぶりの優勝を果たします
レギュラーメンバーは
投手=井川・伊良部 捕手=矢野 ファースト=アリアス セカンド=今岡 サード=片岡 ショート=藤本 レフト=金本 センター=赤星 ライト=桧山
高卒は投手の井川のみ。トレード・FAで移籍してきたレギュラー選手が伊良部・矢野・アリアス・片岡・金本と5人になりました。
この時の自分の感想は、『やっぱしカネかけなアカンなー』でした。

そろそろまとめなきゃ(^_^;;;

この記事を書こうとしたキッカケは、2日続けて坂本にやられ、いつまでたっても山口を打てない事です
何でジャイアンツは高卒の若い選手が早くから活躍するの?
ジャイアンツも、100%高卒選手に切り替えたワケでもないと思います
レギュラーの中で高卒の野手は坂本と鈴木だけです。鈴木は苦節10年、多摩川の砂を舐めて這い上がってきた選手で、坂本とは少し異なるかもしれません。
ジャイアンツは、『この選手はレギュラーにする』と決めたら、とにかくファームの試合で徹底的に使うそうです
そうやって、上に上がっても1年間働ける持久力をつけるそうです
坂本も、高卒1年目でイースタンの試合に77試合出場して330回打席に立っています
2007年イースタンリーグ打撃成績
昨年は、同じく高卒1年目の中井選手を徹底的に試合に出しました
2008年イースタンリーグ打撃成績
そして今年、ドラフト1位の大田を辛抱強く起用しています
2009年イースタンリーグ打撃成績

足らない部分を外部補強する事は重要ですが、まずは自前で育てる事が先決なのではないでしょうか
ちなみに昨年のタイガース、ドラフトで高卒の選手を指名しませんでした。育成ドラフトで1名指名していますが。

タイガースにも、野原という若手の期待選手がおります
2008年ウエスタン打撃成績
2009年ウエスタン打撃成績 いつまでもこんなとこにいるなよ>林
来年あたり、サードのポジションを新井から奪い、新井がファーストに回って関本はセカンド専任、林は外野へ戻って3割30発となってくれると、金本も安心してバットを置けると思うのですが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

スモークサーモンとセロリの冷たいパスタ

マルちゃんのブログで、『セロリの漬物さえあればナンボでも酒飲める』…じゃなくてhappy01、『アテは、美味しいスモークチーズと生ハムと、セロリの漬物』というコメントを見て、思いつきました。

001

1.セロリはスライスしてサッと塩を振っておきます
2.スモークサーモンは1センチ幅程度に切っておきます
3.カイワレは、根の部分を切り落としておきます
4.パスタを好みの堅さに茹で、一度氷水にさらしてから水気を切ります
5.1~3とパスタをボウルで合わせて皿に盛ります
6.好みのドレッシングをかけて出来上がり

冷えた白ワインか冷酒を飲みながら召し上がって下さい
セロリは、スライスして塩をふる事と、スモークサーモンの香りで、セロリセロリした苦味はかなり消えますが、一緒に食べる方の嗜好に合わせて、厚みなどは調整して下さい

大事なお客様などに出す時や、【記念日】などの場合は、皿も冷蔵庫で冷やしておくと尚よろしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天皇賞・春(G1)

ゴールデンウィークだというのに風邪をひいてしまい、スッキリしません
長期休暇になると体調を崩すパターンが周囲に多いのですが、その波にしっかり飲まれました
体調管理にはご注意下さいませ

天皇賞は【強い馬が勝つ】と言われていますが、意外と荒れています。昨年こそ1~3番人気でアッサリ決まりましたが、こういうことは近年まれで、必ず『何すんねん?』という馬が突っ込んできます(または、逃げ残ってしまします)。

◎15モンテクリスエス/武豊
○17アサクサキングス/四位
▲18ヒカルカザブエ/秋山
△16スクリーンヒーロー/横山典
×4アルナスライン/蛯名

これでいいと思うんですけど
ドリームジャーニーは…やはり3200は長いかな?

結果:軸失踪(-_-メ

マイネルキッツは押さえで買いました
国枝厩舎にはお世話になっているので
が、上位人気全滅では…

松岡君、おめでとう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛のムチ?お仕置き? 12失点完投敗戦

中山に“愛のムチ”12失点完投

仕事しながらネット観戦していたんです
『あれ、1イニング8失点して、まだ投げてるの?』『1球速報のバグやないのん?』って

5月1日のイーグルスvsバファローズ戦
バファローズの先発、中山投手は1・2回こそ四球を出しながらも併殺打を打たせて無失点に切り抜けたものの、3回につかまってしまいます。

先頭打者の当たっている鉄平にヒットを打たれ、嶋がバントで送り、渡辺直人が四球を選び、必殺仕事人・高須のタイムリーで同点、復帰後絶好調の草野のタイムリーで勝ち越し、山崎もタイムリーで続く、ようやくノリが2ゴロ。ここまで4打数連続安打(嶋のバントと渡辺の四球は打数にカウントされず)。リックにぶつけ、中島にタイムリーを打たれ、1巡して鉄平にタイムリーを打たれ、打撃であまり期待できない(但し今年は好調で、.昨日の試合終了時点で295)嶋にもタイムリーを打たれ、渡辺がフライを打ち上げてくれてようやくチェンジ。

試合経過とスコアはこのようになっています

バグではなかったようで

大石監督は、『勉強して欲しかった』『早めに降ろしていたら、今までと一緒ですから』とコメントしています。
3回、リックにぶつけたあたりで交代させて、リリーフ投手が後続を断ち切っていれば、試合の行方はまだまだわからなかったはず。それを、中山を成長させるためだけに黒星を一つつけたわけで。

打たれても打たれても代えてもらえなかった中山も辛かったと思うけど、前向きに考えて頑張って欲しいです

こういう話を聞くと、東尾さんの談話を思い出します
黒い霧事件で主力投手がごそっと消えた70年、西鉄ライオンズの高卒2年目だった東尾さんはローテ投手を任されます

70年:40試合登板3完投11勝18敗173+1/3イニング 防御率5.15
71年:51試合登板3完投8勝16敗221+1/3イニング 防御率3.75
72年:55試合登板 13完投2完封18勝25敗309+2/3イニング  防御率3.66

*現在、防御率5点台の投手に173イニング投げさせることはまず考えられません。まして、当時と今とは野球が違います。パリーグ6球団中3球団はチーム防御率3点台前半以内、チーム防御率トップのバファローズは.298と2点台、最低防御率のフライヤーズでも4.18です。セリーグではタイガース・ジャイアンツ・ホエールズがチーム防御率2点台で、3点台後半はアトムズ(今のスワローズ)だけです。監督の稲尾さんが、『チームを立て直すにはコイツを育てなければ』と考えた事もあるかもしれませんが、チームがどうしようもない状況だったのも事実でしょう。

参考:70年パリーグ順位表 記事と関係ありませんが、【オリオンズのチーム完投試合数64】とか、【当時36歳の小山さんが18完投】とか、【4チームがチーム盗塁数100超】とか、今とは全然野球が違いますね。

急に先輩がいなくなり、1軍の公式戦で勝てる力の無いのない自分たちが投げなければ仕方のない状況になった。打たれ続け、負け続け、その中から若いなりに体でピッチングのコツを覚えていったんですよ。

バファローズは小松の不調と平野の抹消こそあれど、岸田・山本・近藤・金子と、この時点での規定イニング到達投手が4人おり、チームも首位を争っている状況。
そういう中で1試合もらった中山、頑張れよ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »