« June 2009 | Main | August 2009 »

コミックに登場する【駅】

めぞん一刻(ビッグコミックスピリッツ)の中に出てくる【時計坂駅】のモデルになったと言われる西武池袋線の東久留米駅・北口駅舎が取り壊されるそうです

東久留米北口駅舎さよならイベント特別企画 『めぞん一刻』 時計坂駅面影巡りスタンプラリー

【めぞん一刻】とは、1980年から1987年にかけて、ビッグコミック・スピリッツに掲載されていたコミック。一刻館の管理人・響子さんと住人の五代君、その周囲の人が登場するホームドラマ的コミックでした。
その劇中に登場するのが時計坂駅というわけです。
連載開始時期は、ちょうど高校卒業直後でして、私もまだまだ純粋でしたので、主人公を影ながら応援しておりました。今でしたら、『ボケ、そこでいかんでいつ行くねん?』って叫んでいるかと思いますがhappy01

自分自身が目にした駅では、やはり南海高野線・泉北高速鉄道の中百舌鳥駅。南海ホークス時代の【あぶさん】に幾度となく登場しますが、電話ボックスの場所まで同じで感動したものであります。

印象に残っている【コミックに登場する駅】ありますか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

外国人選手の記録

少し前の週刊ベースボールで【日本プロ野球 歴代全外国人選手】という特集を組んでいました
W_baseball090706

最近は滅多に買わなくなったというか、立ち読みすらしなくなった週ベですが、こういうときだけは何故か書店が呼び寄せるんですなhappy01

小学校低学年で野球を見始め、【記録】というものに興味が出てきたのは高校生の頃
その頃の外国人選手の通算記録は、打者の場合はバルボン・アルトマン・シピン、投手の場合はバッキーとスタンカがほぼ独占している状態でした

現在はどうなっているのでしょうか?

通算試合出場
T.ローズ:1622(近鉄バファローズ・ジャイアンツ・オリックスバファローズ)
バルボン:1353(ブレーブス・バファローズ)
L.リー:1315(オリオンズ)
マルカーノ:1313(ブレーブス・スワローズ)
レオン:1255(オリオンズ・ホエールズ・スワローズ)
A.ラミレス:1186(スワローズ・ジャイアンツ)
ブーマー:1148(ブレーブス/ブルーウェーブ・ホークス)
R.ローズ:1039(ベイスターズ)
宮本敏雄:1007(ジャイアンツ・スワローズ)
平山智:996(カープ)

通算安打
T.ローズ:1737(近鉄バファローズ・ジャイアンツ・オリックスバファローズ)
L.リー:1579(オリオンズ)
レオン:1436(オリオンズ・ホエールズ・スワローズ)
A.ラミレス:1434(スワローズ・ジャイアンツ)
マルカーノ:1418(ブレーブス・スワローズ)
ブーマー:1413(ブレーブス/ブルーウェーブ・ホークス)
R.ローズ:1275(ベイスターズ)
シピン:1124(ホエールズ・ジャイアンツ)
バルボン:1123(ブレーブス・バファローズ)
A.カブレラ:1098(ライオンズ・バファローズ)

通算本塁打
T.ローズ:453(近鉄バファローズ・ジャイアンツ・オリックスバファローズ)
A.カブレラ:313(ライオンズ・バファローズ)
L.リー:283(オリオンズ)
ブーマー:277(ブレーブス/ブルーウェーブ・ホークス)
レオン:268(オリオンズ・ホエールズ・スワローズ)
A.ラミレス:266(スワローズ・ジャイアンツ)
ブライアント:259(ドラゴンズ・バファローズ)
C.ジョーンズ:246(ホークス・バファローズ)
T.ウッズ:240(ベイスターズ・ドラゴンズ)
マルカーノ:232(ブレーブス・スワローズ)

通算打点
T.ローズ:1230(近鉄バファローズ・ジャイアンツ・オリックスバファローズ)
A.ラミレス:921(スワローズ・ジャイアンツ)
L.リー:912(オリオンズ)
ブーマー:901(ブレーブス/ブルーウェーブ・ホークス)
レオン:884(オリオンズ・ホエールズ・スワローズ)
マルカーノ:817(ブレーブス・スワローズ)
R.ローズ:808(ベイスターズ)
A.カブレラ:800(ライオンズ・バファローズ)
アルトマン:656(オリオンズ・タイガース)
ブライアント:641(ドラゴンズ・バファローズ)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

通算登板試合
郭源治:496(ドラゴンズ)
J.ウイリアムス:367(タイガース)
シコースキー:343(マリーンズ・ジャイアンツ・メジャー復帰・スワローズ・マリーンズ)
荘勝雄:297(オリオンズ/マリーンズ)
郭泰源:272(ライオンズ)
スタンカ:264(ホークス・ホエールズ)
バッキー:251(タイガース・バファローズ)
クルーン:228(ベイスターズ・ジャイアンツ)
ギャラード:194(ドラゴンズ・ベイスターズ)
ペドラザ:194(ホークス・ジャイアンツ)

通算勝利
郭泰源:117(ライオンズ)
郭源治:106(ドラゴンズ)
スタンカ:100(ホークス・ホエールズ)
バッキー:100(タイガース・バファローズ)
ミンチー:74(カープ・マリーンズ)
荘勝雄:70(オリオンズ/マリーンズ)
J.パウエル:69(近鉄バファローズ/オリックスバファローズ・ジャイアンツ・ホークス)
グロス:55(ファイターズ)
ガルベス:46(ジャイアンツ)
ミケンズ:45(バファロー/バファローズ)
Mat.キーオ:45(タイガース)

通算奪三振
郭源治:1415(ドラゴンズ)
郭泰源:1069(ライオンズ)
スタンカ:887(ホークス・ホエールズ)
J.パウエル:858(近鉄バファローズ/オリックスバファローズ・ジャイアンツ・ホークス)
バッキー:825(タイガース・バファローズ)
荘勝雄:693(オリオンズ/マリーンズ)
ミンチー:626(カープ・マリーンズ)
ミケンズ:546(バファロー/バファローズ)
D.メイ:540(タイガース・ジャイアンツ)
シコースキー:504(マリーンズ・ジャイアンツ・メジャー復帰・スワローズ・マリーンズ)

記録は6/18現在、ラミレスやローズのように外国人枠から外れた場合も加算しています
週刊ベースボール7/6号より抜粋しました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

意外や意外、バースもクロマティーもオマリーもポンセも出てこないんですね
これはチョッと驚き
野手で長く活躍する選手にパリーグの選手が多いのは、DHがあるからでしょうかね
通算記録の野手部門はT.ローズの独占状態です。近年はDHが多くなったローズですが、来日当初は守備と脚力も【並みの上】位のレベルで、盗塁も87個記録しています。タイガースの選手を物差しにすると、昨シーズン終了時点で1631試合出場の矢野が15盗塁、1612試合出場の桧山が41盗塁ですから、決して【打つだけの選手】ではないと言えるでしょう。

投手では、台湾トリオが予想できませんでした。3人とも日本で長く活躍し、荘は引退後も日本に残ってマリーンズのコーチをされてますね。何となく、日本人選手のような感覚でいてました。

ランキングに名前の挙がった外国人選手が最初に入団した球団は
マリーンズ:野手3・投手2
ベイスターズ:野手3・投手1
ブレーブス⇒ブルーウェーブ⇒バファローズ:野手4・投手0
ホークス:野手1・投手2
近鉄バファローズ: 野手1・投手2
タイガース:野手0・投手3
ドラゴンズ:野手1・投手2
ジャイアンツ:野手1・投手1
カープ:野手1・投手1
ファイターズ:野手0・投手1
スワローズ:野手1・投手0
ライオンズ:野手1・投手0
イーグルス:野手0・投手0

☆私の選んだ外国人選手ドリームチーム(プレーを覚えている選手限定)☆
先発投手:J.パウエル
セットアッパー:J.ウイリアムス
クローザー:クルーン
捕手:該当者なし(城島をレンタルで召還)
ファースト:バース
セカンド:マルカーノ
サード:オマリー
ショート:シーツ
レフト:T.ローズ
センター:クロマティー
ライト:ライトル
DH:ブーマー
代打:ブライアント

これからも素晴らしいプレーを見せて下さい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

完全試合

といっても、高校野球の予選初期段階ですが

近大付の167センチ田中が完全試合

完全試合を喰らった高校は、私が高校進学時に天秤にかけた高校でして
こちらの方がランクは上でしたが、通学時間15分(自転車のみ)vs1時間(自転車+電車+バス)で、アッサリ却下happy01
長く野球部がなくて、まだ創部5年程度だったと思います

達成した近大付属の田中投手は身長167センチということで…地元ですがタイガースは取らないでしょう
『身長175センチ以上』というバーがあるようだし
ヨッさん(吉田義男さん)や久慈みたいな好選手もいたんだけど

投手(安田さん・石川)・野手(若松さん)問わず小さな選手が大成するスワローズが狙いそうな気がします
ケガが多いようなのは気になりますが
出身中学はワリと近い(車で30分ほど)ようで、頑張って欲しいです

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Eighteen by 松田聖子~死んでもいい(アホ)

ムチャクチャ可愛い
いや、このまま酔いつぶれて死んでもいいです、ホンマに

一つ前の記事でTRUE LOVEの映像を探していて見つけたのですが…

振り付けなどは現在と比べ物にならないくらい垢抜けていないというか、ハッキリ言ってダサいけど、そんな事はどうでもいいくらいカワイイheart04heart01heart02
それと、キャンディーボイスと言われる透明な声
♪愛してる~の 心から って言われて、完全に【その気】になったのは私だけではないはず(とんでもない妄想ですが)

世界最高のB面ソングです(A面は【風は秋色】だったのですが、CMソングだったのでNHKではご法度でした。今では考えられませんが)ですな
当然ですが、レッツゴーヤングは欠かさず見ていました
公開放送も一度当選して、見に行きました

いつまでも素敵な女性でいて欲しいです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休み

大阪府下は今日から夏休み
が、私は溜まった仕事を処理するため昼から事務所へgawk

【夏】をテーマにした曲はいくらでも思いつきますが、【夏休み】をテーマにした曲って、意外に思いつかないですね

♪それーでも 待ーってる 夏休み 吉田拓郎/夏休み
♪夏休みの 最後の想い出に 知らない街まで 二人できたのよ TRUE LOVE/松田聖子

間奏が好きだなー、この曲

♪ あー夏休み チョイト泳ぎ疲れ 胸に cool baby  TUBE/あー夏休み

夏休みって、子供のものであって大人のものではない…って事でしょうか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

交流戦効果?タイガース・久保、12球団からクールに白星

タイガースの久保投手が7月14日のドラゴンズ戦に登板、7回を3点に抑えて4勝目をあげました。この白星は史上7人目となる12球団白星でもあります。

4回にドラゴンズに先制を許しますが、その裏にタイガースはブラゼルと鳥谷のタイムリーで3点を取って逆転。しかし、6回の表にドラゴンズに2点を奪われて同点にされてしまいます。7回を投げ切って、その裏の攻撃。新井と狩野のヒットで1死1・2塁。ここで、久保の代打・桧山がタイムリーツーベースでまず1点。続く、平野の代打・高橋光が犠牲フライを打ち上げてさらに1点追加。
アッチソンが1点を失うものの、最後は球児がピシャッと締めて3連戦の初戦を取りました。
久保は3連勝で4勝目。そして、ドラゴンズは白星を挙げた12球団目のチームとなりました。

これまでに12球団から白星を挙げた投手は
野村収(ホエールズ⇒オリオンズ⇒ファイーターズ⇒ホエールズ⇒タイガース、18シーズン、579試合121勝132敗)
☆古賀正明(ライオンズ⇒オリオンズ⇒ジャイアンツ⇒ホエールズ、9シーズン211試合38勝54敗)
☆武田一浩(ファイターズ⇒ホークス⇒ドラゴンズ⇒ジャイアンツ、15シーズン341試合89勝99敗)
☆門倉健(ドラゴンズ⇒バファローズ⇒ベイスターズ⇒ジャイアンツ、13シーズン302試合76勝82敗)
☆吉井理人(バファローズ⇒スワローズ⇒バファローズ⇒マリーンズ、19シーズン385試合89勝82敗)
☆工藤公康(ライオンズ⇒ホークス⇒ジャイアンツ⇒ベイスターズ、28シーズン600試合224勝139敗)

初めて12球団勝利を記録したのは1983年、ホエールズ戦で白星を挙げた野村投手。
野村投手については、詳しく取り上げているブログ記事を見つけました。同じ方が古賀さんも取り上げています。

野村さん、古賀さん、その次の武田までは、【交流戦】というものが存在しない時代の記録です。つまり、セ・パそれぞれ2球団以上に所属し、古巣から勝利を挙げると言うことが要求されます。これが現在ですと、セ・パ1球団ずつの在籍でOKになるわけです(交流戦で移籍予定?チームから白星をあげつつ同一リーグ5球団から白星を挙げ、移籍後古巣を交流戦で降せばよい)。
なお、工藤は交流戦スタート以前にセリーグへ来てしまったので、ベイスターズに移籍後にジャイアンツを降して12球団白星を達成したので、前時代と同じパターンです。

話が横道へそれましたhappy01が、タイガースのローテ投手で一度も戦線離脱していないのは安藤と久保だけじゃないでしょうか?
よくぞ獲得していたとしか言いようがありません。近年、パリーグから移籍してきた投手が力を出せないままに退団していくケースが続いていますので、久保には頑張ってもらいたいです。

次も頼むよ、久保scissors

| | Comments (3) | TrackBack (0)

飛ばなくても大打者・石井琢郎 史上最遅の通算100本塁打達成

カープの石井琢郎内野手が4日のベイスターズ戦でエース・三浦から通算100本塁打を打ちました

ベイスターズから戦力外通告を出され、今シーズンからカープに移籍した石井内野手がプロの世界に足を踏み込んだのは1989年
まだ【横浜大洋ホエールズ】と呼ばれていた、今のベイスターズです
前年、ドラフト外で指名されて、投手として入団しました

92年、投手から野手に転向し、名前を【忠徳】から【琢郎】へと改名
当時のホエールズのエースは野村弘樹。斉藤隆や三浦大輔がルーキーの年です
力は落ちてきていたものの、斉藤明夫さんや遠藤さんもまだ現役でした

野手転向の年の7月26日、カープのエース・北別府さんからプロ入り本塁打を打ちます
この年に69試合出場して背番号も66から0へ
その後、ベイスターズの主力野手として活躍し、2006年には2000本安打も達成

しかし、【飛ばす】というタイプではなく、通算本塁打は今シーズン開幕時点で【99】
チーム68試合目、石井自身としては42試合目で出た1発が記念の100号でした

石井選手は昨日まで通算2,325本の安打を打っています
石井選手よりも通算安打の多い選手は

張本 勲 3,085(504)
野村 克也 2,901(657)
王 貞治 2,786(868)
門田 博光 2,566 (567)
衣笠 祥雄 2,543(504)
福本 豊 2,543(208)
長嶋 茂雄 2,471(444)
立浪 和義 2,468(171)
土井 正博 2,452(465)
落合 博満 2,371(510)
川上 哲治 2,351(181)
山本 浩二 2,339(536)
と、誰でも名前を知っている打者ばかり12名います
名前の後ろの数字が安打数、()内は本塁打数です

2,000本もヒットを打つような打者であれば100本塁打はアッサリ通過する記録であり、石井琢郎の2,202試合目での到達は異例です
『今は球場が広くなっているので…』『70年代から80年代は【飛ぶボール】を使ってた』などという事もあって、単純比較は出来ませんが
2,000本到達打者で最も本塁打が少ないのは新井宏昌さんの88本(2,038安打)、石井の次は広瀬叔功さんの131本(2,157安打)です
現在1,824安打で78本塁打の大村が来シーズン(ケガなくレギュラーを続けたと仮定して)2,000本安打を記録すると、新井さんと同じような割合になりそうです

安打数の割りに本塁打が打てない打者といって、まず思いつくのは和田豊(タイガース打撃コーチ)で、1,739安打に対して29本塁打
吉田義男さんが1,864安打で66本塁打
現役では1,244安打で3本塁打の赤星

非力を【脚力】や【バットコントロールの巧みさ】でカバーして長くレギュラーの座を守った選手が並びます
(タイガース=長打が打てない)ということを数字で実証してしまったようで辛いが…
それはおいときましてhappy01

全盛期の力はすでにありませんが、【パワーが無かったらレギュラー定着は出来ない】という常識を覆す石井の存在は、非力な選手の立派なお手本だと思います
まだまだ頑張ってもらいたいです(当然ですが、タイガース戦以外でcoldsweats01

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »