« 私鉄沿線~阪急京都線・相川 | Main | 交流戦効果?タイガース・久保、12球団からクールに白星 »

飛ばなくても大打者・石井琢郎 史上最遅の通算100本塁打達成

カープの石井琢郎内野手が4日のベイスターズ戦でエース・三浦から通算100本塁打を打ちました

ベイスターズから戦力外通告を出され、今シーズンからカープに移籍した石井内野手がプロの世界に足を踏み込んだのは1989年
まだ【横浜大洋ホエールズ】と呼ばれていた、今のベイスターズです
前年、ドラフト外で指名されて、投手として入団しました

92年、投手から野手に転向し、名前を【忠徳】から【琢郎】へと改名
当時のホエールズのエースは野村弘樹。斉藤隆や三浦大輔がルーキーの年です
力は落ちてきていたものの、斉藤明夫さんや遠藤さんもまだ現役でした

野手転向の年の7月26日、カープのエース・北別府さんからプロ入り本塁打を打ちます
この年に69試合出場して背番号も66から0へ
その後、ベイスターズの主力野手として活躍し、2006年には2000本安打も達成

しかし、【飛ばす】というタイプではなく、通算本塁打は今シーズン開幕時点で【99】
チーム68試合目、石井自身としては42試合目で出た1発が記念の100号でした

石井選手は昨日まで通算2,325本の安打を打っています
石井選手よりも通算安打の多い選手は

張本 勲 3,085(504)
野村 克也 2,901(657)
王 貞治 2,786(868)
門田 博光 2,566 (567)
衣笠 祥雄 2,543(504)
福本 豊 2,543(208)
長嶋 茂雄 2,471(444)
立浪 和義 2,468(171)
土井 正博 2,452(465)
落合 博満 2,371(510)
川上 哲治 2,351(181)
山本 浩二 2,339(536)
と、誰でも名前を知っている打者ばかり12名います
名前の後ろの数字が安打数、()内は本塁打数です

2,000本もヒットを打つような打者であれば100本塁打はアッサリ通過する記録であり、石井琢郎の2,202試合目での到達は異例です
『今は球場が広くなっているので…』『70年代から80年代は【飛ぶボール】を使ってた』などという事もあって、単純比較は出来ませんが
2,000本到達打者で最も本塁打が少ないのは新井宏昌さんの88本(2,038安打)、石井の次は広瀬叔功さんの131本(2,157安打)です
現在1,824安打で78本塁打の大村が来シーズン(ケガなくレギュラーを続けたと仮定して)2,000本安打を記録すると、新井さんと同じような割合になりそうです

安打数の割りに本塁打が打てない打者といって、まず思いつくのは和田豊(タイガース打撃コーチ)で、1,739安打に対して29本塁打
吉田義男さんが1,864安打で66本塁打
現役では1,244安打で3本塁打の赤星

非力を【脚力】や【バットコントロールの巧みさ】でカバーして長くレギュラーの座を守った選手が並びます
(タイガース=長打が打てない)ということを数字で実証してしまったようで辛いが…
それはおいときましてhappy01

全盛期の力はすでにありませんが、【パワーが無かったらレギュラー定着は出来ない】という常識を覆す石井の存在は、非力な選手の立派なお手本だと思います
まだまだ頑張ってもらいたいです(当然ですが、タイガース戦以外でcoldsweats01

|

« 私鉄沿線~阪急京都線・相川 | Main | 交流戦効果?タイガース・久保、12球団からクールに白星 »

セリーグ」カテゴリの記事

Comments

しゅりんぷ池田さん
お越しいただきましてありがとうございます

従来記録を400試合以上も更新ですか
通算三塁打歴代2位の毒島章一さんが100号到達では遅いほうから2番目というのも、対比的なものがありますね

Posted by: シルク | July 15, 2009 at 06:26 PM

これまで100号到達が最も遅いのは毒島章一の1773試合だったそうですよ。

Posted by: しゅりんぷ池田 | July 15, 2009 at 01:40 PM

>ごんふくさん
確かに、王さんに限らずホームランバッターの全盛期だったら2年でクリア出来てしまう数字ですね
言われてみれば

甲子園で大活躍して騒がれたワケでもない高卒ドラフト外入団と言うわけで、言葉は悪いですが球団も大して期待はしていなかったはず
しかも、投手から野手へ転向したわけで
石井より安打数の多い選手は、私らの世代の野球ファンだったら誰でも名前を知っているそうそうたるメンバーです

現役を終えたら、スカウトとかファームのコーチをやって欲しいな

Posted by: シルク | July 05, 2009 at 06:03 PM

石井が活躍し始めたころ、ちょうど手元にあった少し前の選手名鑑を見ていたら、あれれ?石井載っていないよ? そんなはずないし・・
と見直していて、石井が登録名を変更したのと、もともとは投手で入団したのを初めて知りました。

全盛期の王さんなら2年であっさり打ってしまう本数ですが、じわじわと時間をかけて達成した100本塁打にも味わいがありますね。

Posted by: ごんふく | July 05, 2009 at 04:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/45543422

Listed below are links to weblogs that reference 飛ばなくても大打者・石井琢郎 史上最遅の通算100本塁打達成:

« 私鉄沿線~阪急京都線・相川 | Main | 交流戦効果?タイガース・久保、12球団からクールに白星 »