« ナンバー【8】 | Main | おつかれさま、タイガース・秀太(田中秀太)内野手 »

ストーブリーグ

プロ野球も終盤戦、セリーグは今日にもジャイアンツの優勝が決まるか?という状況です
パリーグはファイターズがペースダウンするものの、2位のホークスもおつき合いで、『何かの間違いが起こったらイーグルスが…』という状態です

オマケに、クライマックスシリーズ出場権を争っているのがタイガースと野村監督率いるイーグルスで、今年は盛り上がっています
例年であれば、目標を失ったチームの戦力外通告や新政権の記事が出てくる時期ですが、今年はそれが皆無に近いですね

監督ですと、現在判明しているのは
1.マリーンズはバレンタイン監督が退団して新監督は西村さん
2.ベイスターズの田代監督代行は2軍監督に戻る
という2点だけです。

イーグルスの野村監督が契約最終年度ですので、本来であれば【次期監督は古田か?東尾か?】なんて記事が出てもおかしくないのですが、これだけ盛り上がっていれば、そんな記事は出せません。マスコミも上層部はわかっているかもしれませんが、そこは紳士協定もあるでしょう。

精神的支柱であるローズに正捕手日高など、故障者続出とローテ投手2年目のジンクスに見舞われたバファローズは、山田久志さんに岡田さんの名前が挙がっています
ベイスターズは伊東勤に尾花さん、佐々木大魔神という名前が出ています

さらに、ここへきてスワローズの高田監督が『場合によっては責任を』と漏らしているようです

ここからはあくまでも推測ですが…

イーグルスが3位以上を確保した場合
1.野村さんはもう1年残留
2.ベイスターズは伊東か大魔神
3.バファローズは懲りずに外国人監督

イーグルスが3位以上を確保できなかった場合
1.野村さんはベイスターズ監督
2.イーグルスは東尾さん
3.バファローズは懲りずに外国人監督

バファローズに山田さん・岡田さんは無いような気がするのですが、どうでしょうか?

すべてはイーグルス次第のような気がします

タイガースは…5割は厳しい雰囲気が漂ってきましたが、とりあえず真弓監督残留ですかね
ただ、打撃コーチあたりのテコ入れはあるかもしれません
広澤の復帰とか


あっと驚く金本引退⇒打撃コーチ就任とか


金本にトレーニングコーチをやらせたら、大半の選手はキャンプで潰れそうthink

|

« ナンバー【8】 | Main | おつかれさま、タイガース・秀太(田中秀太)内野手 »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

>ぼぶさん
そこまで言い出すと(ジャイアンツへの流出)キリがなくなってくる…と言いたいのですが、ウチも人様の事は言えませんからねcoldsweats01

立浪・谷繁・和田の会話はなかなか興味がありますね
ただ、これはベテランになって在籍しているチームがどこかによっても気持ちは変わるんじゃないでしょうかね?

金本の全試合は、もう厳しいと思うんですけどね
本人はどう考えているのだろうか?

大どんでん返しで、金本と矢野が引退してイーグルスの監督とコーチ…なんて、あるワケないですよね
ナンボ、大学が仙台だったからって

Posted by: シルク@仕事せな | September 24, 2009 at 04:29 PM

高田さんのスワローズのGMは、普通に考えればシルクはんのおっしゃる通り適材適所かなと思います。ただファンの心情的にジャイアンツOBの高田さんがフロントスタッフと言うのはありえんのじゃないですかね。またジャイアンツに選手を獲られるかと疑心暗鬼に陥ってしまうかもしれません。

金本はどうするんでしょう? 要は本人がどう考えているかなんでしょうけどね。大選手はだいたい自分なりの引き際の基準を持っているものです。そう言うものを金本自身が持っているのか、それともボロボロになるまでやるつもりなのか?(どちらがいいとか悪いとかの話ではありません) ただチームとして起用法に困るようになってしまうと本末転倒ですよね。金本もチームリーダーとしてその当たりは感じていると思います。来期現役引退はないと思いますが、全試合全イニング出場をどうして行くかが問題でしょうねぇ。(シーズン最初っから捨てる必要はないですけど)

先日東海地区でやっていたあるドラゴンズ番組で立浪、谷繁、和田が飲みながら話すると言う企画(シーズン中にやる企画か?coldsweats01)があってその中で立浪が今年で現役引退と言うことで引き際(引退)が話題に上りました。
谷繁は現役に固執すると、仮にドラゴンズで戦力外になっても拾ってくれるチームがあれば行くと言ってました。谷繁曰く、一度チームを移っているのでそのあたりの壁は低いと。
立浪はドラゴンズ一筋なんでチームを変わるのは考えられないと言ってました。和田も移籍組ですが、彼は念願の地元ドラゴンズに入れたのでもうよそへ行くつもりはないと言ってました。各人の性格、考え方が出ていておもしろかったですね。

Posted by: ぼぶ@豊橋 | September 24, 2009 at 12:41 AM

イーグルスはCSどころか2位も射程圏内ですね
次の次がホークスとの直接対決ですね
ローテーション的に杉内が出てこないのは、イーグルスには有難いか?

高田さんはファイターズの監督時代もさほどずば抜けた成績を残したワケでもありません(5位・5位・3位・3位)。先頭に立ってガンガン引っ張る雰囲気でもないし、監督よりも編成などのチーム作りの方が合っているのかもしれないですね。

チーム状態をじっくりと見極めてフロント入りして、故・根本陸夫さんのような役割を務める
そして、もう一度古田復帰(または宮本新監督)なんて、どうでしょうか?

ノムさんは『弱いチームを立て直す』というのが生きがいのような気もします。タイガースでは結果は残せなかったけど基礎は出来ました。
次があるとしたらベイスターズかな?

Posted by: シルク | September 23, 2009 at 09:57 PM

たしかに楽天イーグルス、CSも視野に入ってきて、ますますノムさんの後任は話題にでにくくなりましたね。
おとといの敬老の日なんか、なんとサッチー投手、ノムさん捕手の「高齢者始球式」やってましたし(あんまり見たくない・・)。

スワローズファンの掲示板では「高田ヤメロ」の声も多いです。
しかしここで辞めても、最下位になったワケじゃないし。
楽天の契約終了したノムさんが、再びスワローズに! なんて空想もしたりしてます。

Posted by: ごんふく | September 23, 2009 at 09:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/46289046

Listed below are links to weblogs that reference ストーブリーグ:

« ナンバー【8】 | Main | おつかれさま、タイガース・秀太(田中秀太)内野手 »