« 鶏レバーの辛味炒め | Main | ニュージーランドトロフィー(G2) »

頑張れキムタク

ニュースなどでご存知の通り、ジャイアンツの木村拓也コーチが2日のカープ戦の試合前、グランドで倒れてそのまま病院へ搬送というショッキングな出来事がありました。
くも膜下出血だそうで、依然として危険な状態との事。

が、この症状で死線を彷徨い、生還した人を間接的ではありますが2人知っています。
だから、【絶対ダメ】ということはないはず。

技術的にも体力的にもほとんど伸びしろのない年令で、ジャイアンツと言う移籍選手には難しいチームでレギュラーをとり、スクランブル捕手を務めるなど、チームに欠かせない選手になったキムタク。

モチベーションの伸びしろは無限大のはず
1日も早い回復を心より願っております


訃報
残念ながら、ファンの願いは届くことなく、4月7日未明、37歳の若さで帰らぬ人となりました。

大して期待もされずにテストで入団し、スイッチヒッター、異なるポジションへの挑戦、2度のトレードと、ビルの屋上の雑草のように逞しくプロ野球人生を全うした木村コーチ。

彼の記事を書くのは、これで4回目です。

おつかれさま、ジャイアンツ・木村拓也内野手

総力戦~残り3試合マジック2状態?…かと思ったら

おめでとう1,000本安打 ジャイアンツ・木村拓也外野手

毎年打撃ベストテンに入るようなバリバリのレギュラーでもなし、タイガースの選手でもなし、そんな選手の記事を3度も書いたのも、逞しく輝くものがあったからだと思います。

天国でのんびりと野球を楽しんで下さい
心よりご冥福をお祈り申し上げます

|

« 鶏レバーの辛味炒め | Main | ニュージーランドトロフィー(G2) »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

>ごんふくさん
人なつっこい朴訥な笑顔
泥臭くプロ野球界を生きて
九州男児

博一さん(加藤博一)を思い出しました
テストで入団して、トレードのたびに選手としてのハクを上げて、外様でありながらチームに欠かせない選手になって…

早逝まで似なくてもいいのに

私より10歳以上も若いのに
残念としか言いようがないです

天国でのんびり野球を楽しんで下さい
ご冥福をお祈り申し上げます

Posted by: シルク | April 08, 2010 at 02:12 AM

残業の帰り、地下鉄の中でケイタイのネットニュースで訃報を知りました。
まだ37歳とは若すぎます。
ひとなつっこい朴訥な笑顔といい、泥臭く、プロ球界で生き抜いた姿といい、いかにも九州男児らしいです。
ご冥福をお祈りします。

Posted by: ごんふく | April 07, 2010 at 10:31 PM

>ぼぶさん
前夜、頭痛であまり眠れなかったと言っていたそうです
それが予兆だったのかもしれません

ズムサタは宮本とキムタクと大道のスポーツバラエティー番組だと思っているファンもいるかもしれないです。
いつも明るいキムタク、また元気に笑顔で戻ってきてもらいたいです

頑張れ、キムタクrock

Posted by: シルク | April 04, 2010 at 03:59 PM

容態が心配でジャイアンツが勝っても心は晴れません。

予兆とかはなかったのかなぁ、スポーツ選手であった故の過信があったのかなぁ。単身赴任も影響してたのかなぁ。

ズムサタに奥さんや子供たちが登場したりして顔を知っているだけになおさら心が痛みます。

心の底から快復を祈っています。

Posted by: ぼぶ@豊橋 | April 04, 2010 at 12:47 PM

>ごんふくさん
【何か変わったことは起こっていないか?】と、ネットにアクセスするたびにスポーツ欄へアクセスしています。

スポーツで鍛えた体、しかも一般人と変わらない体格(身長173センチ=ヒデさんと同じ位、部長やぼぶさんより低い)、さらに、『選手でダメだったらカベ(=ブルペン捕手)で使えるやろから採用しとこか』という程度の期待でテスト入団し、3球団を渡り歩いて1,000本安打という一流選手の証まで掴んだ精神力

きっと復活してくれると信じています

Posted by: シルク | April 04, 2010 at 11:41 AM

依然、意識不明状態とのこと。
心配ですが、スポーツで長年鍛えた体です。
きっと回復できるものと思っています。
わたしも高血圧という持病があるので、
このクモ膜下出血ってリスクが高いんじゃないかなあと
常々心配です。

Posted by: ごんふく | April 04, 2010 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/47990461

Listed below are links to weblogs that reference 頑張れキムタク:

« 鶏レバーの辛味炒め | Main | ニュージーランドトロフィー(G2) »