« オッサン、はじめてフラを観る | Main | 汗が止まらない »

おつかれさま、タイガース・矢野燿大捕手(追記しました)

お盆休み、むさ苦しいオッサン4人で甲子園歴史館へ行ったのは、先日の記事でお知らせした通りです。

その際、こんな写真を観て
Koushien008
『これが見納めかもしれないですねthink』などと思ったのですが

1ヶ月も経たないウチに現実になってしまいました

阪神 矢野が現役引退 右ひじの痛み癒えず決断

記者会見 & インタビュー

矢野選手は、大阪市平野区出身。桜宮高校から東北福祉大学を経て90年ドラフト2位(1位=小島、4位=森田=91年新人王)でドラゴンズに入団します。
タイガースの主な指名選手は1位=湯舟、2位=関川、3位=山崎、4位=田村…珍しく4人も【当たり】の年度で、この年の入団選手が92年のV争いを支える事になります。
プロ野球的には8球団(タイガース・スワローズ・ドラゴンズ・ファイターズ・バファローズ・カープ・ライオンズ・オリオンズ)が競合した亜大の小池が『ロッテだけは…』とつぶやいた年。他にも、岡林・高津(スワローズ)、鈴木尚(ホエールズ)、水口・佐野(バファローズ)、瀬戸・山崎健(カープ)、長谷川・野村(ブルーウェーブ)、元木(ジャイアンツ)、奈良原(ライオンズ)らがプロに飛び込んできました。

当時のドラゴンズは若き正捕手・中村武志がいたため、出場機会は限られていました。96・97年あたりは打力を生かすためか、外野手としての出場も目立っています。

そんな矢野に転機が訪れたのは97年のオフ。大豊+矢野⇔関川+久慈という、同一リーグ同士のトレードで、矢野はタイガースにやってきます。当時のタイガースの正捕手は【とりあえず山田】という状況だったのですが、矢野はスグに取って代わり、移籍初年度に110試合に出場。川尻と組んでノーヒットノーランも記録しています(ドラゴンズ時代にも野口と組んで記録していて、2度目)。
翌年には監督が野村監督となり(~2001年)、初めて規定打席もクリアして打率3割に到達(.304)。矢野にとって、大きく飛躍する年でもありました。

2002年、タイガースは星野監督を迎えて開幕から好調を維持し、優勝がチラついていたのですが、矢野のケガと共に大失速。矢野がチームになくてはならない存在になっていた事を実証した年でした。
翌年、タイガースは金本や下柳、伊良部らを迎えてチーム力も向上。85年以来18年ぶりの優勝を掴みます。矢野は惜しくもMVPを井川に譲ったものの、若手投手・移籍してきたベテラン投手を問わず巧みなリードで信頼を得ます。また、この年初めてベストナインとゴールデングラブ賞を受賞しました。

その後の活躍はご存知の通りですので割愛coldsweats01

しかし、2008年オフに手術したヒジの具合が良くならず、2009年は正捕手の座を狩野に譲る辛いシーズンになりました。登録名を【矢野輝弘】から【矢野燿大】に変えたのもこの年です。
そして今年、城島の加入と癒えないヒジの故障に、ついに引退を決意しました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


『甲子園球場のヒーローインタビューがどこの球場よりも素晴らしい』と思えるのは、スタンドのファンに向かって心の底から感謝の笑顔を見せる矢野と桧山がいるからだと思っています。
ドラゴンズからトレードで移籍してきた矢野ですが、ずっとずっとタイガースにいた選手と同じくらい、いや、それ以上に思っています。
2度も優勝させてくれてありがとう、矢野

(アカン、涙出てきた)

今後の進路はまだ未定だと思いますが、人望のある矢野であれば解説者、指導者、どの道に進んでも成功すると思います。
いつの日か、タイガースのユニフォームを着て、【矢野二世】【井川二世】【球児二世】を育てて下さい。
おつかれさまでした。

|

« オッサン、はじめてフラを観る | Main | 汗が止まらない »

セリーグ」カテゴリの記事

阪神タイガース」カテゴリの記事

Comments

ついこの前まで、【監督は生え抜きでなければ】という不文律のようなものがあって、【矢野監督】は難しかったかもしれませんが、ここのところ4人中2人は外部招聘、1人は外部から移籍、1人は外部へ移籍後復帰なので、何ら支障はないでしょう。

でも、他の球団にとっても矢野の人気は魅力ですから、タイガースより先に他球団のユニフォームを着ているかもしれませんね。真弓さんがバファローズのユニフォーム着たように。

最後はケガで引退とはいえ、捕手というケガの多い重労働のポジションで大卒から20年の現役は立派の一言です。

Posted by: シルク | September 04, 2010 at 07:35 PM

若手の台頭、或いは自身の衰えによるものなら兎も角、
故障により泣く泣く引退、というのも辛いでしょうな。

故障が癒えたところで、今となっては城島も居る。
年齢的なものもある、高年俸というのもネック。
残念ですが、やむなしといったところですね。
あくまで客観的に申しますとね。

将来必ずや指導者として帰ってきて欲しいですな。

Posted by: スチャラカ部長 | September 04, 2010 at 03:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/49333927

Listed below are links to weblogs that reference おつかれさま、タイガース・矢野燿大捕手(追記しました):

« オッサン、はじめてフラを観る | Main | 汗が止まらない »