« September 2010 | Main | November 2010 »

天皇賞(秋)

突然寒くなりましたな
競馬も勝てなくて寒いです
スワンステークス? んなもん、取れるわけおまへんがなthink

とはいえ、ここらでそろそろ秋G1をスカッと勝っておかなきゃね

◎2ブエナビスタ/スミヨン
○7ペルーサ/安藤勝
△10シンゲン/藤田
△12アーネストリー/佐藤哲
△18アリゼオ/福永
×3ジャガーメイル/ホワイト

天皇賞・ジャパンカップ・有馬記念と3連勝したら賞金と別に2億円のボーナスがあるそうで、テイエムオペラオーとゼンノロブロイが手にしているそうですね。
ブエナビスタはどうでしょうか?
ぶっ飛ぶケースは考えにくいですが、牡馬と混合のG1は有馬記念・宝塚記念といずれも2着。他馬にとって、どうにもならない相手でもない気がします。
ペルーサとアリゼオの3歳2頭に期待しています。

結果:馬連+ワイド2点的中\(^_^)/ アンカツおおきに\(^_^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フォー(ライスヌードル)

文字からは【ビーフンの親戚かいな】というイメージを持ちます。確かに、米を原料とする麺ですが、舌触りは全然別物であります。ツルっとした舌触りの麺です。

Photo

今回は、焼ビーフンと同じ要領で炒め物にしました。

1.豚肉は1センチ幅に切って、塩コショウと小麦粉をまぶしておく
2.野菜も1センチ幅に切っておく
3.麺は説明書を見ながら戻しておく(この麺はぬるま湯に15分位漬けたかな?多分)
4.中華鍋にサラダ油を熱し、1の豚肉を入れて強火で炒める
5.続けて野菜を投入し、塩コショウを少々ふり、手早く炒めます
6.3で戻した麺を入れ、ナンプラーを少々ふり、具とかき混ぜるように炒めます
7.塩コショウで味を整えて出来上がり

冷めても美味しくいただけますので、弁当箱の隙間解消にいいかと思いますhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菊花賞(G1)

大阪府南西部のシルク家周辺は稲刈りシーズン
菊の花に少し早いのですが、G1はクラシック最終戦・菊花賞です

◎10ローズキングダム/武豊
○3クォークスター/藤岡佑
▲15トウカイメロディー/吉田隼
△1ヒルノダムール/藤田
△4ネオヴァンドーム/武幸
夢13ゲシュタルト/池添

結果:最後に切った馬が来たsad

| | Comments (535) | TrackBack (0)

103系や、文句あっか?

首都圏ではこんな事で盛り上がっているようですが…
さよなら中央線201系

そないにノスタルジーしたかったら阪和線へお越し下さいscissors
201系どころか、すきま風吹きすさぶsnow103系がまだまだ現役バリバリですcoldsweats01
ラッシュ時には快速電車としても運行されてます

015
阪和線 東佐野~和泉橋本間にて撮影 22,10.3

マジで冬は寒いでっせgawk

| | Comments (5) | TrackBack (0)

秋華賞(G1)

泉州(大阪府南西部)各地の秋祭りも先週でほぼ一段落。稲刈りも終わって秋本番です。秋競馬もG1第二戦・秋華賞。3歳牝馬クラシック最終戦は、アパパネの三冠達成に注目が集まります。

◎17ワイルドラズベリー/池添
○15アパパネ/蛯名
▲10アニメイトバイオ/後藤
△11エイシンリターンズ/福永
△3ショウリュウムーン/四位
×8オウケンサクラ/内田博
×5サンテミリオン/藤岡佑

過去10年で単賞1・2番人気が揃ってぶっ飛んだ事は2回しかありませんが、その2回は10番人気&7番人気(ティコティコタック-ヤマカツスズラン)、11番人気&8番人気(ブラックエンブレム-ムードインディゴ)という組み合わせ。11年前のもブゼンキャンドル-クロックワーク(13番人気&10番人気)。荒れるときは【まともな人間はまず買わない組み合わせ】となるので、とりあえずはローズステークス組を信頼します。

結果:アパパネ・蛯名騎手・国枝調教師、牝馬三冠おめでとう\(^_^)/ 枠連のみ的中、トリマイ(ユタカのボケ(-_-メ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴーヤの唐揚げ

京セラドームへ行くとこんなヤツ016をよく見かけるからってワケでもないですがhappy01、ゴーヤです。
手間もスキルも不要、ただ揚げるだけですが美味しいです。

Photo

1.ゴーヤは0.3~0.5センチ厚に切ります
2.塩コショウと片栗粉をまぶし、サラダ油でカリっとなるまで揚げて出来上がり

冷やの日本酒か焼酎のロック、ウイスキーなどが合う気がします(今回は日本酒bottleでした)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイガースの投手陣を振り返って

まだクライマックスも日本シリーズも残ってますが、ナゴドで試合がある以上勝てないでしょう。もうどうでもいいです。
(とか言っておいて、第一試合で浅尾をKOして逆転勝ちして狂喜乱舞していたりしたらスミマセン、タイガースファンとはそういう生き物ですcoldsweats01

で、タイガースのチーム防御率が09年の3.28から4.05へ急降下。
これはただ事ではありませんgawk
何がどう悪かったのか考えてみました。

反省点
1.完投数少な過ぎ:久保4(1)、スタンリッジ2(1)、秋山1(1)、合計7が完投のすべて( )内は完封。
いくら継投全盛時代やからって、コレはアカンでしょ。そのおかげで久保田や渡辺、西村が勤続疲労から戦線離脱したりで、後ろの投手への負担はかなり大きかった。

ちなみに他球団は ドラゴンズ12(8)、ジャイアンツ3(2)、スワローズ10(7)、カープ13(4)、ベイスターズ2(1)です。
パリーグはホークス6(5)、ライオンズ13(6)、マリーンズ16(4)、ファイターズ15(4)、バファローズ17(7)、イーグルス18(3)です。パリーグの場合はDH制があるため、こう着した投手戦の終盤に代打を送らなくてよいという影響も大きいですが、各チームに絶対的エースがいて、どのチームも5完投している投手を1人出しています(最多完投はダルビッシュの10、最多完封は金子千尋の6)。反対にセリーグは5試合以上完投したのがカープの前田健のみです。

完投出来そうな投手は最後まで投げさせようrock

2.育成能力ゼロ
完投した3投手ですが、久保は不釣合いなトレードでマリーンズから移籍、スタンリッジはホークスを退団して帰国していたのを呼び寄せ、秋山は苦し紛れに使った高卒ルーキー。さらに40歳を超えた下柳が100イニング投げて7勝。
能見と岩田、若きエース級がケガで戦列を離れたとは言え、元からいた投手は何やっていたのかthink
(捕手が矢野・狩野から城島に変わった戸惑いは多少考慮せなアカン気はしますが)

ただ、上園と鶴はもう少し根気よく使ってもいいのでは? コレといった特徴に乏しいですが、それはリリーフの渡辺や西村だって同じ。
逆に、安藤・福原・江草あたりは厳しいオフが待っているものと思われます。

収穫
1.久保田復活か?
昨年1年を棒にふった久保田、そこまで散々酷使され続けていただけに、『もうアカンか…』という考えも脳裏をよぎりましたが、見事に蘇りました。途中で少しダメな期間もありましたが、見事な復活は嬉しい限りです。
ただ、久保田も30歳、退職金100億円出す気がないなら、もう少し労わって使ってやって欲しい。

2.お見事秋山、頑張れ鶴
高卒ルーキーの完封は86年の遠山以来とのこと。その後の活躍は知っての通り。来年はさらに飛躍して欲しい。
また、今年は鶴が2勝していますが、タイガースの高卒生え抜き先発投手が2人勝ったなんて、いったいいつ以来でしょうか?(マジメに調べると絶望しそうな気がします…think 01年に中込が3勝、井川が9勝していますが、ココまで遡る?) 来シーズンは、井川以来となる高卒投手の規定イニング到達・2ケタ勝利をクリアして、投手王国復活の礎となってもらいたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

毎日王冠(G2)

こちらは東の天皇賞前哨戦
いつもの年と比べたら知らない馬の名前が多くて、一瞬『オーストラリアトロフィーか?』などと思ってしまいましたhappy01

◎2ペルーサ/安藤勝
○7シルポート/酒井
▲5ショウワモダン/後藤
△3エイシンアポロン/蛯名
△4アリゼオ/福永

勝ち負け出来そうな3歳馬が3頭も出てきました。連対すれば98年のエルコンドルパサー以来、勝てば88年のオグリキャップ以来ですが、どうでしょうか?
頭数は少ないですが、実力伯仲。出走する10頭、どの馬も勝てそうですな。

結果:アンカツ(-_-;;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都大賞典(G2)

G1以外の予想を書くのは久しぶりです
ぼぶさんが淀で勝負して、その足で大阪まで駆けつけてご馳走して下さるって事ですのでscissors

◎9オウケンブルースリ/内田博
○6プロヴィナージュ/佐藤哲
▲2メイショウベルーガ/池添
△8スマートギア/武幸
△11フォゲッタブル/武豊

オウケンブルースリって、どこか悪いところがあって春G1を休んだんでしたっけ?
長期休養明けでなければ新聞の印ももう少し重くなると思うんですけどね
このレース、かつては銀行レースだったのですが、近年は1番人気が結構飛んでます
天皇賞・ジャパンカップの前哨戦という位置づけのレースなのですが、今年はエリザベス女王杯の前哨戦ですね
フォゲッタブルは【足を余して4着】の予定

結果:手堅く馬連的中\(^_^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

訃報~大沢“親分”啓二氏 死去(追記しています)

昼食を買いにコンビニへ行ったら夕刊紙の1面に目が止まってビックリ…

野球界の親分 元日本ハム監督・大沢啓二氏が死去

20代の若い方には【日曜日の朝に『喝!』と叫んでいるおじいちゃん】、私らの年代だったら、【後楽園・東京ドーム時代のファイターズの礎を作った方】、親の世代なら【南海ホークス全盛期の外野手】、長きにわたりプロ野球に貢献されてきた大沢啓二さんが7日朝、お亡くなりになられました。

大沢親分は、横浜市保土ヶ谷区の神奈川商工から立教大学を経て1956年に南海ホークスに入団。高校を卒業してテストでホークスに入団3年目の野村克也さんがレギュラーを取った年…と言えば、どんな時期だったか想像がつくでしょうか?

ホークスでは広瀬さんを筆頭に杉山光平さん、穴吹義雄さんら外野手の層が厚く、完全にレギュラー獲得まではいかないものの、9年間プレー。最後の1年は東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)へ移籍して現役を引退しました。

現役引退後は、オリオンズでコーチ・監督。ファイターズでも2度にわたって監督を務められました。

私は5年弱首都圏に住んでいました。最初の2年は専門学校に通っていたのですが、学校の場所は神田駿河台。つまり、旧後楽園、現在は東京ドームは目の前でした。バイトの無い日、何度かファイターズの試合も観戦したものであります。
その当時の監督が大沢親分。
攻撃陣は大砲・ソレイタを軸に、確実性の高い中距離打者のクルーズ、俊足のトップバッター・島田誠さん、勝負強さが光る柏原さんに古屋さん。センターラインは捕手=大宮さん、二遊間=高代さん・菅野さん、センターは島田誠さん。
投手は左腕王国で、リリーフエースの江夏さん、先発は高橋一三さん、間柴さん、木田さん、村上マッシー。右は岡部さんが最優秀防御率。

プロ野球ニュースで見ただけですが、忘れられないこの年の試合は、開幕から無敗を続ける間柴さんの連勝が止まるかと思われた試合で、こんなゲームでした。
1981.9.7 後楽園 観衆12,000人

南海ホークス 003 000 000|3
ファイターズ 000 000 004x|4
勝:間柴13勝 負:山内孝7勝10敗

ホークス
(三)藤原
(中)新井
(右)タイロン
(指)門田
(一)上田<アテ馬>
打一 山本雅
一 池之上
(左)久保寺
(二)河埜
(遊)定岡
遊 岡
(捕)吉田
【投手】山内孝-水谷
 
ファイターズ
(遊)高代
(二)菅野
(右)クルーズ
(一)柏原
(指)ソレイタ
走指 木村
(左)井上弘
(捕)大宮
(三)古屋
(中)岡持
【投手】間柴

岡持さんのサヨナラヒットの瞬間、選手がいっせいにベンチから飛び出し、まるで優勝決定の瞬間だった記憶があります。
そして、これで勢いが加速したか、チームは後期優勝(当時のパリーグは前後期制、82年まで)。プレーオフでもロッテオリオンズを降して、パリーグのチャンピオンになります。これは62年に東映フライヤーズが優勝後、日拓ホームフライヤーズ⇒日本ハムファイターズと球団名が変わって初めての優勝でした。

また、現場を離れた後も日本プロ野球OBクラブ理事長やプロ野球マスターズリーグ委員会議長、モルツ球団監督などを務め、影に日なたにプロ野球の発展と振興に尽力されました。

現役時代、指導者時代を通じて、決して陽の当たる場所にいたわけではありません。しかし、現場を離れても常にプロ野球界に愛情と熱意を注がれた大沢親分、天国でのんびり野球を楽しんで下さい。
ご冥福をお祈り申し上げます。

追記
西武ドームで行われたクライマックスシリーズ第1戦、試合前に大沢親分を偲ぶメッセージが流されたそうです。
試合前には大沢氏しのんで両軍が黙とう
実施を決めたライオンズ、協力依頼に応じたマリーンズ、そして両チームのファン、すべてに感謝したいエエ話です。チームの別け隔てなく球界の発展に尽力された親分も喜んでおられると思います、きっと。
うう、涙が止まらないweep

| | Comments (3) | TrackBack (2)

おつかれさま、イーグルス・小坂誠内野手

イーグルスから戦力外通告を受けていた小坂誠内野手が引退の意向を固めたようです

「仙台で終わりたかった」小坂、故郷で引退決意

小坂内野手は宮城県の柴田高校からJR東日本東北を経て96年のドラフト5位指名でマリーンズへ入団。
ドラフト同期は、先日塩崎選手の記事でも触れました通り、タイガース=今岡・関本・濱中、ホークス=井口・松中・柴原・岡本、ベイスターズ=川村・森中・石井義、マリーンズ=清水将・小林宏・小坂、スワローズ=岩村、バファローズ=前川・大塚・磯部、カープ=沢崎・黒田、ライオンズ=森・和田、ドラゴンズ=小山・森野、ファイターズ=小笠原・高橋信、ジャイアンツ=入来兄・三沢・鈴木尚、ブルーウェーブ=谷・塩崎・佐竹といった選手です。
アトランタ五輪後という事もあって逸材揃いのドラフトで東北地方の無名高校から社会人入団の小坂選手、注目していたチームはいくつあったでしょうか? 身長167センチ(私と同じです)の小柄な内野手、『守備固めと代走がせいぜいだな』と、誰もが思った気がします。

が、小坂選手は97年の開幕戦にスタメン出場すると、いきなりの猛打賞。さらに、シーズン56盗塁(盗塁王はライオンズの松井稼で62=オールスターゲームで古田から二盗三盗を連発した年です)を記録し、新人王に選ばれます。この56盗塁という数字は、セ・パ分立間もない52年にスワローズの故・佐藤孝夫選手が記録した45を大幅に上回り、今も破られない新人選手最多盗塁記録です(赤星はルーキーで盗塁王になっていますが盗塁数は39です)。

と、ここで佐藤孝夫さんの事をwikiで調べてビックリflair
1.佐藤さんも宮城県白石高校から仙台鉄道管理局経由でプロ入りと、小坂選手と似たような経歴。
2.佐藤さんは後年、スワローズなどでコーチを務めた後、90年からはスワローズのフロント入りしていました。スワローズは『小柄』という理由で小坂選手を指名出来なかったため、マリーンズの広岡GMに打診し、マリーンズが小坂選手を指名したそうです。
(スワローズは安田さんに若松さん、石川など、身長にはこだわらないような気がするのですが)

俊足と機敏な動きで範囲の広い小坂選手の守備は【小坂ゾーン】と呼ばれ、『守備を見るだけで球場に来る価値がある』とまで言われていました。

ゴールデングラブ賞を4度受賞しています。また、盗塁王も98年と2000年の2度受賞。

ジャイアンツから金銭トレードでイーグルスに移籍した際は、宮城県をフランチャイズとするイーグルス初の宮城県出身選手として話題にもなりました。
そして、イーグルスから戦力外通告を受けた今回も『仙台で終わりたかった』と、引退を決意したようです。

通算成績は1371試合4261打数1069安打、 143二塁打・ 63三塁打(歴代16位タイ)・ 19本塁打、303打点・ 279盗塁(歴代33位)267犠打(歴代9位)、打率 .251 でした。
(記録は2010.10.2現在)

ネット上でのファンのコメントにも『あの守備が見られなくなるのは残念』という内容のものが多く見られます。それは、小柄な体格を補って余りある小坂の守備に対する最高の評価でしょう。
引退後の予定は未定のようですが、『仙台、宮城、東北にご協力できることがあれば』と球団には伝えているようで、指導者になるものと思われます。

小柄な体格というハンデをものともせず、引退を惜しまれる選手にまでなった小坂選手、長い間おつかれさまでした。今後は【小坂2世】を世に送り出すべく頑張ってください。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

スプリンターズステークス(G1)

『暑いんか冷え込むんかハッキリせぇやgawk』という日々が続きますが、体調を崩したりされていませんでしょうか?
泉州(大阪府南西部)は秋祭りのシーズンであります。岸和田、百舌鳥とまあまあ名前の知れている神社の秋祭りが終わり、今週と来週はローカルな秋祭りがどっと実施されます。
だんじり通過の際は、幹線道路も通行止めになりますから、極力車は乗らないほうがよいです。巻き込まれたらドツボですから。

で、秋祭りが始まればスプリンターズhorse
ダイタクヤマトの夢よもう一度shine

◎2ダッシャーゴーゴー/川田
○14キンシャサノキセキ/四位
▲5ビービーガルダン/安藤勝
△6グリーンバーディー/デュプレンシス
△8ワンカラット/藤岡佑
×11プレミアムボックス/幸
×15ジェイケイセラヴィ/江田照

G1レースって、普通は充実の4・5歳牡馬が主役になるものなのですが…今年は該当する馬は1頭だけ
まるで、敬老の日の老人会主催体育大会ですなcoldsweats01
てなわけで、若返りの期待も込めてイキの良い3歳馬に◎印scissors

若返りといえば、バファローズの大村が戦力外通告を受けました
チームの若返り方針だそうですが、悪いところはないようです
左の外野手が不足しているチームであれば、まだまだ働けるはずなのですが、いかがでしょうか?

濱中・坪井・小坂・憲史(川口)・佐伯・金村暁らも戦力外だそうです
小坂の守備を2度と見られないのは残念
現役続行を希望しているようですが、どうでしょうか

結果:何すんねん、ウルトラファンタジーthink

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »