« スプリンターズステークス(G1) | Main | 訃報~大沢“親分”啓二氏 死去(追記しています) »

おつかれさま、イーグルス・小坂誠内野手

イーグルスから戦力外通告を受けていた小坂誠内野手が引退の意向を固めたようです

「仙台で終わりたかった」小坂、故郷で引退決意

小坂内野手は宮城県の柴田高校からJR東日本東北を経て96年のドラフト5位指名でマリーンズへ入団。
ドラフト同期は、先日塩崎選手の記事でも触れました通り、タイガース=今岡・関本・濱中、ホークス=井口・松中・柴原・岡本、ベイスターズ=川村・森中・石井義、マリーンズ=清水将・小林宏・小坂、スワローズ=岩村、バファローズ=前川・大塚・磯部、カープ=沢崎・黒田、ライオンズ=森・和田、ドラゴンズ=小山・森野、ファイターズ=小笠原・高橋信、ジャイアンツ=入来兄・三沢・鈴木尚、ブルーウェーブ=谷・塩崎・佐竹といった選手です。
アトランタ五輪後という事もあって逸材揃いのドラフトで東北地方の無名高校から社会人入団の小坂選手、注目していたチームはいくつあったでしょうか? 身長167センチ(私と同じです)の小柄な内野手、『守備固めと代走がせいぜいだな』と、誰もが思った気がします。

が、小坂選手は97年の開幕戦にスタメン出場すると、いきなりの猛打賞。さらに、シーズン56盗塁(盗塁王はライオンズの松井稼で62=オールスターゲームで古田から二盗三盗を連発した年です)を記録し、新人王に選ばれます。この56盗塁という数字は、セ・パ分立間もない52年にスワローズの故・佐藤孝夫選手が記録した45を大幅に上回り、今も破られない新人選手最多盗塁記録です(赤星はルーキーで盗塁王になっていますが盗塁数は39です)。

と、ここで佐藤孝夫さんの事をwikiで調べてビックリflair
1.佐藤さんも宮城県白石高校から仙台鉄道管理局経由でプロ入りと、小坂選手と似たような経歴。
2.佐藤さんは後年、スワローズなどでコーチを務めた後、90年からはスワローズのフロント入りしていました。スワローズは『小柄』という理由で小坂選手を指名出来なかったため、マリーンズの広岡GMに打診し、マリーンズが小坂選手を指名したそうです。
(スワローズは安田さんに若松さん、石川など、身長にはこだわらないような気がするのですが)

俊足と機敏な動きで範囲の広い小坂選手の守備は【小坂ゾーン】と呼ばれ、『守備を見るだけで球場に来る価値がある』とまで言われていました。

ゴールデングラブ賞を4度受賞しています。また、盗塁王も98年と2000年の2度受賞。

ジャイアンツから金銭トレードでイーグルスに移籍した際は、宮城県をフランチャイズとするイーグルス初の宮城県出身選手として話題にもなりました。
そして、イーグルスから戦力外通告を受けた今回も『仙台で終わりたかった』と、引退を決意したようです。

通算成績は1371試合4261打数1069安打、 143二塁打・ 63三塁打(歴代16位タイ)・ 19本塁打、303打点・ 279盗塁(歴代33位)267犠打(歴代9位)、打率 .251 でした。
(記録は2010.10.2現在)

ネット上でのファンのコメントにも『あの守備が見られなくなるのは残念』という内容のものが多く見られます。それは、小柄な体格を補って余りある小坂の守備に対する最高の評価でしょう。
引退後の予定は未定のようですが、『仙台、宮城、東北にご協力できることがあれば』と球団には伝えているようで、指導者になるものと思われます。

小柄な体格というハンデをものともせず、引退を惜しまれる選手にまでなった小坂選手、長い間おつかれさまでした。今後は【小坂2世】を世に送り出すべく頑張ってください。

|

« スプリンターズステークス(G1) | Main | 訃報~大沢“親分”啓二氏 死去(追記しています) »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

>おりがみ姐さん
【珍プレー】で名を売った選手はウーやんを筆頭に多数いますが、【好プレー】で名を売るのはそう簡単に出来ることやないです。

引退する小坂のDNAを林ちゃんに移植?できたらスーパープレーヤーなんやけどなー…アカンかcoldsweats01

Posted by: シルク | October 08, 2010 at 02:05 AM

小坂ゾーン・・これ何回見てもいいっす。
仕事に疲れたら・・見よっと・・。

Posted by: おりがみ | October 08, 2010 at 12:41 AM

>ごんふくさん
そうそう、ホンマに。
【諦めかけている野球少年の皆さん、小柄でもプロで…】って書こうと思いつつ、そのままアップロードしてしまったのですが、まったくその通り。
思っていた事をそのまま書いていただいたようなもんです。
打撃でも若松さんは220本、福本さんも208本のアーチをかけているんですから。
(球場の狭さは今と比べ物になりませんが)

ヨッさん(吉田義男さん)に久慈、タイガースの名ショートは小柄な選手が双璧です。

Posted by: シルク | October 03, 2010 at 08:11 PM

いつぞや福岡ドームでダイエー対ロッテを見に行ったときも見事な盗塁を決めてくれました。

やはりローカル球団は地元選手が入団すると盛り上がりが違います。ホークスも福岡出身の杉内は人気ですし。
その点では、新興球団の楽天にとって、宮城出身の小坂は願ってもない選手だったと思います。
小柄でも活躍するプロ選手は、小柄をハンディに感じてる野球少年にとって、希望の星でしょう。

ちなみに、やはり167センチだった元高校球児のわたしのイトコが「ボクは背が小さいから・・」というたび「プロにも若松とか福本とか背が低くても活躍してる人がいるよ!」と励ましたっけ。

Posted by: ごんふく | October 03, 2010 at 07:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/49637984

Listed below are links to weblogs that reference おつかれさま、イーグルス・小坂誠内野手:

« スプリンターズステークス(G1) | Main | 訃報~大沢“親分”啓二氏 死去(追記しています) »