« 春が来る | Main | イカナゴ漁解禁(^_^)v »

訃報~与那嶺要さん、死去

プロ野球界で戦後初の外国人選手としてジャイアンツに入団。トップバッターとして首位打者3回、MVP1回を受賞する活躍。指導者としてもドラゴンズの監督時代に川上ジャイアンツのV10を阻止した与那嶺要さんが亡くなられました。

私らが子供~成人する頃は【トップバッターの時代】でもありました。パリーグに福本豊さん、セリーグに柴田勲さんが君臨。柴田さんの力が落ちてくると、慶彦(高橋=マリーンズ2軍監督)さんや松本(匡史=元ジャイアンツ)さんが台頭。
パリーグでは、なかなか崩せなかった福本さんの牙城に大石(大二郎=ホークスヘッドコーチ)さんや西村(徳文=マリーンズ監督)さんが襲いかかる、そういう時代でした。

パリーグ・セリーグそれぞれの最多盗塁記録保持者である福本さんと柴田さん。ただ単に足が速いだけではなく、確実性と破壊力を持ち合わせた優秀な打者でした。お二人とも、ポジションはセンター。
1番・センター=好打者…その元祖が与那嶺さんでした。

ハワイ移民日系2世の与那嶺さんは1951年のシーズン中にジャイアンツに入団。初年度は規定打席不足ながら打率3割を記録すると、翌年から6年連続3割を記録。この間、54・56・57年と首位打者を3度記録。57年にはMVPにも選出されています。
61年にドラゴンズに移籍して2年間プレーした後引退。翌年からドラゴンズの打撃コーチ、オリオンズの打撃コーチ、ドラゴンズヘッドコーチを経て、72年にドラゴンズの監督に就任。74年には川上監督率いるジャイアンツのV10を阻止して優勝。77年にドラゴンズの監督を退いた後もジャイアンツ・ホークス・ライオンズ・ファイターズでコーチを務めました。51年に来日して、88年にファイターズのユニフォームを脱ぐまで38年。この間ユニフォームを着なかった年は皆無。

その功績が称えられ、94年には野球殿堂入りしています。これは、外国人選手としては初めてであり、その後も外国人選手で殿堂入りした選手はいません。

外国人選手として来日し、言葉や習慣などの不自由を克服し、引退後も多くの球団から指導者として招かれた与那嶺さん。外国人選手唯一の殿堂入りは、その功績に対する最大の賛辞でしょう。

通算成績:1219試合4298打数1337安打 82本塁打482打点163盗塁、打率.311

これからは天国でのんびりと野球を楽しんで下さい。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 春が来る | Main | イカナゴ漁解禁(^_^)v »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/51009005

Listed below are links to weblogs that reference 訃報~与那嶺要さん、死去:

» 与那嶺要氏が死去 [虎哲徒然日記]
プロ野球の巨人で首位打者を3回獲得するなど活躍し、中日の監督としては1974年に巨人の10連覇を阻止してセ・リーグ優勝を果たした与那嶺要(よなみね・かなめ)さんが2月 ... [Read More]

Tracked on March 02, 2011 at 07:22 PM

« 春が来る | Main | イカナゴ漁解禁(^_^)v »