« March 2011 | Main | May 2011 »

嶋のスピーチ

東北楽天ゴールデンイーグルス 嶋基宏
1984年12月13日生まれ(バックスクリーン3連発の前年)、中京大中京高校から国学院大学を経て06年大学社会人ドラフト3位指名入団
2010年、127試合に出場して規定打席に初めて到達(イーグルスの捕手としては初めて)、打率.315の好成績を残しベストナイン選出。また、イーグルスとしては初めてのゴールデングラブ賞も受賞。

嶋選手を知るきっかけになったのは、パソ通時代からの友人のブログのこの記事でした
楽天・嶋選手をヨロシク

そもそも、国学院が戦国東都でどんな位置にいるかすらも知らない状態でして、『あ、国学院ってプロに行くような選手がいてるんか』ってな認識でした(現役ではマリーンズの渡辺俊介や伊藤、イーグルスの聖澤などがいます)。
嶋選手が在学中は、高校野球ファンなら誰でも名前を知っているといっても過言でない竹田利秋(東北高校・仙台育英高校前監督)さんが指揮を執っておられたのですね。

そんな嶋選手、今シーズン、岩隈に代わってイーグルスの若き選手会長に就任。
イーグルスの選手会長はこれまで磯部-高須-岩隈と、旧近鉄バファローズの選手が務めてきましたが、ここらで【イーグルスの指名で入団した選手で】というチームの思いもあったかもしれないと考えます。

そして、キャンプからオープン戦とペナントレース開幕が近付いたさなかに起こったのが東日本大震災。
イーグルスが本拠地を置く宮城県を含む東北地方が被災地となり、多くの尊い命が失われたのはご存知の通りです。

ペナントレース開幕後も、本拠地のKスタ宮城球場が修理点検のため使えないイーグルスは関西地方で主催試合をこなしました。そして、4月29日が初めてのKスタ宮城での試合でした。

試合はご存知の通り田中将大投手が9回1失点完投でバファローズを抑え、見事な完投勝利。
(マー君はプレッシャーのかかる試合に強いですね、ノムさんの1,500勝目もマー君の完投でした)
試合結果

試合が終わった後の嶋選手会長の挨拶をテレビで見た方が、『嶋選手会長の試合後の心のこもった挨拶は素晴らしくて涙が出てきました』とコメントされていたのを見て、探していたら見つかったので、下記に引用します。

☆★☆★☆★☆★☆★ここから引用☆★☆★☆★☆★☆★

◆嶋スピーチ全文

 本日は、このような状況の中、ここKスタ宮城に足を運んでくださり、またテレビ、ラジオを通じてご覧いただき、誠にありがとうございます。球場に来ることが簡単ではなかった方、またここに来たくても来られなかった方も大勢いらっしゃるかと思います。
 地震が起きた時、僕たちは兵庫県にいました。遠方の地で家族ともなかなか連絡が取れず、不安な気持ちを抱えながら全国各地を転戦していました。報道を通じて被害状況が明らかになっていくにつれて、僕たちの気持ちもどんどん暗くなっていきました。その時のことを考えると、きょう、ここKスタ宮城で試合を開催できたことが信じられません。
 震災後、選手みんなで「自分たちに何ができるか」、「自分たちは何をすべきか」を議論して、考え抜き、この東北の地に戻れる日を待ち続けました。
 そして開幕5日前、初めて選手みんなで仙台に戻ってきました。変わり果てたこの東北の地を目と心にしっかりと刻み、「遅くなって申し訳ない」と言う気持ちで避難所を訪問したところ、皆さんから「おかえりなさい」、「私たちも負けないから頑張って」と声を掛けていただき、涙を流しました。その時に何のために僕たちは闘うのか、ハッキリしました。
 この1カ月半で分かったことがあります。それは誰かのために戦える人間は強いということです。
 東北の皆さん、絶対に乗り越えましょうこの時を。絶対に勝ち抜きましょうこの時を。今この時を乗り越えた先には、もっと強い自分と未来が待っているはずです。絶対に見せましょう、東北の底力を。本日はありがとうございました。

☆★☆★☆★☆★☆★ここまで引用☆★☆★☆★☆★☆★

スポニチ アネックス、4月30日記事 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/30/kiji/K20110430000727720.html より、引用しました。

入団5年目、27歳の若さで選手会長に就任したと思ったら、本拠地が被災。そんな大変な時期にレギュラー2年目で選手会長を務めるのは心身ともに大変な重圧であると察します。が、この経験は選手として、またその先の指導者としての人生に必ず役立つはず。

同じくノムさんの指導を受けた古田や矢野のような、素晴らしい捕手に成長して下さい。
頑張れ、嶋punch

| | Comments (81) | TrackBack (0)

訃報~成田文男さん死去

オリオンズ(千葉ロッテマリーンズの前身)のエースとして69年にノーヒット・ノーランを投手となり、その後も最多勝2回(70年=25勝8敗、73年=21勝10敗)を記録。後年はファイターズに移籍、81年には7試合に先発して4勝を挙げ、日本ハムファイターズとしての初優勝に貢献した成田文男さんが、21日に亡くなられました。

通算175勝 ロッテの元エース 64歳で死去

成田さんは秋田県出身、その後は東京都足立区に転居。進学した修徳高校のエースとして64年の選手権に出場(東京大会決勝で降したのが大矢明彦さんや荒川尭さんのいた早実)。初戦で和歌山海南に敗れたものの、翌年に【東京】と名乗っていたオリオンズに入団。2年目から主力投手となり、60年代後半から70年代のオリオンズを主力投手として支えました。

この間、20勝4回を含む2ケタ勝利9回、規定イニング到達11回(うち、300イニング超2回、200イニング超5回)、3ケタ奪三振9回を記録、文字通りオリオンズの大黒柱として、70年と74年の2度の優勝にも貢献しました。

オールスターと日本シリーズ以外でパリーグの試合を見る事が滅多になかった70年代、残念ながら全盛期の成田さんの記憶はほぼ皆無です(野手はアルトマン・ロペス・有藤・山崎・池辺という強力打線を覚えているのですが)。

覚えているのは晩年のファイターズ時代。当時のファイターズは直樹&一三の両高橋さんが右・左のエース格、マッシー村上さんや木田さんに間柴さん、江夏さんと、左腕投手に人材が揃っていました。野手も島田誠さんから始まって、高代・クルーズ・柏原・ソレイタ・古屋・大宮とスピーディーかつ強力でバランスのいいチームでした。
(当時の本拠地=後楽園にほど近い学校<東大やないですよcoldsweats01>に通っていたので、親近感もありました)

引退後は球界を離れて岐阜県で喫茶店を経営しながら、少年野球の指導に尽力されていたそうです。

通算成績は
534試合登板(歴代59位)、投球回数2781イニング(歴代33位)、135完投(歴代35位)32完封(歴代26位)、175勝(歴代36位)129敗8セーブ 1657奪三振(歴代39位) 防御率3.20でした(全て2011年4月25日現在)

お悔やみの記事などを読んでいると、キレのいい高速スライダーを武器とした投手だったようで、スライダー投手として活躍した東尾さんが『手本にした』と語っていたそうです。
伊藤智仁のルーキー時代が何年も続いたようなイメージだったのでしょうか。

これからは天国でのんびりと野球を楽しんで下さい。
ご冥福をお祈り申し上げます。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

皐月賞in府中(G1)

牡馬クラシック初戦は皐月賞。本来は中山芝2000なのですが、東日本大震災の影響で中山開催が休止となったため、日程を1週ずらして東京競馬場での開催となっています。
皐月賞は???な結果になることが多々ありましたが、長い直線で馬の真価が問われる東京競馬場に代わって、どうなりますか?

◎5ナカヤマナイト/柴田善
○4サダムパテック/岩田
▲1ステラロッサ/川田
△12オルフェーヴル/池添
△14フェイトフルウォー/田中勝
△17プレイ/松岡

内めの枠に人気サイドが集まっています。開催1週目で芝の状態も良く、内枠有利が伝えられますが、どうでしょうか? 広い府中なので、中山のようなゴチャつきのまぎれはあまりないような気がします。最後はスタミナを中心にした能力の高い馬が残るでしょう。

結果:軸届かず(-_-;;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国産たばこ販売状況(2) セブンスター流通開始か?

相変わらず改善しないタバコの流通状況。特に悲惨なのはコンビニで、マイルドセブン一族を始め、国産有力どころは全滅に近いような気がします。

そんな中、自宅近所の個人商店
携帯のカメラなのでわかり辛いですが…

110423092043   110423104553
何と、品薄感の高かったセブンスターがあるじゃないですかshine
マイルドセブンもレギュラーが健在

セブンスターを見るのは久しぶりです

多少なりとも流通が始まったということですかね?

~追記~
Dsc_0320
1日経った日曜日もセブンスター健在。これで、少しは良い方向に向かってくれると信じたいのですが…

葉タバコの作付け、福島全県で断念 土壌汚染を懸念
安定供給にはもう少し時間がかかるのかもしれませんね

| | Comments (22) | TrackBack (0)

さよならスーちゃん

適切な言葉が見つからないです
年齢も近いので、ショックです
キャンディーズの3人の中で一番健康そうなスーちゃんが20年もガンと闘っていたなんて

自分らの年令から見ると、【キレイなお姉さん】でした

さよならスーちゃん
たくさんの笑顔をありがとう
謹んでご冥福をお祈りします

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イーグルスvsバファローズ@甲子園 帰宅後追記あり

Dsc_0246

この甲子園の青空のような心で一つになって、がんばろう!日本 見せろ!東北魂

Dsc_0248  Dsc_0253
キャッチボールをする鉄平(左)・坂口(右)。バファローズのビジターユニをナマで見るのは初めて。

初回のバファローズは無得点。
1回裏、イーグルスは先頭の松井稼がライト前ポテンヒットで判断よくセカンドを陥れる。聖澤が送って鉄平はデッドボール。続く山崎武が犠牲フライを打ち上げて1点先制shine

両チームとも先発投手の信頼はもう一つで、乱打戦が予想されます。早目に点差を広げて相手の戦意を喪失させたいところ。

ここから追記

乱打戦かと思ったら、両チームとも打撃振るわず。イーグルスは嶋と高須がお休みで打線につながりなし。

Dsc_0257
バント処理に走るイーグルスの選手

Dsc_0258
ファイターズ斎藤がプロ初登板。途中経過にスタンドもざわめく。

Dsc_0261
こういう渋い選手のファンってどこのチームにもいますね。

Dsc_0267
イーグルスのマスコット。右がクラッチ、左がクラッチーナ。

Dsc_0282
イーグルスのラッキー7

Dsc_0286
斎藤はどうやらプロ初勝利のようですねscissors

Dsc_0290
イーグルスの先発・戸村は6回を無失点。しかし、リリーフした美馬が8回につかまってしまい、4失点で逆転を許す。

Dsc_0293
高卒外野手としては張本さん以来の開幕スタメン出場した駿太。この日は守備固めで登場。

Dsc_0304
試合は4-1でバファローズの逆転勝利。7回を投げ切った西は平野⇒岸田の【勝利の方程式】に助けられ、嬉しいプロ初勝利でした。

イーグルスは3連勝こそならなかったものの、2カード連続勝ち越し。
しかし、長いシーズンを戦っていくためにはリリーフ投手の整備が必要です。今日はリリーフ投手の差で負けてしまいました。
それと、岩村が当たっていません。少し休んで修正した方がよいのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春の城跡~郡山城址

俊介の謎の盗塁死によって金本の連続試合出場記録があっけなくストップした翌日、仕事で大和郡山へ行きました。
仕事そのものは30分もかからずに終了。
事務所に戻ってたまりにたまった仕事を片付けたいところですが…

せっかく余裕ある日に行くのだから、写真を撮ろう と、一眼レフカメラを持参

Dsc_0061
仕事に行った先は、郡山高校のすぐ裏。
今日は15時から練習試合とのことですが、そこまで待っていられないので、グランドだけ撮影。明日の荻野貴(マリーンズ・荻野貴司選手の母校です)はいるのか?
野球部員はとても礼儀正しく、練習を見学している方にも帽子をとって挨拶していました。

Dsc_0095_2
本丸の西南角です。この時だけ一瞬の陽射しがありました。

Dsc_0109
高くなっている部分が天守台(天守閣の建っていた石垣)です。わかりますでしょうか?

Dsc_0118   Dsc_0125_4  
この2枚は北側からの写真です。もう少し早い時期だったら桜も満開だったんですけどね…

Dsc_0131
追手門櫓は1980年台に再建されたものです。

Dsc_0144
本丸の南東角は不思議な落ち着きがあります。

Dsc_0151
大手東隅櫓も再建されたものです。このアングルは近鉄電車等のパンフレットなどで目にする機会もよくあります。

これくらい立派な石垣がありながら、天守閣のない城跡というのも珍しい気がしますが、どうでしょうか?
旅行で関西へ来る機会がありましたら、是非足を運んで下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ストップ そしてスタート

15日のドラゴンズ戦、金本知憲選手は8回表2死1塁の場面でに久保田投手の代打として出場。が、1塁走者の俊介が盗塁に失敗してチェンジ。

そして、金本選手はその裏の守備にはつかず(状態からして、当然と言えば当然ですが)。
これによって、1998年7月10日のヤクルト戦から続いていた連続試合出場が1766試合で止まりました。

連続出場ストップ 金本「全然。笑えたくらい」

注:野球規則一〇・二三(c)プレーヤーが連続試合出場を記録するためには、少なくとも自チームのあるイニングの守備(回の初めから終わりまで)に出場するか、あるいは塁に出るかアウトになって打撃を完了しなければならない。(抜粋)
つまり、打席に立ったものの出塁もせずアウトにもなっていない金本は、この条件をクリアしていないため、連続試合出場はストップしてしまいました。

自分が真弓監督だったら…『木戸、これで連続試合になるんか?』『守らせなかったらオレが記録を止めた張本人として名を残すのか?』『これじゃ監督辞めた後ABC系列の仕事は出来んやろな』などというパニック状態が起こっていたような気がします。
(【申し合わせ】は当然あったと思いますが)

自分が俊介だったら、『どうしよう、もう大阪の街は歩けない』『福岡へ帰ってスナックでもやろうか』などと考えたかもしれません。
(それでなくても、本塁打にツーベースにタイムリーエラーと浮き沈み激しい試合だったし)

しかし、その後コバヒロ⇒球児と勝利の方程式を繰り出し、昨シーズンたったの2つしか勝てなかったナゴヤドームgawkで初戦から勝てたscissors これは、今シーズンを戦っていく上で、とても重要な事です。

藤川俊介君、この試合を、この経験をばねにして更なる精進を重ね、【バックナンバー7は野手のエースナンバー】の伝統を継承して下さいpunch

そして、今日も勝って(先発誰?メッセンジャー? 榎田?)苦手意識を完全払拭しましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (4)

連勝だよ、連勝!

先発のスタンリッジが踏ん張って、ロースコアで逃げ切りscissors
マートンとブラゼルが攻守で盛りたてて、今日はKKで締めくくって逃げ切り勝ち!
タイガース 2-1 カープ

一方バファローズ
昨夜は後藤の起死回生同点ホームランでドロー
今日は山本とのトレードで移籍してきた寺原がホークスの強力打線を封じてシャットアウト勝利shine
バファローズ 5-0 ホークス
ただ、タイガースの次のカードはナゴドのドラゴンズ戦ですから、3連勝してもチャラと考えなきゃな
(超マイナス思考think

でも、ペナントレースが始まったって事は嬉しいです
がんばろう、日本punch

| | Comments (0) | TrackBack (4)

桜花賞(G1)

Dsc_0014

今年は3月中旬以降に寒い日が続いたりして、桜花賞の日(世間一般では【入学式の日】)に桜が無いのでは?と思ったりしました。しかし、さすがは桜。キッチリと合わせてきました。ケガでキャンプを棒に振ったベテラン投手が開幕戦でキッチリ完投するようなものですなscissors

◎4ダンスファンタジア/横山典
○8マルセリーナ/安藤勝
▲6ハブルバブル/藤田
△15フレンチカクタス/北村宏
△16ホールエキャプチャ/池添

レーヴディソールの相手探し…の桜花賞のはずだったのですが、直前の故障離脱で混沌とした様相になってきました。実績組の繰り上げか、直接対決の無かった新興勢力を抜擢か?
過去10年で1番人気は4-3-2-1と信頼できます。しかし、10番人気以下の馬も2-2-1-73と5頭が馬券に絡んできていますから、用心は必要でしょう。

結果:ワイド1点のみ的中で大幅トリマイ(^_^;;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国産たばこ販売状況

んな日記書くくらいやったら禁煙せぇやgawkって言われそうな気がしなくもないですが coldsweats01
関西圏は申し訳ないくらいに平和です。

私の吸っているタバコsmokingはセブンスターです。もう30年以上の付き合いですな scissors
そのセブンスター、震災による諸事情で主力商品では真っ先に品薄となりました。そんなワケで、この数日はマイルドセブンオリジナルを吸っています。

このタバコの供給事情も、地域でかなりバラつきがあるようで、都心部は『何吸うたらエエねん?angry』と言いたくなるくらいに品数がありません。
それと、コンビニは都心・郊外問わず品薄でしょうか?

逆に、郊外の個人商店はまあまあ安定的な供給がなされていますshine

シルク家から一番近いタバコ自販機です
Dsc_0859
セブンスターとキャビンが品切れですが、長さと包装形態を選ばなければマイルドセブン一族が全て揃っています。

来週には出荷が通常体制に戻るそうですが、どうなのか?

関連記事:JT、たばこ出荷一時停止 30日から全銘柄~震災で原材料調達滞る

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2冊目無事購入~プロ野球データファイル(2号)

『忘れずに買えるか?』という低次元な課題を抱えつつcoldsweats01買い始めたプロ野球データファイル、2号を無事購入しました

Dsc_0848  Dsc_0849_2 
【名選手】は江夏さん・中畑さん・高木豊さん・津田さん・広沢・稲葉・ジョニー黒木、そしてイチローに田中マー君です。

Dsc_0850_2
【名勝負】は蘇るクロマティーの悪夢…やなくthinkて、辻さんの好走塁と清原の涙が忘れられない87年日本シリーズ第6戦。

Dsc_0851
【同世代ファイル】では【松坂世代】、【都道府県別出身校ファイル】では【南神奈川】を紹介しています。
【同世代】では、1965年・73年・58年・55年・53年あたりに好選手が多い気がしますが、どうでしょうかね?
【地域別】、横浜高校は60人もプロに送り込んでいるんですね。松坂・成瀬・涌井と、卒業後スグ使える投手を多く出しているのが印象的です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

尾藤監督追悼~プレイバック1968.3.29 第一歩

箕島高等学校を率いて甲子園で4回優勝(そのうち79年は公立高校唯一の春夏連続優勝)された尾藤公さんが、先月帰らぬ人となられました。
しかし、箕島高校の全盛期は、今から30年以上前。20代・30代のファンの方には【いつもニコニコしてる高校野球の解説の方】という印象しかないかもしれません。

そこで、主だったゲームをプレイバックしていこうと思います。
まずは【甲子園初勝利】です。

苫小牧の先制及ばず 箕島 強力打線ですぐ逆転

苫小牧東 100 001 000 |2
箕  島  300 101 00X |5
苫小牧東:熊沢・畑山-山口  箕島:東尾-田中
本塁打:東尾

苫小牧東
(7)  漆沢
(4)  牛崎
(8)1 畑山
(1)8 熊沢
(9)  木戸
(2)  山口
(3)  木村
(6)  貝田
(7)  藤原

箕島
(6)  鳥羽
(7)  狗巻
(4)  大田
(9)  上田
(1)  東尾
(3)  木村
(5)  野際
(2)  田中
(8)  前野

 二試合連続無安打無得点試合の投手か…スタンドの目をマウンド上で一身にうけた箕島の東尾。堅くなったのだろう。立ち上がりは右肩に力がはいりすぎて、ボールが低めに決まらない。そこへ、苫小牧の脚力を生かした攻勢が加わったから、東尾はますます力んでしまった。
 四球の漆沢に盗塁を許して一死を取り、しかも畑山を2-0と追い込みながらも勝負を急いで左翼線に二塁打された。早々と一転を許した東尾は制球力が無く、自分のピッチングを忘れていた。しかし、不安定な投球を続ける東尾を助けたのは、パンチ力を誇る箕島の強力打線だった。
 箕島の打線は実に力強い。一回、鳥羽が三遊間を破って二死三塁のあと、上田、東尾、木村が連続長短打を放ってまたたく間に逆転。外角へのカーブを上手く巻き込んだ東尾の左中間安打をはさみ、上田、木村が力のバッティングをみせつけた。さらに四回、東尾が左翼へ大会第三号本塁打。六回には木村の二塁打を足場に加点するなど、初出場校とは思えないほどのびのびとした見事な攻撃力だった。
 苫小牧東はチャンスをつかむと果敢な走塁などで東尾を苦しめたが、あと一歩の打力が足らなかった。雪に閉ざされて打撃練習が十分に出来ない不利が現れており、ナイトゲームに入った六回二死から山口、木村の連安打で1点を返すのが精いっぱいのようだった。
 しかし、二回の守りで三遊間の深い当たりをさばいた漆沢三塁手のプレーなど、守備と走塁はよく鍛えられており、存分に力を出し切り、最後まで食い下がった健闘は見事だった。

毎日新聞縮刷版より抜粋・転記しました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

長年にわたって箕島高校の監督を務め、その後も高校野球の発展に尽力された故・尾藤監督の甲子園での記念すべき初出場・初勝利の試合がこの試合でした。
私は小学校1年生、まだ【高校野球】というものすら知りませんでした。高校野球を認識するのは、翌年の三沢-松山商業の延長18回引き分け再試合からです。

この年の箕島は高知商業・広陵という強豪校を破って初出場ながらベスト4に進出し、優勝した大宮工に3-5で敗れました。

箕島の投手・東尾は、説明するまでもなくライオンズで活躍した東尾修さんです。
この年のドラフト1位でライオンズに入団。しかし、【黒い霧事件】にチームは多くの選手が処分を受けてチーム力は大幅に低下。『みんないなくなって、まだ一軍の試合で勝てるような力が付いていない若いぼくでも、投げていかなければならない状況になった。打たれつづけ、負けつづけ、その中から若いなりに体がピッチングのコツというものを覚えていったんですよ』というのは、後の東尾さんのコメントです。ライオンズの経営が西武に移って強くなり、ようやく白星が黒星を逆転、251勝247敗の記録を残して引退します。

記事中に【箕島の打線は実に力強い】という表現があります。しかし、プロに入団後に強打者として大活躍という選手は、箕島高校からは現れませんでした。いや、甲子園での優勝回数を考えれば少ない方でしょう。
しかし、選手一人一人が自身の実力・立場・状況をわきまえて、しぶとく食い下がるという歴代のチームカラーはこの試合で作られつつあったのかと感じました。

大会に出場した高校では、中京・水谷投手(ドラゴンズ⇒オリオンズ、476試合登板108勝111敗)、市立神港・山口高志投手(ブレーブス、195試合登板50勝43敗44S、新人王・最優秀救援投手)、土肥健二(オリオンズ、897試合497安打44本塁打)といった選手がプロで実績を残しています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プロ野球12球団チャリティーマッチ 東日本大震災復興支援試合

Dsc_0810

多くの方が被災され、仙台に本拠地を置くイーグルスは球場が使えない。首都圏のチームもマリーンズは【やろうと思えばやれるけど…】という状態、他球団も多大な電力を消費するナイター開催問題を抱える状況で、開幕は12日に延期。本来であればイーグルスとの本拠地開幕シリーズだったのですが、マリーンズ相手のチャリティーマッチとなりました。

午前中で終わるはずだった用事が長引いて、心斎橋で鶴見緑地線に乗り換えたのは試合開始20分前。
しかし、電車ガラガラ…
入場者1万人でも、『今日は試合がある』という雰囲気は車内に出ますが、その気配すらなし。
『とりあえず自由席エリアのエエ席は確保できるかな』という思惑を抱きつつ、球場へダッシュ。

チケット売り場も人の気配は少なく、アッサリとチケットを購入。全席自由席なので、普段は入らないバックネット裏へ通じるゲートに真っ先に進入happy01
中央やや右、18段目の席を確保しました。エエ眺めですshine

Dsc_0782
本来ならば開幕3カード目、両チームともにほぼベストメンバー。

Dsc_0789_3
先攻のマリーンズ・清田の打席でマリーンズ応援団が『頑張ろうニッポンpunch』とエール贈って試合開始。
普段より人数は少ない(写真のエリアはビジター応援団席なのですが、マリーンズは入りきらなくて外野自由席へ移動している事が多いのですが、この日は収まっていました。)ものの、多くのファンがかけてつけてました。
そして、よくぞ言ってくれたマリーンズ応援団scissors

それに比べて、バファローズは応援団ゼロ…think

試合は朴賛浩と光原の先発でスタート。

Dsc_0785
バファローズからマリーンズへ移籍した光原は、『絶対に打てない』というウイニングショットこそないものの、【要所を締めて】という言葉がピッタリ当てはまる投球で5回をゼロ封。開幕ローテーションに食い込んだでしょうか?
光原、開幕ローテに前進!古巣を5回零封

Dsc_0799
初めて見る朴賛浩。ダイナミックなフォームで球威もそこそこあったと思いますが、ボークなど嫌な点の取られ方をする投手という印象。こういう投手って、野手がリズムを作れず結果的に見殺しにされる事が増えてきそうです。
早い時期に修正できればよいのですが。
(移籍1年目で散々見殺しに遭っていた久保が勝ち始めた時に、『野手の方がリズムを作りやすいように投球テンポを考えた』と言っていたのを聞いて、改めてリズムは大切だと思いました。)
朴賛浩、弱点露呈…ボーク早くも6個目

バファローズは年俸問題がまとまらず退団したカブレラに代わって、李スンヨプを迎えました。
Dsc_0784
マリーンズにいた頃の輝きを取り戻す事が出来るか?これは攻撃面で重要なポイントです。まだ本調子ではない感じですが…
ただ、カブレラにあってスンちゃんに無いモノが一つ…カブレラが打席に入る時のテーマソング、それによる球場全体のノリ、『いてまえやーーーーーーーーーーーーーー』という空気。これはどうしようもない気がします。
カブレラ登場曲

Dsc_0790
ケガからの復帰を目指すマリーンズのオギタカ(荻野貴司)はショートでフル出場して併殺にも参加。【ペナントレースが4月で終わっていたら新人王投票は満票間違いなし】という昨年の輝きを取り戻せるか?

Dsc_0800
こんな選手(福浦)が8番打者で出てくる打線は相手としてはイヤだなー

Dsc_0802
実績も栄光も捨ててトライアウト加入のコバマサは平野-岸田の【勝利の方程式】につなぐ前の乱打戦要員になるのか? 【劇場】は勘弁願いたいcoldsweats02

Dsc_0809
タイガースから移籍して開花したバルディリス、2年目の今年が正念場

突然舞い込んできたチャリティーゲームでも多くの応援団が駆けつけたマリーンズ、応援団席がガラガラだったバファローズ、その差が試合結果に出てしまったような気がします。先発の朴は7回途中まで3失点とそれなりにはまとめましたが、リリーフに出てきた鴨志田が打ち込まれて反撃意欲も喪失。
ファンとしては、カブレラのいないノリの悪さがチーム全体に影響しているような気がして仕方ないです。
ローズにカブレラ、外国人選手がムードメーカーになってしまう体質を改善するには、日本人選手が頑張らなきゃ。期待してるよ、T-岡田punch

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »