« May 2011 | Main | July 2011 »

雄星躍動牧田万全おかわり全開…バファローズvsライオンズ@京セラドーム大阪

Yusei_2
雄星に【プロの厳しさ】を徹底的に教え込むはずだったのですが…木佐貫が不安定で、よく4回4点で収まっていると思いますthink

Tokada_2
何とかしようよT-岡田

Sakaguchi
頼むよ、グッチpunch

しかし、木佐貫は立ち直ることなくKOthink

Nakajima
試合が成立して、ライオンズ中島の1,000試合出場。『え、もうそんなん?』というのが正直な気持ち。
時の流れは早い、容赦ないthink

Okawari  Okawari_2  Okawari_3
絶好調おかわり中村、今日もホームランbaseball

Asamura
長打力がウリでトップバッターを任される浅村は高卒3年目

Akiyama
サードベース横のポテンヒットをツーベースにした秋山、打力が備われば楽しみです

A_okamoto_4  Taiyou  Egusa_1
ライオンズは岡本篤⇒太陽⇒江草と必死の継投で雄星の白星へ

最後は新ストッパー・牧田がキッチリ締めくくり
Makita_1  Makita_7
この投げ方、歴代サイドスロー投手では誰が近いでしょうかね?

Win  Win_2
勝利を喜ぶライオンズナイン(左) ベンチ前でハイタッチ(右)

Win_3  Win_4
嬉しいプロ入り初勝利

雄星プロ初勝利!「少しは恩返しできた」

試合結果

バファローズの応援に行ったはずなんやけど…ま、エエかhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝塚記念(G1)

突然暑くなりましたが、お変わりありませんでしょうか?
G1前半戦の最後を締めくくるのは宝塚記念です。

◎3ルーラーシップ/横山典
○4エイシンフラッシュ/安藤勝
▲8ブエナビスタ/岩田
△2アーネストリー/佐藤哲
△14トゥザグローリー/福永
夢7ハートビートソング/秋山

去年はナカヤマフェスタのおかげでエエ思いできたんですけど、今年はどうかな?

結果:軸馬不発(-_-メ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この広い野原いっぱい

For_you

花の写真を眺めていたらふと歌いたくなりましてhappy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

岡田幸文をオールスターゲームで見たい(追記あり)

岡田幸文(おかだ よしふみ):1984年7月6日生まれ(長嶋清幸の2試合連続サヨナラ打でジャイアンツを引きずりおろしたカープがリーグ優勝、阪急ブレーブスを破って日本一になった年です)
栃木県の作新学院(江川さんの母校です)から日大に進学(ジャイアンツの長野が同学年)するも、ケガのため中退。地元の全足利クラブでプレー後、2008年育成ドラフト6位でマリーンズに入団。

この時、岡田選手はすでに結婚して子供さんも2人いてました。育成選手の年俸はプロといっても大卒新入社員並み(手元の選手名鑑では、1年目の年俸は240万円となっています。)。『2年だけやらせてくれ』と家族を説得し、プロの世界に飛び込みました。
1年目で支配下登録されたものの、1軍昇格はならず、2軍でも33試合に出場のみ。しかし、『2年だけやらせてくれ』の2年目、ペナントレース中盤から1軍試合出場も増えるようになりました。そして日本シリーズ、あの『出てきたらもう負けた』とタイガースファンのほぼ全員が思っている浅尾から決勝打を打って一躍有名に。

今シーズンの開幕戦、岡田選手は【1番・センター】で開幕スタメン出場を果たしました。

Yokada001  Yokada002_2

写真は5月のGS神戸です。左は出塁して次の塁をうかがう様子。右は試合前の守備練習。どちらも躍動感が写真にも表れる、素晴らしい選手です。

そして、先日のジャイアンツとの交流戦

アナウンサーを『また岡田だーーーーー』と叫ばせる、フェンスを地面を恐れぬ素晴らしいプレーを連発したのは記憶にも新しいと思います。

一時期は3割あった打率も、現在は2割6分台(パリーグ18位)に下がってしまい、オールスターゲームのファン投票でも中間発表では10位以内に出てきていません。でも、この守備は全国の多くの野球ファンに見てもらいたい…糸井(ファイターズ)・坂口(バファローズ)に岡田の外野…考えただけでワクワクするのですが。

オールスターゲーム・ファン投票受付はこちら

秋山監督、監督推薦で選んでやってもらえないでしょうか?

☆追記☆
残念ながら、ファン投票・監督推薦で岡田選手は選出されませんでした。

オールスターゲーム出場選手

外野手で2割6分台・本塁打ゼロはチョッと厳しいかthink

しかし、あのスピード感あるプレーは、是非若年寄化したタイガースの20台の選手…全国の野球ファンに見てもらいたい。

と思ったら、こんな制度があるlovely
マツダオールスターゲーム2011出場選手の最後の1人を決める
「SKYACTIV TECHNOLOGY プラスワン チャレンジ」投票実施について

【最後の一人を決めるファン投票】ですなscissors

糸井・グッチ・岡田が同時に守るところを見たいpunch

| | Comments (6) | TrackBack (0)

国産タバコ販売状況(4)コンビニの逆襲

久しぶりのタバコ案件

Dsc_0114


ゴールデンウィーク以来、おそらくセブンスターを途切れることなく購入しています。
この2~3週間で、コンビニへの流通量がかなり増えたように思います。その反面で、個人商店での国産たばこ流通量は減っている気がします。購入しているのもコンビニばかりです。
とはいえ、常時在庫というワケでもないので、みつけたらまとめ買い(【お一人様3個まで】というコンビニが多い)する必要はありますが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

バファローズvsスワローズ@京セラドーム大阪(追記しました)

大阪は暑かったですsun。今日は営業を終えて事務所に戻らず京セラ直行scissors
本日のカードはバファローズvsスワローズ。

Dsc_0034_2
スタメンはご覧の通り。

1回表、バファローズの先発・中山がプチ劇場をやらかしましたが、バレンティンを何とか打ち取って(鋭いライナーが外野深く飛んでドキッとしました)0点。

Dsc_0039  Dsc_0047_2

球界を代表する速球投手・由規をナマで見られるのはラッキーscissors

バファローズはグッチ(坂口)の四球、田口の犠打と後藤の内野ゴロで2死3塁とし、T-岡田のタイムリーで1点を先行しました。

Dsc_0043

スワローズは4回に畠山のソロホームランが飛び出して同点に追いつきます。セリーグで上位を争うスワローズ、バファローズのそれと同じくらいの応援団がつめかけていました。

4回のスワローズ、先頭打者は青木。なーーーーーーーーーーーーーんも考えていないバファローズ内野手の虚を突いたセフティーバントが見事に決まって出塁。中山は2・3番を打ち取ったものの、次はホームランを打たれている畠山。

ここで、岡田監督は思い切って近藤にスイッチ。
Dsc_0052
近藤は畠山を打ち取って切り抜けます。近藤は1+2/3イニングを投げて1安打無失点。出塁させた打者も、次打者の犠打をセカンド封殺で切り抜けました。出遅れていましたが、かなり調子は上がってきているようです。岡田監督はこのまま中継ぎで使うんでしょうか、それとも先発に戻すのでしょうか? どちらにしても、エース金子と近藤が帰ってきたのは嬉しいことです。


そして、近藤が好フィールディング(無謀と紙一重で『ヤバっ』と思いましたが)で走者の進塁を許さず食い止めた後、青木のところで吉野にスイッチ。
Dsc_0066  Dsc_0067  Dsc_0068
2003年タイガースVの立役者の一人である吉野ですが、その後は長くケガに苦しみました。【大宮東はタイガースで力を出し切れない】のジンクスもあったかどうかはわかりませんが、バファローズにトレード。しかし、08年こそ43試合に登板して3点台の防御率を残したものの、その後は12⇒4と登板数は激減、年齢的にも後のない今シーズンです。
しかし、今シーズンの吉野は好調を持続、今シーズンの防御率は1点台です(セリーグ相手にかなり稼いでいますが)。
ここで踏ん張って、もう一花咲かせてもらいたいです。

バファローズはこの後、平野⇒岸田と勝利の方程式へつないでしのぎます。

リリーフ陣がよかったのはスワローズも同様。先発の由規が脇腹に違和感を訴えて4回終了でベンチへ下がってしまいました。しかし、その後を松岡(写真左)⇒久古⇒押元⇒林昌勇(写真右)⇒バーネットとつないで切り抜けます。
Dsc_0053  Dsc_0081

初めてナマで見る林昌勇、先頭打者のグッチにセンター前ヒット、田口は送って1死2塁。さらに後藤にぶつけて1死1・2塁と、サヨナラのピンチを迎えますが…
Dsc_0092
T-岡田を三振、北川を内野フライに打ち取ります。

Dsc_0102

10回もバーネットの前に三者凡退でゲームセット、引き分けに終わりました。バファローズは昨日までの好調な打線がウソみたいに沈黙してしまったのが痛かった。スワローズはバントを3回失敗(1つは近藤の一か八かのセカンド送球ですが)したのが最後まで響きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

安田記念(G1)

今年は各地でずいぶん早くに梅雨入りしました。先週は週末が雨で【引きこもり】していましたが、今週は好天に恵まれそうですね。

◎8アパパネ/蛯名
○1ストロングリターン/石橋脩
▲2シルポート/小牧太
△10リディル/中舘
△12ライブコンサート/藤田
×13ダノンヨーヨー/ウイリアムズ

距離・コース適正ナンバー1のアパパネ、一流どころの牡馬が相手でも遜色なし、1枚上と判断します。
馬券的に期待するのはライブコンサートの粘り。

結果:軸失踪(-_-メ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »