« July 2011 | Main | September 2011 »

LEGEND OF Bs 2011 蘇る近鉄バファローズ スンちゃん劇的サヨナラホームラン

オリックスバファローズでは【LEGEND OF Bs 2011】というイベントを実施しています。阪急ブレーブス・近鉄バファローズの70年代のユニを着用してプレーし、OBを球場に招いてトークショーを開催したり、試合中にインタビューを流したりしています。

5月に阪急ブレーブス編が開催され、8月は近鉄バファローズ編です。

普段はむさ苦しいオッサンが難波場外で競馬やっているお盆ですが、今年はこちらへ行ってきました。

Dsc_0202
始球式前の挨拶をする鈴木啓示さん~トシとったなー…
指導者としてはうまくいかず残念でしたが、積み重ねた白星317は歴代4位、プロ野球最後の300勝投手です。

Continue reading "LEGEND OF Bs 2011 蘇る近鉄バファローズ スンちゃん劇的サヨナラホームラン"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

スカッと逆転~バファローズvsホークス@京セラドーム大阪

オリックス7回に逆転!首位ソフトBに5連勝

金子千尋とホールトン、ロースコアが予想される先発投手ですが、まったくその通り。金子千尋が3回にプチ劇場で失った1点が重い…

Dsc_0828_2   Dsc_0826
ちなみにバファローズ、6回までノーヒットだったりしますなgawk

☆★☆★ここから追記☆★☆★

Dsc_0835_2   Dsc_0836
ホークスの先発投手・ホールトン。この試合前まで11勝3敗。こちらがエース・金子千尋といえども、やや分が悪い。何しろ打線が…think

Dsc_0848_2   Dsc_0850
6回には1死から死球の斉藤(初めてのランナー)を大引が送って2死2塁とチャンスをつかみますが、グッチは見逃しの三振down

その裏、細川とムネリンに連打を食らい…
Dsc_0854   Dsc_0852

Dsc_0855   Dsc_0856
本多(こんなに歩幅狭くてスイングが窮屈にならないのが不思議だわhappy01)に軽くレフト前へ運ばれた時は、ホールトンの出来からみて『ヤバい』と思いました、マジで。 しかしその裏バファローズのラッキー7

Dsc_0862   Dsc_0863
チームの精神的支柱・田口が狙いすましたようにレフト前へチーム初ヒットを放ってホールトンのノーヒットノーランを阻止。
田口は先日42歳になったのですが、このヒットで来年も戦力だなーと感じました、ホンマに。 ベテランがチャンスを作ったのだから、働き盛りの中心選手はボヤボヤしてられない…

Dsc_0866   Dsc_0867   Dsc_0871
後藤の一撃はライトスタンド中段フェンスを直撃するライナーの同点2ランホームランshine

Dsc_0875
さらに、ヒットで出塁したT-岡田が意表を突く盗塁で楽々セカンドを陥れると

Dsc_0879
李スンヨプがライトへツーベースを放ってT-岡田が生還し、勝ち越しに成功shineします

Dsc_0900   Dsc_0912
リードを奪ったら、当然【勝利の方程式】の実行。まず8回は平野

ところが、この平野がイケてないthink プチ劇場でアッと言う間に1死満塁の大ピンチDsc_0919_2   Dsc_0913   Dsc_0916

Dsc_0918
輪が解けた後、大引と平野は何を話していたのやら…『おい、さっさと片付けろよ』『何慌ててるねんeye』『いや、22時から予約が』『コレかheart04』ってな話でもしていたんですかね?happy01

この絶体絶命のピンチに登場するのは、とっておきの代打・オーティズthunder
Dsc_0920
しかし、オーティズは3ゴロゲッツーshine 思わず『オーティズおおきにっpunch』と叫んでしまいましたcoldsweats01

ホークスの投手は8回からホールトンに代わって、5月に育成から支配下登録された柳川

Dsc_0925

バファローズは1死から大引とグッチの連打で柳川をKO、ホークスの投手は吉川に交代
Dsc_0947   Dsc_0948
吉川は田口を打ち取ったものの、後藤とT-岡田の連打、長谷川の拙い守備などでホークスは3失点

Dsc_0949_2
バファローズ打線につかまった吉川に声をかけるムネリン…昨シーズン途中にベイスターズから移籍してきたばかりの投手に、こういう声掛けはありがたいと思います。

Dsc_0956   Dsc_0955   Dsc_0954
4点のリードはあるものの、バファローズは最終回に岸田を投入します

Dsc_0959   Dsc_0961  Dsc_0970_3
岸田はムネリンにヒットを許すものの、本多・内川・小久保というオールスター級の上位打線を打ち取ってゲームセットshine

Dsc_0975   Dsc_0986
いやー、スカッと勝って嬉しいですね

Dsc_1000   Dsc_1003
お立ち台は勝ち越しタイムリーのスンちゃん。何と、これが移籍後初のお立ち台だとかcoldsweats01 残り試合、この調子で頼むよpunch

と言うワケで、前半から中盤にかけては『ノーヒットノーラン食らうんとちゃうのん?』というヤバい展開でしたが、田口の初安打を機にチームがガラッと変わりましたね。働き盛りの後藤と若き主砲のT-岡田が打ったのもよかったです。

久しぶりのバファローズらしい勝ち方で、ボルテージも上がりました。こんな試合が続けば、ファンも球場に来ます。
まだまだ諦めんと頑張ってやscissors

試合結果

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡田幸文の守備を見に行こう

少し前に【岡田幸文をオールスターゲームで見たい】という記事を書きました。糸井(ファイターズ)・坂口(バファローズ)と3人で守備についているところを見たいなと思いまして。これはもう、【簑田・福本・ウイリアムスの再来】でしょ。

マリンで坂口が好守備を連発していただけに、選出されなかったのは残念。
外野手で打率.260台では、ちょっと厳しいですね。

が、岡田の好守に注目するファンは結構います。


これは前回の記事でも紹介しました。何度見ても惚れ惚れします、ホンマに。

で、ファンはよく見ています。他にも動画が色々ありまして
ポーカーフェイスだけど唐川は嬉しかったやろうなー


これは球場でナマ観戦していました。何が起こったのかわからなかったですね。岡田の守備は目を離したらアカンeye


こういう打球って、正面に回り込んで安全にワンバウンドで捕球って事も難しいだろうし、クッションボールを捕るかスライディングするかの選択になるんでしょうかね?

サーカスプレーだけでなく、ポジショニングと打球に対する第一歩で、さりげなくファインプレーも。ライオンズの辻さんやタイガースの平田さんの事を【ファインプレーに見えないファインプレー】などと評していましたが、岡田もそれに近づけるか?

ケガにだけは注意してもらいたいです、ホンマに。で、来年は守備力でオールスターに選ばれて欲しいと期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »