« 菊花賞(G1) | Main | 天皇賞・秋(G1) »

【毛】の差~バファローズvsホークス@京セラドーム大阪2011.10.18

パリーグはホークスの優勝とファイターズの2位が確定し、残るクライマックスシリーズ出場枠は1つ。バファローズがライオンズか。バファローズは【負けなかったらOK】という状況で挑んだ最終戦でした。

先発のマウンドに立つのはもちろん
Dsc_0681
エース・金子千尋

しかし…

しかししかし、ブッちぎり優勝したのだから主力はお休みさせてもエエという気がするホークスですが、情け知らずのベストメンバー
Dsc_0679

Dsc_0691
先発投手はホールトン???
外国人選手ってシーズン終了を待たずに帰国するんとちゃうのん???

そうか、CSに進出したんやから帰国せーへんわな
オマケに、タイ記録なれど勝てば最多勝投手ですからね

初回の金子はムネリンを打ち取ったものの本多に四球。本多はすかさず2盗成功。続く内川のタイムリーでアッサリ先制点。
Dsc_0770

4回のホークスが松田がスリーベースで出塁。
Dsc_0706

Dsc_0702
小久保は打ち取りました。しかし、この日の小久保は体調がベストでないのか、身体が重そうでした。そろそろ…と考えてしまうようなこの日の小久保でした。

しかし、次の長谷川を歩かせて福田にセンターへ弾き返されて2点目を失います。この日の金子はコントロールに苦しんでいました。
Dsc_0711_2

バファローズもその裏にすかさず反撃開始
Dsc_0720   Dsc_0721
強振したバルの一撃は

センター一歩も動かず見上げるだけのホームラン
Dsc_0723   Dsc_0724   Dsc_0725
これでまた1点差に迫ります

続く5回はシドニーが死球を喰らいますが元気に1塁へ。森山が送って同点を狙いますがDsc_0738_2    Dsc_0740
頼みのグッチとビッキーは凡退…グッチは調子悪かったです。見ていて外野へ飛ぶ気配がなかった…

という事で
Dsc_0752
オッサンのお楽しみタイム
みんな、よろしいでんなー

なんて言うてたら…
Dsc_0755
『コレは安全パイ』と明石を敬遠して迎えた山崎に2点タイムリーを打たれて金子千尋はKO

後がないバファローズは先発要員の中山から平野⇒岸田とつないで必死の防戦Dsc_0757   Dsc_0765    Dsc_0798

しかし…

Dsc_0789
ファルケンボーグは打てる気がせず

Dsc_0812
頼みの馬原劇場もなく

Dsc_0820
スンちゃん倒れてゲームセット

Dsc_0822
こんなスコアで終わりました

Dsc_0823
試合終了後、監督コーチ、全選手がスタンドに一礼
(スピーチ等はなし)

Dsc_0840
ファンクラブ会員は最後にグランドに降りることが出来ました

Dsc_0829   Dsc_0837
私の列はT-岡田や木佐貫、森山、西がおりました。T-岡田とハイタッチしてきました ヒョロッとして小さく見える木佐貫が長身だったのはビックリ。

ビハインドのゲームでもマウンドに立つ平野と岸田に『おつかれさま』って言いたかったんですけどね、ホンマは。

そんなわけで、残念ながらCS出場はなりませんでした。先発投手の数は少ないし、右の強打者はいないし、まだまだ課題は多いですね。 でも、レギュラーは20代が多く、期待は持てます。

来シーズンこそは優勝狙いましょう

|

« 菊花賞(G1) | Main | 天皇賞・秋(G1) »

パリーグ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【毛】の差~バファローズvsホークス@京セラドーム大阪2011.10.18:

« 菊花賞(G1) | Main | 天皇賞・秋(G1) »