« オークス(G1) | Main | 日本ダービー(G1) »

タイガースvsイーグルス@甲子園球場

Dsc_0776 Dsc_0783

貧打にあえぐタイガースに【勝】を入れるべく、甲子園球場へ行ってきました

Dsc_0777
本日は3塁側アイビーシートで観戦です。

Dsc_0806_2 Dsc_0808 Dsc_0809 Dsc_0810 Dsc_0811
今日はエースが投げるんだ、絶対に負けないpunch と信じて観戦します

能見は3回、サードベースに打球が当たってヒットになって動揺したのか、2死満塁で勝負強い高須というピンチを迎えましたが、ここはエースの貫禄で切り抜けます。

Dsc_0791
レギュラーがすっかり板についてきた聖澤。まだ5月ですが、今年はタイトルを狙える位置にいます。

Dsc_0792 Dsc_0812
イーグルスの先発投手は塩見。最優秀新人は惜しくも牧田に譲ったものの規定イニングをクリア(他には沢村と福井の2人だけ)して9勝をマーク、さらなる飛躍を期待される2年目の投手です。

Dsc_0796
守備を終えてベンチに戻るイーグルスの選手

Dsc_0831 Dsc_0833
タイガースは4回、先頭の鳥谷がヒットで出塁し、平野はキッチリと犠打で送ります。

Dsc_0837 Dsc_0835
新井以上に悩めるマートンは倒れますが…

Dsc_0840
金本は四球を選んで2死1・2塁(注:新井勝負の敬遠ではない)

Dsc_0839 Dsc_0845 
守備位置を指示する高須(写真左) 力投する塩見(写真右)

Dsc_0841 Dsc_0846
新井は見事に先制タイムリー

その後、5・6回とランナーは出るものの後続の続かないタイガースは無得点。
そして7回、この日の両チームのスタメンで一番タイミングの合っていなかったテレーロに能見が逆転ツーランを喰らってしまいます。

Dsc_0856
塩見とフェルナンデス

Dsc_0862
7回裏、タイガースは関本が四球を選ぶと、イーグルスはブルペンのリーダー的存在・小山を投入してピンチを切り抜けます。

Dsc_0879
いつ見ても小さい内村

8回、イーグルスは内村と高須の連打で1死1・3塁からフェルナンデスが犠牲フライを金本の守るレフトへ打ち上げて1点を追加します。

8回、タイガースは能見に代えて林を代打に送ります。すると、イーグルスは左のハウザーを投入。タイガースは代打の代打に新井良太を起用。ベンチが激しく動きます。

Dsc_0881 Dsc_0882
起用に応えた新井良太の一打は『切れるなっ!』というタイガースファンの歓声に押し戻されるように ライトポール際に飛び込むソロホームラン。これで1点差に詰め寄ります。

Dsc_0892
ハウザーが鳥谷・平野と左打者を打ち取ると、ここでクローザーの青山を投入してマートンを仕留めます。

Dsc_0891
高須に何かを熱く伝えるフェルナンデス。会話になっているのでしょうか?

Dsc_0900
9回、タイガースは福原が登板

Dsc_0911
9回裏2死1塁で桧山登場、ボルテージは最高潮なのですが…

試合結果

翌日のイーグルス戦、7回表に筒井が銀次に走者一掃のタイムリースリーベースを打たれると、タイガースファンは7回裏に備えて膨らましていたジェット風船を飛ばす行動に出てしまいました…

交流戦勝ち星なし…虎党キレた 怒りのジェット風船

どこまで続くのかかみ合わない打線と投手。和田も辛いと思うけど、何とかチームを立て直して切り抜けてもらいたいです。

|

« オークス(G1) | Main | 日本ダービー(G1) »

セリーグ」カテゴリの記事

パリーグ」カテゴリの記事

阪神タイガース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28680/54769952

Listed below are links to weblogs that reference タイガースvsイーグルス@甲子園球場:

« オークス(G1) | Main | 日本ダービー(G1) »