やってもた(^_^;;;

事の始まりはコレでした

高校の同級生が出演している芝居を観に行ってきました。
Osk
普段は、関西ローカルの役者さん主体で小規模な舞台をやっているのですが、今回は少し様子が違いまして。

脚本家の方(結構スゴイ方だったりします)のつながりで、宝塚歌劇団やOSKで活躍していたOGの方が出演され、とても華がある舞台でした。
私より年上(だと思う)の方もいらっしゃいましたが、美しい方は年をとっても美しいですね

で、同級生の出演する芝居は、撮影禁止でない限りすべて撮影しておりまして、もうかれこれ25年。今となっては、一眼レフカメラはこの芝居の撮影のためだけに現役でいてるようなものです。

今日も、いつものようにメイシアター・中ホールの一番後ろ、音響スタッフさんの横にポジションを取りまして、準備開始。

芝居とか舞台の写真を撮るとき、役者さんと息を合わせてシャッターを切るんです。ほんのコンマ01秒、口元や指先がピタッと止まる瞬間にあわせてシャッターを切る。コレが出来た時は、写真もキリっとしたエエ表情になっています。
ただ、キャリアの浅い役者さんやオーディションに合格したばかりの一般公募の子供さんなどだと、ピタっと止まらないんです。ほんのコンマ01秒かそこらの事なんですが、この差は大きいです。

で、今日は第一線を離れて何年も経つとはいえ、かつてはトップの劇団でキャリアを積まれた方々の出演。
当然と言えば当然かもしれませんが、『決まった!』と思った回数は多かったです。

舞台が終わり、同級生&ダンナ(ダンナも親友です)と少ししゃべり、メイシアターを後に。
少し時間も早いので(この時点で17時位)、日本橋をブラブラ。
休日に大阪市内へ出た時の日課みたいなもんですな

いい写真が撮れた(銀塩なので、プリントしてみなければ結果はわかりませんが)という実感もあって、足はデジタル一眼コーナーへ。
すると、『中古で買うならコレかなー』と思っていたカメラがありまして。
値段も年度が変わって2割近くダウンしてまして…

『コレ、見せて』と店員さんを呼び

色々触って

やってもた
D200

中古レンズ2本(18-55 f3.5-5.6 & 55-200 f4-5.6)と4GのCFカードをつけて、8万円少々。

値段は手頃になってきていたとはいえ、ずい分突発的な衝動買いでした。
今日、写真を撮っていなかったら、絶対に買っていなかっただろうなー。
でも、これで当分は楽しめます

同級生にも、ずっと芝居を続けてもらわなきゃ

ところで…

Om  Pentax
長年(35ミリは最初の1台から31年…)使ってきたカメラはどうしようか。

ここでアッサリ見切るのは、売れた途端に下積み時代を支えてくれた彼女を捨てて新しいオンナに乗り換えるミュージシャンやタレントみたいな気がして。

フィルムそのものが絶滅寸前である現実からして、仕方ないといえば仕方ないのですが、何か割り切れない気分です。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

黄金色

御堂筋-言わずと知れた大阪のメインストリートです
晩秋はイチョウ並木が黄金色に色づき、とても鮮やかです
【紅葉】とよく言いますが、イチョウやカラマツなど【黄葉】も見事です

midousuji05
これは南(淀屋橋⇒難波)向きです

midousuji05

midousuji05

この2枚は北(難波⇒淀屋橋)向きです


| | Comments (7) | TrackBack (2)

ニュータウンの秋

秋の紅葉・春の桜、油断しているとあっという間に変化してしまいますね
変化に気付かないまま季節が過ぎていったら危険信号です
1日5分でいいですから、ゆっくりと周りを眺めてみる余裕を持ちたいですね

izumigaoka05

izumigaoka05

izumigaoka05


第一次入居から30年以上経って【ニュータウン】と呼ぶのも???な気がしますが、今でも【泉北ニュータウン】と呼ばれていますね。伝統ある堺の街の中では【ニュータウン】だからエエか
30年も経つと、木々も立派になりますね
泉ヶ丘駅周辺は春の桜・秋のイチョウが見事です

| | Comments (4) | TrackBack (0)

もうすぐクリスマス

hankyu_2

阪神間にお住まいの方でしたら、どこの写真かおわかりいただけるでしょうか?
毎年、寒くなってくると阪急百貨店のグランドビル側ショーウインドを飾るクリスマスディスプレイ
『今年も終わるねんなー』と感じさせる景色です

hankyu_3

hankyu_1

ちょうど夕方の帰宅時で、足を止めるOLの姿が目につきました

12月もおしせまった頃、忙しく小走りで歩きながらこのディスプレイを見ると、『今年は年内ギリギリまで営業多忙モードに感謝感謝&もう一踏ん張り、頑張ろう!』と何故か感じます
逆に、絶不調だったりするとこのディスプレイをほとんど目にすることなく一年が終わってしまいます(-_-;

来月も、忙しくこのディスプレイを見る機会がありますように(願)

*参考: http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/xmas/

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Night of Jyuso

ほんの一握りの人間の間でではありますが【注目の街・十三】
【ある方】より『夜の街に潜入せよ』という特命を拝しまして、レポーター2名が潜入しました

jyuso2005
横丁の前回の写真は昼間でしたのでイメージがもう一つでしたが、夜になるとこのような雰囲気です

jyuso2005
その名も【十三屋】、ベタベタコテコテの大衆酒場です。店内は老若男女の熱気で溢れかえっております。土曜の夜ということで少し待ちました。

jyuso2005
見た目はB級大衆酒場ですが、料理の味はしっかりしております。ほとんど見かけなくなった鯨料理のメニューも数点。これは【鯨チャーシュー】です。ただ、鯖煮とキズシ(=〆鯖)が売り切れていたのは残念。天ぷらがからっと揚がっていて美味しかったです。二人で飲んで食べて5,000円台の大衆価格が嬉しい。

jyuso2005
これが風俗店の並ぶメインストリート。昼間とはエライ違う雰囲気です。

jyuso2005
郊外ではこれだけの規模のスナックビルは見かけないですね

jyuso2005

jyuso2005
次に行ったのは【昭和】を感じさせるキャバレー。働き始めた頃、何度か行きましたが最近は全くご無沙汰でした。おそらく、20年ぶり位に入ったんやないかなー?
指名なしで入り、相手をしてくれたのはほぼ同年代のお姉さん。下手なキャバクラよりは楽しかったです。料金はフリードリンクで1時間5,000円チョイです。
広い店内はガラガラで、少し寂しかったですけどね。

ドカンと一発当てて、次は新地レポートでもしたいもんですな(^^ゞ

| | Comments (6) | TrackBack (0)

十三

【十三】と書いて【じゅうそう】と読みます
梅田を出た阪急電車の京都線・宝塚線・神戸線が分岐する駅で、京阪神に住む方でしたら必ず一度は通っているはずです

しかし、下車したことがある人は意外と少ない
私も2度しか下車したことがありませんでした
2度とも、盟友・スチャラカ課長の手引きでありました

にもかかわらず、『タイガースが惨敗するとシルクは十三で暴れている』『仁川でスッテンテンになり、十三で電車賃まで飲んでしまった』などという噂が絶えません^_^;

そこで、十三とはどんな街なのか、歩いて検証することにしました(オオゲサ)

jyuso2005
仕事で塚本まで行った後、淀川の堤防の上をブラブラと歩きました
対岸は梅田のビル群です
西梅田にビルが増えたなー

jyuso2005
これが噂の十三大橋
車では何度も通っていますが、こんな橋だったのですね
泳いで渡るなんて無理ですわ

jyuso2005
十三大橋北詰に立つと、こんな感じです

jyuso2005
江戸時代、当然ですが淀川に橋はなく、中国街道も淀川によって寸断されていました
大阪市内中心部へは船で渡っていました
その渡し場として栄えたのが十三です

jyuso2005
大阪府の、いや関西の公立高校の雄・北野高校の最寄駅も十三なんですね

jyuso2005
ラブホ街(別名=ナンチャラ街)です

jyuso2005
風俗街ですが、ネオンがないとパッとしませんね

jyuso2005
仕事に疲れた(競馬で負けた)オッサンを癒す横丁がココです
昼間から開いている店もありますが、これは競馬帰りのヤケ酒用ではなく、夜勤明けの方が飲むためです

jyuso2005
おなじみ、阪急そばです
立ち食いとしてはレベルの高い味です
貼ってあるポスターによると、関西初の駅構内立ち食いそばだそうです

実地研修については、課長の指示をあおいで下さい
『ある方』より『私たちがなかなかのぞけないようなお店』の旅行記にリクエストがありましたが、その類の店はカメラ持ち込み禁止です
よって、詳細は実地研修にてご確認下さい


| | Comments (23)