JR沿線~阪和線【山中渓】【紀伊中ノ島】

大阪の天王寺と和歌山を結ぶJR阪和線は、1930年に南海電鉄の手によって全線開通した路線を、戦時中の1944年に国有化した路線です。
大阪と和歌山を結ぶJRの幹線として乗客を運び、また関西空港・紀勢本線へは京都・米原からの直通列車も走っています。

その阪和線に無人駅が存在している事を知ったのは、昨年の事。ゴールデンウィークの合間に訪ねてみました。

Dsc_0485  Dsc_0487

その阪和線ですが、この3月のダイヤ改正で大幅な変更がありました。
1.昼間の普通列車は天王寺~鳳のみ
2.ラッシュ時のみ運行されていた区間快速を昼間に天王寺~日根野間で運行し、鳳から先の普通車としての役割を持たせる
3.昼間の快速は全て熊取から先は各駅に停車する

というワケなのですが、快速の天王寺~和歌山の所要時間が大幅に伸びてしまいます。昼間に全線乗車する利用者は少数派という理論からなのでしょうか?
(写真は日根野駅)

日根野から快速(各駅停車)に揺られてあっと言う間に山中渓に到着。
Dsc_0496
紀泉国境に位置する山中渓駅は文字通り山の中。新緑がまぶしいです。桜の季節は駅全体を桜の花が覆います。

Dsc_0498   Dsc_0500
かつては駅周辺に数軒の温泉旅館がありました(何となく覚えています)が、今は全て廃業しています。駅は平成19年から無人駅となりました(大阪府下唯一のJR無人駅)。

Dsc_0494

山中渓を出発した電車は雄ノ山トンネルを抜けて和歌山県内へ。少し走ると、左手に紀ノ川沿いの景色が飛び込んできます。この日は黄砂の影響で白っぽい景色でしたが…
ぐんぐん高度が下がって紀伊・六十谷と停車し、紀ノ川を渡ると、紀伊中ノ島駅に到着します。

Dsc_0510
ホームは高架上にあります。人の気配もほとんどない、【寂れた】というイメージの駅です。

Dsc_0515
階段を下ると、もう一つホームがあります。
しかし、現在は使われていません。
(上の線路が阪和線、左手の階段が阪和線のホームにつながっています)

Dsc_0529
少し引いた位置から撮影。上を阪和線の電車が通っているのがわかります。

これは、国鉄時代の和歌山線のホームの遺構です。
かつての和歌山線は南海本線の和歌山市駅を起点とし、岩出・粉河・橋本方面へ延びており、紀伊中ノ島駅は乗り換え駅でした。その後旧国鉄の東和歌山駅(現在の和歌山駅)へ直通する線路を敷き、直通列車が増える事によって、田井ノ瀬~紀伊中ノ島~和歌山市間は盲腸線のような形になり、1974年をもって橋本方面から和歌山市への直通列車も廃止。紀伊中ノ島駅も乗り換え駅としての機能がなくなりました。
(ウィキペディア参照)

Dsc_0570
和歌山~和歌山市間を往復する電車(和歌山駅にて撮影)

Dsc_0521  Dsc_0524
あまり見かけない形の駅舎ですが、現在はまったく機能していないに等しい状態です。
1日の乗降客300名前後では、無人駅となるのも仕方ないのでしょうか。バックスクリーン3連発の年、1985年から無人駅となっているようです。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

JR沿線~東海道本線(JR神戸線)・甲子園口

001 002

JR神戸線の各駅停車で大阪から4駅、武庫川を渡って西宮市に入った所に、甲子園口駅は存在します。
日曜日、仕事で尼崎市南武庫之荘という所へ行ったのですが、『阪急の武庫之荘から歩くよりも甲子園口から歩いた方がやや近いし迷わない』という、お客さんのアドバイスでありました。

003
北側はこのような、どこにでもある各駅停車しか停車しない駅です。私らが生まれた頃から変わっていないような雰囲気ですね。

004
何故か美容室の店先に競馬予想
でも…軸2頭失踪(-_-メですなcoldsweats01
私も、まさかノリの馬が飛ぶとは思ってもみませんでした

005  006  007
知名度はそんなに高くないですが、駅の北側は閑静な高級住宅地です。

009  008
途中にあった雰囲気のいいブティック。train南海沿線や近鉄沿線だとcoldsweats01、【ヒョウ柄】とか【金ラメ】が必須アイテムsweat01ですが、この街にはそういうのは似合わないですね。

010  011
山手幹線まで来ました。神戸へ通じる3本の幹線道路の中で一番北側を走る山手幹線。この道って、走っている車があくせくしてなくて好きです。ヨーロッパ車でのんびりドライブしたい道ですな。

012  013  014
などと言っている間に、武庫川のほとりに到着。

015
武庫川を境に、尼崎市となります。

016
南口もチョロっとご紹介happy01

017  018
南口は大衆的な商店街がありまして

019
商店街を抜けると国道2号線、そして【聖地・甲子園球場】であります。私は、ナイター終了後の大混雑を避けるため、いつも甲子園口駅まで歩いています。大人の足でのんびり歩いて30分程度というところでしょうか。ハイヒールだとしんどいかもしれません。

甲子園球場に近く、環境抜群の甲子園口。ただし、物件価格はupupupですな。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

私鉄沿線・JR沿線【阪神西大阪線&JR大阪環状線/桜島線・西九条】

1ヵ月後に阪神なんば線の開業を控えた西九条駅
土曜日に下車する機会があったので、取材?してきました

JRのホームから見た開業予告
Mayumi_2
監督のルックスって、こういう時には重宝しますよね。これが前任者だと【そらそうよ】というマヌケなキャッチコピーになってしまうので(それはそれで味があるのですが)

Nishikujyo_1
東側(難波方向)に伸びる新線

Nishikujyo_2 
環状線の内側。新線が開業したら、ホームはこちらへ移動するようですね。
Nishikujyo_3
停車位置の確認を行っているような雰囲気でした。

Nishikujyo_4
現在のJR改札と阪神西大阪線連絡通路はこんな位置関係になっています。

Nishikujyo_5
出口案内に見つけた【四貫島】の文字。オフクロが旧制中学だった1945年6月1日、太平洋戦争末期の当時は学校など行かずに工場へ動員されて働いていた時代です。四貫島にある工場へ行った際に大規模な空襲に遭い、夜中になっても帰ってこなかったので、家族は【諦めていた】そうです。オフクロは同級生と二人で手をつないで、東淀川区の自宅まで歩いて帰ったそうです。【四貫島】という地名を見ると、空襲の話を思い出します。

Nishikujyo_6 Nishikujyo_7
駅前は一般的な都心の下町風景です。線路から1本中に入ると、普通の住宅街ですね。

Mayumi_3
駅に張られていたポスター。

Amagasaki Amagasaki_2
この日の目的地は阪神の青木(=おうぎ、神戸市東灘区)。西大阪線で尼崎まで出て乗り換えます。こちらには近鉄の車両が試運転で乗り入れていました。西九条も尼崎も、写真を撮っている人が多かったですね。少し前だったら【鉄道ファン】と断定できたのですが、今はブログを書くために写真を撮っている人もいるんでしょうね。

で、西九条ですが
新線が開通したら、【甲子園球場】【京セラドーム】【難波場外馬券売場】【尼崎競艇】【○○新地】【○○新地】が、すべて乗り換えなしで行けるんですな。これを売り物にマンションを建てるデベロッパー…なんているわけないですよねhappy01

| | Comments (4) | TrackBack (0)

JR沿線【学研都市線・四條畷】

大阪府の北東部に位置する人口5万7千人の四條畷市
その玄関口が四条畷駅です(駅の所在地は大東市ですが)

Eki_1 Ekimei

Gakuen
最近はあまり名前を聞かなくなりましたが(自分がテレビを見ないだけか?)、私たちが学生の頃は高校女子バドミントンの名門だった四條畷学園は駅を出てすぐのところにあります
これも、所在地は大東市

Syoutengai_1
駅の北側にある商店街
生駒の山並がすぐ近くにあることがわかります

Nankou
四條畷は南北朝の戦乱期に南朝の武将・楠木正行(正成の子)が北朝の高師直(スゴイ、一発変換)と戦って戦死した場所でもあります。700年近く経った今も、町名に【楠公】として今も残っています。

商店街を抜けると、楠木正行の墓所があります
Haka1 Haka3 Haka2

父・正成ゆかりの千早城は小学校の耐寒登山でおなじみの金剛山中にあり、なじみもあるのですが、子・正行ゆかりの地は大阪でももっとも馴染みの薄い地で、訪れる機会もありませんでした(仕事で来た事はありますが、最低の用事を済ませるだけ)。
今回は少し時間があったので、約700年の時を超えて今も街に残る【楠】の文字にふれる事が出来ました。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR沿線【放出】

ご好評頂いております【私鉄沿線シリーズ】
『JR沿線はどうしたらエエやら』という難問が…
なーんも考えず(^_^;;;に【JR沿線】というタイトルでスタートすることにしました

第1回目は学研都市線・放出(はなてん)駅です
Hanaten9_1

Hanaten1

難読駅名クイズの常連である放出駅
大阪府在住の方であれば、ほとんどの方は読めると思います
が、同じく、大阪府下で難読駅名クイズの常連である十三(じゅうそう)と同じく、降りたことがある方は少ないと思います
私も全く縁の無い駅でしたが、5年ほど前から年に1・2度、下車する機会が出来ました

Hanaten2
駅の北側は再開発途中でしょうか
マンションの建築ラッシュと言う感じでした
でも、この駅名って…
転勤・異動したくないサラリーマンは【放出】という文字を嫌うんやないかなー
実際、プロ野球選手は敬遠したそうだし(ウソ(^_^;;;)

Hanaten3
駅の南側もロータリーを整備するような雰囲気です

Hanaten4_1
Hanaten5_1
駅の南側はこんな感じの、ごく普通の下町です

Hanaten6
商店街の終点部分にあった八百屋さん
トマト一盛(大4個?)280円にオレンジ一盛(5個位?)200円は絶対に安い!

Hanaten7
Hanaten8
駅から少し離れると、町工場が目につきます。城東区から鶴見区・守口市・門真市、東成区から東大阪市は町工場の多いエリアです。これは、戦前にあった大阪砲兵工廠(今のOBPのあたり)で働いていた優秀な工員が、戦後に職場近くで『とにかく何とか食べていくために』と始めた小さな工場が原点だと聞きます。

Hanaten10
ホームの端から東側を見てみました
線路は京都府相楽郡木津町まで続きます
後ろの山は生駒の山並み
このあたりの学校の校歌は【生駒】が出てくる学校が多いのかな?

| | Comments (6) | TrackBack (0)