九州燃える~野球殿堂&幕内最多勝

大分県出身の関脇(元大関)千代大海関の引退という寂しいニュースもありましたが…

昨日(1/12)は九州が熱くなった1日ではないでしょうか?
(実際には寒波襲来で鹿児島や熊本の平野部でも降雪があったそうですが)

まずは大相撲
魁皇幕内808勝!単独1位…初場所3日目
千代大海関が最後に相撲を取った相手は、長く一緒に大関を務めた魁皇関。この日の1勝は、元横綱千代の富士関を抜いて、幕内通算最多勝となる808勝目でした。
魁皇関は福岡県直方市出身。ここ数年は大関の座を維持する事に必死の日々ですが、ファンは多いですね。
福岡県は県民栄誉賞の贈呈を決定したそうです。

続いて野球
熊本県出身の故江藤慎一さんが野球殿堂入りされました。
江藤さんに関しては、過去記事を参照下さい。
野球を見始めた頃はドラゴンズの選手だったのですが、全く記憶にありません。オリオンズで首位打者を獲得され、晩年はライオンズにおられた事は何となく覚えています。
経歴を見ていると、アマチュア時代から行く先々に個性的な選手がいてますが、もしかしたら江藤さんが一番個性的だったのかもしれませんね。

ライオンズのエースだった東尾修さんが野球殿堂入りされました。
東尾さんは和歌山県出身ですが、入団したのは福岡県に本拠地のあった西鉄ライオンズ(現在の埼玉西武ライオンズ)です。黒い霧事件で主力投手がごそっと退団し、『他に投げるやついてへんから』的状況で、打たれても打たれても登板機会が与えられ、その中で大エースとなっていったのはご存知の通り。

東尾さんは私の年代の高校野球界の雄・箕島高校(私の学年は石井毅&嶋田宗彦のバッテリーで春夏連続V)の出身。その箕島高校を長く指導されたのが尾藤監督なのですが、初めて甲子園に出場した時のエースが東尾さんでした(40回センバツ、苫小牧東・高知商・広陵を降してベスト4)。
もしも東尾さんがいなかったら、箕島にエエ選手が集まるのも遅れて、春夏連続Vや、死闘・延長18回(79年選手権、対星稜)の名場面もなかったかも…と、東尾さんの経歴をみて思いました。

東尾さん、『実はここ(野球体育博物館)に来たのは初めて。僕自身の反省も踏まえて若い人に伝統の重さを伝えていきたい』との事です。

最近、関西はあまりパッとしたニュースがないですね。
今年あたり、タイガースの優勝でsun

みなさん、おめでとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

おつかれさま、東関親方(元関脇・高見山)

ハワイ出身で、元関脇高見山の東関親方が65歳の誕生日前日の15日、日本相撲協会の定年退職を迎え、この日の朝げいこが最後の仕事となりました。

東関親方~現役時代のしこ名は【高見山大五郎】、本名・渡辺大五郎さんは、1944年にアメリカ合衆国・ハワイ生まれ。1964年(ぼぶさんやヒデさんが生まれた頃)2月に先代高砂親方にスカウトされて日本へやってきます。気候の違い(北海道の高校が選手権で『甲子園は暑い』と言うレベルとは全然違う)や習慣の違いに何度も『ハワイへ帰ろう』と思いながらも、3年で十両に昇進。初めての外国出身外国籍の関取となりました。
翌年には新入幕、佐田の山・柏戸の両横綱から金星を挙げました。

1972年には初優勝。この頃は私も相撲が好きで、よくテレビで見ていました(先代・貴ノ花<故人>が好きでした)。今でこそ、両横綱は外国人力士で、外国人力士の優勝は珍しくも何ともありませんが、当時は画期的な事でした。
前年に大横綱・大鵬が引退し、その直後に現役横綱・玉の海が急死するという相撲界の危機を救ったといっても大げさではないと思います。

1984年まで20年間現役を続けて引退。引退後は東関部屋を興し、後進の指導にあたっていました。

通算成績は812勝842敗22休(幕内では683勝750敗22休)。
優勝1回・殊勲賞6回・敢闘賞5回の記録を残しています。また、対戦した横綱は11人で、そのうち6人から12個の金星を挙げています。これは歴代2位(1位は安芸乃島の16個)の立派な記録で、常に幕内上位で活躍していた事がうかがえます。

常夏の島・ハワイから真冬の日本にやってきて色々な苦労もあったと思います。しかし、高見山関が成功したことで、小錦・曙とハワイ出身力士が続き、相撲界の国際化に大いに貢献しました。明るいキャラクターで多くのCMにも出演し、先代貴ノ花とともに相撲の大衆化にも大きく貢献しました。

これからは、のんびりと相撲を楽しんでください
長い間、ありがとうございました&おつかれさまでした

| | Comments (42) | TrackBack (0)

訃報・栽弘義さん死去

沖縄県の高校野球発展に尽力された、沖縄水産高校監督の栽弘義(さい・ひろよし)さんが8日午前、お亡くなりになられました。

こんなことを言うとエラく年寄りみたいに聞こえますが、私が小学生低学年の頃、沖縄はまだアメリカ領でした。復帰したのは1972年、小学校5年生の時です。
この年、センバツは日大三vs日大桜丘の日大対決、故・ジャンボ仲根さんの力投で桜丘が初優勝。
選手権は名将・小島監督率いる津久見高校が柳井高校を降して選手権初優勝。
沖縄県からは名護高校が初めての甲子園にやってきましたが、初戦で敗退しています。

68年の選手権50回記念大会で興南高校がベスト4まで進出する快進撃はあったものの、まだアメリカの統治下にあった沖縄県の高校は【甲子園に行くことが目標】という時代でした。

そんな沖縄県の高校野球を変えたのが栽監督でした。
甲子園に行くだけやない、勝とう、優勝しよう と。

豊見城高校の監督として初めて臨んだ75年のセンバツでは赤嶺投手の好投もあって初出場でベスト8へ進出、ジャイアンツの原監督が主軸を打っていた東海大相模に惜しくも敗れました。
その後、指揮を執った沖縄水産高校では90年・91年と2年続けて選手権準優勝。
沖縄県の高校野球発展に尽力されました。

現役ではホークスの新垣投手、OBではブレーブス・タイガースで活躍した石嶺選手が主な教え子です。

天国で泡盛飲みながら、のんびりと野球を楽しんで下さい。
ご冥福をお祈りします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

その名は“キムタク”

みーみちゃんのブログに紹介されていた記事からたどり着いたサイト【けんてーごっこ】(ハマるよ、コレ) 
その中に【ザ・プロ野球】という検定?がありました(10問中8門正解で合格ですが、なかなか難易度高いです)
その1問目は
昨年、セリーグ代打記録で最高打率を記録した選手は(起用22回以上)
1.木村拓也(巨人) 2.鈴木尚典(横浜) 3.浅井樹(広島) 4.立浪和義(中日)
という問題でした

これは自信を持って【鈴木!】と思ったら、実はキムタク(=木村拓也、外野手登録ですが、セカンドを守ることが多いようです)なんですね(鈴木は2位でした)
起用回数28回 打数26、安打12、打点4、打率.462

昨年途中、カープからトレードでジャイアンツへやってきた木村選手
カープ時代のイメージは【打力は人並みだがバッテリー以外は(もしかしたら捕手は経験有り?)どこでも守れて小技も使える器用な選手】でした
代打というイメージはありませんでしたね(ピンチバンターならわかるけど)
今年はスタメンが多く、代打として登場したのは昨日(4/11)が初めてでしたが、キッチリとツーベースを打って2打点を記録しています

タイガースにも林という左の代打はいますが、右がいません(いないわけではないけど…)
85年V時は長崎さん・川藤さん・永尾さんと、勝負どころでは次々に繰り出す優秀な代打で相手をKOしてきました
暗黒時代も、レギュラーを降りた真弓さんが代打の切り札で活躍し、伝統は八木へ
が、八木の引退後は【切り札】と呼べる選手が現れず
ことし、ようやく林(=リン)が格好がついてきたところです
もう一人欲しい、右の切り札が(申し訳ないが、勝負の場面で秀太では…)

ファンの方には申し訳ないですが、【器用なだけ】と思っていたら、意外や意外な勝負強さがあったんですね、キムタク
東出の復活とルーキー梵の活躍でお役御免放出みたいな目でみておりましたが、3球団目の新天地・ジャイアンツで死に物狂いで頑張ったか
今後は、そういうつもりでジャイアンツ戦を見ますので、お手柔らかに(なれへんって(^_^;;;)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

どこかで聞いたフレーズ

『この回から投手が変わります』『マウンドには右のアンダーハンド・会田が上がりました』

『いつだったか忘れたけど、どっかで聞いたことあるフレーズやなー』と思った貴方はオッサンです(^_^;;;

そう、ジャイアンツの中継ぎ投手・会田有志投手のお父さんは70年代のスワローズで10年間活躍した会田照夫投手です。お父さんは70年のドラフトで8位に指名されて入団し、通算273試合登板29勝45敗3完封勝利の成績を残しています。この年は若松さん・杉浦さん・渡辺さんと、長くスワローズの中心選手として活躍する選手を3人も獲得していますね。

ホンマかいな?と思ったのは、親子2代で1軍マウンドに上がったのは会田親子が初めてだとか(他に思いつかないのは確かですが…)
打者は野村さんや長嶋さんなどおられますけど、投手っていてないのかな?

ルーキーの昨年は1軍に昇格できずに終わり、大卒下位指名投手としては背水の陣
頑張ってね(タイガース戦以外で(^^ゞ)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

久しぶりにスタンド観戦

Photo

知人の母校がセンバツ初出場でベスト8へ進出
母校に野球部の無かった私は自分のことのように嬉しいです
知人一家2家族+私で甲子園のアルプスへ応援に駆けつけました

応援するは大垣日大高校
甲子園には初出場ですが、阪口監督は東邦高校を率いて何度も甲子園で戦ってきた名将
守備力を評価され、希望枠(各地区の補欠校の中で最も守備力で高い評価を得た高校が選出されます)での出場です

集合時間には少し早く、甲子園球場周辺で取材?
SyomenCard

今日の対戦カードです
第一試合も個人的には(^_^;;;重要なカードでして

V_scool
いくつ覚えていますか、歴代優勝校。私が覚えているのは島本コーちゃんの箕島高校(42回)から。ちなみに私の同学年は51回大会。石井毅-島田宗彦の箕島高校が春夏連続Vを飾っています。

Vic
時折、小雨がぱらついたりもしましたが、試合は予定通り進行
【守備力を評価されて出場】の大垣日大高校ですが、この日は打線が初回から爆発
というか、ラッキーなヒットと、投手の立ち上がりの差が全てだったような印象でした
5期連続出場の常連校・関西相手にも、浮き足立つことなく普段通りのピッチングの大垣・森田投手
関西の川辺投手も2回からは立ち直っただけに、初回のテキサスヒットに端を発した3点は重かった
終わってみれば10点を取って快勝です

Kouka1Kouka2

試合に勝って校歌斉唱
最高の気分でしょうね
ちなみに私は、小中の校歌は覚えていますが、高校の校歌は覚えていません(^_^;;;
♪しののめの 上野丘に ♪ とか ♪天理青年 進めわれら ♪ とか、他校の校歌やったら覚えてるけど(^^ゞ

準決勝の相手は打撃好調の帝京
今までみたいにはいかんと思うけど、全力で頑張って!

☆スタンドにて、『もしも大垣と常葉が決勝に残って東海勢同士の決勝になったら、前例ってある?』という話題になりました。あるんですね、これが
全てセンバツですが
15回大会 中京商 1-0 東邦商
16回大会 東邦商 7-2 岐阜商
18回大会 東邦商 5-2 一宮中
28回大会 中京商 4-0 岐阜商
全て私が生まれる前ですが、愛知vs愛知、愛知vs岐阜で4回もありました

☆追記☆
そして今回、新たな歴史が刻まれました。1956年(江川さんや掛布さんが1歳)28回大会 中京商(現在は中京大中京) 4-0 岐阜商 以来、51年ぶりの東海対決 大垣日本大学高等学校vs常葉学園菊川高等学校
どちらも全力で、悔いなきように頑張れ!

| | Comments (8) | TrackBack (1)

初観戦・初勝利

3年連続で京セラドームの開幕シリーズ観戦です
今年は忙しくて、実はオープン戦を一度もテレビ観戦しないまま(-_-メ
それも木曜日でようやくトンネルを抜け出し、金曜日は早く帰ってテレビ観戦しようと思ったら金曜日の朝…
『シルク君、今日ウチへ寄った時に私に声かけてくれるか』と取引先の専務から電話が

終電まで事務所で仕事して、それでも追いつかずテイクアウト残業
寝たのは2時を過ぎてました
土曜日は朝一で取引先へ訪問して、契約を頂き、スーツ姿のまま球場へ…

正直な話、私のようなレベルで取引していただけるはずのない大きな会社でして
引き上げて下さった専務には絶対服従であります(^_^;;;

さて、球場へ
スタメンはこんな感じです
Sutamen_1

野手はほぼ不動に近いメンバー。問題はアタマから出てくる投手。井川が抜け、ローテ投手の安藤と福原がいないので不安一杯…能見、頑張れっ!

が、しかし
Manrui
緊張しているのかビビっているのか制球が定まらず、常に塁上は賑わってました
よー2点で済んだと思います
ゲームをぶっ壊さなかったのはエエとして、もう少しピシッとしたゲームを作ってくれな、守っている野手も疲れてまうで>能見

カープの先発は実績のある大竹ではなくルーキーの青木高広投手が大抜擢
3点は失ったもののテンポよく投げて、十分に合格点

試合はアニキのホームランと赤星の押し出し四球で3点を取って3-2で勝利
勝利打点は赤星ですが、バント失敗ノーヒットではお立ち台には上がりにくいやろなー
アニキも追加点でも叩き出していれば…
誰が上がる?
久々に揃い踏みのJFK?

Otachidai
その通りです、久保田が昨年途中で消えて以来久々にJFKであります
この日はK-J-Fの順番
安藤と福原が戻るまでは先発も不安、中継ぎも現時点で合格は橋本のみ
馬力のある久保田はビハインドでも6回あたりから出てくることもあるような気がします

途中、ひかるちゃんご一行様を表敬訪問
実は、ブログ時代になってから今まででお会いしたのはひかるちゃんと惰性君だけだったのです
昨日で一気に倍増しました(^_^;;;

能見、次はピシッと投げてや!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

プレイバック~1974.4.3 たった1本のホームラン

このセンバツはボールが変わったこともあってホームランが出ませんね。去年の選手権は何やったの?と思うくらいに。
ホームラン数の話題になると思い出すのがこの大会のこのゲーム。
私が中学校に入学する年の春です。

46回センバツ高校野球第7日目第一試合(2回戦)
銚子商 000 403 000|7
日大三 100 000 100|2


銚子商
(5) 宮内
(9) 若海
H9 筒井
 3 前嶋
(4) 田村
(6) 篠塚
(1)31土屋
(7) 林
(3)19加藤
(2) 太田
(8) 池永

日大三
(8) 海東
(4) 佐竹
(5)95豊田
(3) 牧野
(7) 高橋
(6) 佐藤
(2) 山越
 2 松山
(1)平山
 H 阿部
R5 丸田
H9 福井
(9) 山田
 1 今野

勝:土屋 敗:平山 本塁打:豊田(土屋)

銚子商が土屋の力投と猛打の爆発で、日大三を力でねじ伏せた。
先手を取ったのは日大三。1回2死後、豊田は2-0と追い込まれながら土屋の第3球、外角低目を合わせてゴロで二塁手左を抜いた。これが右中間のド真ん中を破り、豊田は俊足を飛ばしてホームイン、大会第1号のホームランとなった。これでかぜん試合展開はおもしろくなった。
だが、この1点を守るには日大三の先発・平山は力不足だった。2・3回、いずれも先頭打者にヒットを打たれた時はよく後続を凡打に仕留めたが、4回ついに銚子商打線につかまった。
この回銚子は先頭の田村が左越え二塁打。篠塚は遊ゴロに倒れたが、土屋の左前打で1・3塁。この後がすごかった。林の遊撃内野安打に続き、加藤、太田がともに平山投手の初球を狙い打って左前打を連ねてあっさり逆転。池永がスクイズを決めて3点差とした。
平山は球威が無いだけに、力のある銚子商打線に対し、ボールを散らせて慎重にコーナーをつくつもりだったのだろうが、この回はいずれもボール1個分だけ中に集まってしまった。それにしても、好球を見逃さず積極的に打って出た銚子商の速攻は見事だった。

6回に4本の長短打で3点を失い、大きく引き離された日大三は7回、佐竹が中越え3塁打。豊田の右前打で1点を返し、なおも野選やダブルスチールで1死2・3塁とチャンスを広げたが、佐藤の投ゴロで飛び出した走者が2人とも刺されてしまった。土屋投手は連打で動揺しており、ここはじっくり攻めたかっただけに、日大三の焦りが惜しまれる。

☆毎日新聞縮刷版より抜粋しました

この試合で初回に出た豊田選手のランニングホームラン、これがこの大会唯一のホームランでした。つまり、スタンドインのホームランはゼロ。戦後の粗悪なボールを使っていた時期ならいざ知らず、1970年代になってこんな年度があったのですな。豊田さんは明大からドラゴンズに入団、中堅選手として長く活躍されました。確か、【江川キラー】と呼ばれた時期があったような(うろ覚え)。今は何をされているのでしょうかね?
銚子商業の4番打者はジャイアンツでコーチを務める篠塚さん。2年生にして4番抜擢の素質はプロでも遺憾なく発揮されたのはご存知の通りです。エースの土屋投手は1位指名でドラゴンズに入団。故障がちで高校時代の球威は戻らなかったものの、ドラゴンズからオリオンズと中継ぎ投手として息の長い活躍をしました。

大会は報徳学園が【さわやかイレブン】で旋風を巻き起こした池田高校を降して悲願の初優勝を遂げます。甲子園球場のお膝元・西宮市の高校が優勝したのはこれが初めて。
またこの年は、土屋(銚子商⇒ドラゴンズ・オリオンズ)・永川(横浜⇒スワローズ)・定岡(鹿児島実業⇒ジャイアンツ)・工藤(土浦日大⇒タイガース)のオッサン四天王【高校四天王】が話題になりました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

春はセンバツから(追記アリ)

仕事で甲子園に来たら、今日からセンバツ(梅田からの阪神電車は飛び乗ったので気付かず。甲子園駅に着いて初めて気が付きました)
仕事はサッさと終わらせて、生まれて初めて見る開会式です

第一試合は栃木の佐野日大と福岡の大牟田
大牟田は初出場ですが、大牟田市は真弓さん(柳川商業OB)やジャイアンツの原監督(東海大相模OB)、バファローズOBの村上(大牟田高校OB)を生んだ野球どころです
大牟田市の高校が甲子園にやってくるのは春夏通じて、昭和40年選手権以来のこと。その時は、原貢監督(ジャイアンツ原監督のお父さん)が率いる三池工業がエース・木樽さんを擁する銚子商業を下して見事に優勝しています。
劣勢のようですが、頑張れ!

Kaikai_2

さ、帰って仕事しよっと

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

で、事務所です(^^ゞ

大会主催者の挨拶の中に『プロ野球スカウトの不祥事』という言葉も出てきていました。
『この場に立てるのは皆さんの努力の賜物です。でも、指導者の方、ベンチに入れなかったチームメイト、朝早くから弁当を作り、遠征費用を出してくれた両親への感謝を忘れずに』みたいな内容のコメントが挨拶の中にあったのはよかったと思います。

Sensei
わかり辛いけど、選手宣誓です

Sutando
春休みなので、子供さんも多いですね(外野席は無料開放)。私も子供の頃オフクロに作ってもらった弁当を持って何度か観戦に来ました。ナマで見た選手では、達川さん、定岡さん、大石さん、久保寺さん(故人)、篠塚さんなどが、後年プロで活躍しました。
そう、甲子園はプロ野球選手の原点であるだけでなく、野球バカの原点でもあるんですね(^_^;;;

| | Comments (4) | TrackBack (2)

プロ野球~気になる人事異動

開幕間近のプロ野球、タイガースの金澤とファイターズの正田のトレードが発表になりましたね。どちらも潜在能力はありながら今一歩本格化できない投手。環境が変わることで力を出せたらファンとしても嬉しいです。
頑張って!

さて、プロ野球開幕もすぐそこ
選手名鑑を見ると【移籍】【新入団】【復帰】といったマークがついています。プロ野球全体で見れば人事異動、チーム単位で見れば転職・新入社員ですな。

小久保やノリ、多村など、大物選手の移籍はすでにニュースで何度も目にされていると思いますので、あまり話題にならない移籍を取り上げてみます。

☆ドラゴンズ2軍監督:辻発彦
ベイスターズのコーチを退いた後、久々に現場復帰。私が見た選手の中で野球頭脳が一番高い選手って、もしかしたら辻さんかもしれません。87年日本シリーズ第7戦、秋山のセンター前ヒットを掴んだクロマティーの緩慢送球の隙をついて一塁から一気にホームインしたシーンを覚えている方も多いでしょう。二遊間を抜けそうな打球を掴んでファーストへショートへ送球する動作の素早さは抜群でした。

ドラゴンズには現役を引退した川相と奈良原もコーチとして残ります。
荒木-井端で十分やろ、これ以上名内野手を作るのはやめてくれ(タイガースファンとしての素直な意見)

☆ジャイアンツ野手総合コーチ:伊原春樹
上記の辻さんの好判断・好走塁、GO!のサインを出したのは伊原さん。ジャイアンツでもその手腕に期待…と言いたいのですが、さてどうか?
タイガースも伊原さんをコーチとして迎えたことがあります(2000年)。しかし、野村監督と野球観が合わなかったのか1年で退団。ブルーウェーブの監督時代もコーチとの確執が話題に上るなど、妥協を許さない激しい性格がジャイアンツに馴染めるのか?
行方を見守りたいですね。

☆ホークス打撃コーチ:新井宏昌
斉藤・和田・新垣・杉内の先発4本柱に藤岡&篠原&吉武(現ジャイアンツ)⇒馬原とリリーフも必勝パターンを持っていたのにもかかわらず、またしてもプレーオフ敗退だったホークス。小久保と多村を迎えて打撃陣強化を図りました。が、それ以上の補強ともいえる新井コーチの招聘。
村松(現バファローズ)・井口(現ホワイトソックス)・松中・城島(現マリナーズ)は新井さんの前ホークスコーチ時代の教え子です。そして、世界のイチローも新井コーチが最初に世に送り出した傑作。

セカンドでブレイクの予感を見せる2年目の本多のレギュラー定着、2人で束になって76安打27打点1本塁打の記録しか残せなかった山崎・的場の捕手打力強化がなされたら、ホークスはブッちぎりで突っ走るかもしれません。

チーム全体としては、小久保・多村を迎えたホークスが目立ちますね。秋山を1軍コーチに据えて、王政権の後継者育成も目指しているか。選手層も厚く、今年も上位は間違いないかと思われます。

さあ、ペナントレースがもうすぐ始まります!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧