名古屋へ行きました

仕事です(キッパリ)
本来の仕事ではないのですが、『お願いできませんか?』と依頼を受けまして、先週に続きまして名古屋へscissors

金曜日の夜からついさっきまで、名古屋近辺へ行ってました。
決して、ドラゴンズに魂を売ったワケやないですsweat01

Continue reading "名古屋へ行きました"

| | Comments (3470) | TrackBack (0)

風邪ひきました

Dsc_0841

暖まって寝るのが一番の治療ですな

みなさん、風邪をもらわないように気をつけて下さいね

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あけましておめでとうございます

みなさま、新年あけましておめでとうございます新しい年、いかがお過ごしでしょうか?

Continue reading "あけましておめでとうございます"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スカイライン

ムチャクチャ懐かしいshine

20代前半の頃ですがなhappy01

Continue reading "スカイライン"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏雲

梅雨が明けると、空の色ってとたんに変わりますね

Dsc_0584_2 ふと外を見たら、空の色がやけに青く感じまして

Dsc_0586 表に出たら、やっぱり青い…真夏のビーチの空の色

Dsc_0588  Dsc_0604

もう少し広く空を見渡せるところまで歩いてみたけど、やはり真夏のビーチの空の色…まだ7月上旬だけど

Dsc_0575

ヒマワリもまだ咲き始めたばっかりだし

Dsc_0591

特急くろしおには真っ青な空が似合いますね

Dsc_0596

3月のダイヤ改正で大阪環状線から移ってきたのか、塗装はオレンジ色のまま。

Dsc_0598

気持ちよさげに飛ぶ鷺(サギ)

真夏だなー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

国産タバコ販売状況(4)コンビニの逆襲

久しぶりのタバコ案件

Dsc_0114


ゴールデンウィーク以来、おそらくセブンスターを途切れることなく購入しています。
この2~3週間で、コンビニへの流通量がかなり増えたように思います。その反面で、個人商店での国産たばこ流通量は減っている気がします。購入しているのもコンビニばかりです。
とはいえ、常時在庫というワケでもないので、みつけたらまとめ買い(【お一人様3個まで】というコンビニが多い)する必要はありますが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

国産タバコ販売状況(3)地道に確保セブンスター

『○○日より正常化』という噂が流れては消える国産タバコ販売状況
そんな中、地元のタバコ屋さんをメインに、地道にセブンスターを確保しています
連休中は売り切れが続いて厳しかったのですが、出かけた先の和歌山市内で何とか確保
連休が明けて、昨日は売り切れでしたが、先ほど帰宅時に自販機を見たら販売されていました
これで、3週間連続セブンスター確保決定です

Dsc_0725

都心部ではまだ流通状況は厳しいようですね
コンビニではローソンが少しマシな気がします
セブンスターを2回ほどGET出来ましたscissors

| | Comments (4) | TrackBack (0)

日本一心ゆたかなローカル線になりたい~和歌山電鐵貴志川線

紀伊中ノ島駅を後にしてボチボチと歩き、JRの和歌山駅にやってきたら、鮮やかな赤色の電車が目に飛び込んできました。
Dsc_0535
『名鉄からの払い下げ?』と思ってしまう真っ赤な電車、和歌山電鐵貴志川線をはしる【おもちゃ電車】です。

和歌山電鐵貴志川線は、JRの和歌山駅から紀ノ川市(2005年に那珂郡の5町が合併して誕生)貴志川を結ぶ全長14.3キロのローカル私鉄です。
1916年に開業した山東軽便鉄道が和歌山電気軌道を経て1961年より南海電鉄貴志川線として親しまれてきました。
しかし、沿線の住宅開発が進んでも自動車に客を奪われて乗客数は伸びず、1974年をピークに減少の一途。南海は2003年に廃止を表明したところ、存続希望運動がおこり、公募の結果2005年より岡山県で路面電車・バスを運行する岡山電気軌道の子会社として設立された和歌山電鐵が運行を引き継いで今日に至っています。
(参考:ウィキペディア)

Dsc_0545   Dsc_0552
通常塗装の車両は、見るからに南海カラーです(和歌山駅)

Dsc_0561   Dsc_0566_3
これが有名な【たま電車】です。色々なメディアに紹介されて、鉄道ファン以外でも訪れる方が多くおられます。

Dsc_0558   Dsc_0543
この日はゴールデンウィークのさなか。グッズを買い求める人や記念撮影をするアベックの姿もみられました。
『乗車しようか?』とも考えましたが、あまりにも混んでいそうなのでこの日はパス。日を改めて行こうと思います。
1年前に乗車した事がありますが、車内もポップに改装されていて楽しいです。

他に【いちご電車】も走っています。運行体系は日によって異なりますので、目当ての電車がある場合は必ずダイヤを確認してからお出かけ下さい。
貴志川駅の名物駅長【たま】に会いたい方も同様ですscissors

和歌山電鐵サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JR沿線~阪和線【山中渓】【紀伊中ノ島】

大阪の天王寺と和歌山を結ぶJR阪和線は、1930年に南海電鉄の手によって全線開通した路線を、戦時中の1944年に国有化した路線です。
大阪と和歌山を結ぶJRの幹線として乗客を運び、また関西空港・紀勢本線へは京都・米原からの直通列車も走っています。

その阪和線に無人駅が存在している事を知ったのは、昨年の事。ゴールデンウィークの合間に訪ねてみました。

Dsc_0485  Dsc_0487

その阪和線ですが、この3月のダイヤ改正で大幅な変更がありました。
1.昼間の普通列車は天王寺~鳳のみ
2.ラッシュ時のみ運行されていた区間快速を昼間に天王寺~日根野間で運行し、鳳から先の普通車としての役割を持たせる
3.昼間の快速は全て熊取から先は各駅に停車する

というワケなのですが、快速の天王寺~和歌山の所要時間が大幅に伸びてしまいます。昼間に全線乗車する利用者は少数派という理論からなのでしょうか?
(写真は日根野駅)

日根野から快速(各駅停車)に揺られてあっと言う間に山中渓に到着。
Dsc_0496
紀泉国境に位置する山中渓駅は文字通り山の中。新緑がまぶしいです。桜の季節は駅全体を桜の花が覆います。

Dsc_0498   Dsc_0500
かつては駅周辺に数軒の温泉旅館がありました(何となく覚えています)が、今は全て廃業しています。駅は平成19年から無人駅となりました(大阪府下唯一のJR無人駅)。

Dsc_0494

山中渓を出発した電車は雄ノ山トンネルを抜けて和歌山県内へ。少し走ると、左手に紀ノ川沿いの景色が飛び込んできます。この日は黄砂の影響で白っぽい景色でしたが…
ぐんぐん高度が下がって紀伊・六十谷と停車し、紀ノ川を渡ると、紀伊中ノ島駅に到着します。

Dsc_0510
ホームは高架上にあります。人の気配もほとんどない、【寂れた】というイメージの駅です。

Dsc_0515
階段を下ると、もう一つホームがあります。
しかし、現在は使われていません。
(上の線路が阪和線、左手の階段が阪和線のホームにつながっています)

Dsc_0529
少し引いた位置から撮影。上を阪和線の電車が通っているのがわかります。

これは、国鉄時代の和歌山線のホームの遺構です。
かつての和歌山線は南海本線の和歌山市駅を起点とし、岩出・粉河・橋本方面へ延びており、紀伊中ノ島駅は乗り換え駅でした。その後旧国鉄の東和歌山駅(現在の和歌山駅)へ直通する線路を敷き、直通列車が増える事によって、田井ノ瀬~紀伊中ノ島~和歌山市間は盲腸線のような形になり、1974年をもって橋本方面から和歌山市への直通列車も廃止。紀伊中ノ島駅も乗り換え駅としての機能がなくなりました。
(ウィキペディア参照)

Dsc_0570
和歌山~和歌山市間を往復する電車(和歌山駅にて撮影)

Dsc_0521  Dsc_0524
あまり見かけない形の駅舎ですが、現在はまったく機能していないに等しい状態です。
1日の乗降客300名前後では、無人駅となるのも仕方ないのでしょうか。バックスクリーン3連発の年、1985年から無人駅となっているようです。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

国産たばこ販売状況(2) セブンスター流通開始か?

相変わらず改善しないタバコの流通状況。特に悲惨なのはコンビニで、マイルドセブン一族を始め、国産有力どころは全滅に近いような気がします。

そんな中、自宅近所の個人商店
携帯のカメラなのでわかり辛いですが…

110423092043   110423104553
何と、品薄感の高かったセブンスターがあるじゃないですかshine
マイルドセブンもレギュラーが健在

セブンスターを見るのは久しぶりです

多少なりとも流通が始まったということですかね?

~追記~
Dsc_0320
1日経った日曜日もセブンスター健在。これで、少しは良い方向に向かってくれると信じたいのですが…

葉タバコの作付け、福島全県で断念 土壌汚染を懸念
安定供給にはもう少し時間がかかるのかもしれませんね

| | Comments (22) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧